星新一「暑さ」のネタバレ解説

ある夏の暑い日の午後、交番に1人の男がやってきて、
自分を捕まえてほしいと言いました。

巡査はひとまず男の話を聞くことにします。
男は、今にも自分が何かをしそうだと言い、
昔話を始めました。

子供の頃から暑いのが嫌で、暑いと頭がぼんやりして、
いらいらしてくるのだそうです。
何かをしなければならないという衝動に駆られます。

それを解消してくれる「はけ口」というのが、
生き物を殺すことでした。

子供の頃の夏に、アリを踏み潰したことがあり、
その夏はすがすがしい気分で過ごせました。

しかし翌年にはアリでは満足できず、カナブンを殺しました。

さらにその翌年にはカブトムシと、エスカレートしていきます。

おととしには犬を殺し、1年前には飼っていたサルを殺しました。

男はそう訴え、巡査に自分を逮捕してほしいと言いましたが、
現時点では何も事件を起こしていないから逮捕できないと、
巡査は訴えを退けました。

諦めた男が帰りかけたとき、巡査が何気なく
『家族はあるんだろう』と言うと、
男は昨年の秋に結婚したと答えました。


というあらすじなのですが、男はこのままだと
自分の妻」を殺すことになってしまうのでしょうね。

うすら寒いオチの話です。

暑いのが我慢できないならクーラーをつければいいじゃないか、
と思う人もいるかもしれませんが、
この「暑さ」というショートショートが書かれたときには、
まだ日本にエアコンは殆ど普及していなかったのです。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。