星新一「ピーターパンの島」のネタバレ解説

「チューリップのお花のなかには、小さな子供が住んでいるのね」
ウエンディがこう言ったとき、両親は顔色を変えました。

両親は植物の構造などを科学的にウエンディに説明し、
小さな子供なんかいないでしょ、と説明するのですが、
ウエンディは妖精が見えると言い張りました。
両親はあらゆる努力を続けますが、とうとう諦め、
ウエンディを特殊な学校に入れてしまいました。

その学校にはウエンディのような空想癖のある子供が集められ、
ファンタジーのような物語の世界にどっぷりと浸かるのです。

やがてクリスマスがやってきたとき、子供たちはサンタクロースに、
「海賊船に乗って、天使のように翼のある人の住む島に行きたい。
そこで妖精や、魔法使いや、人魚などに会いたい」
という欲張った願いを手紙に書きました。

その手紙は教師から別の機関に知らされ、
子供達の願いは叶えられることになりました。
海賊船のある港へ向かう途中、都会のビル群を通るのですが、
「あれはみんな、うそなんだね」
「そうさ。なにかのまちがいさ」
などと子供達は話し合っていました。

やがて、子供達は希望通りの、左手の先が鉤になった船長のいる、
海賊船に乗ることができます。
何日も船が進むと、やがて遠くに小さな島影が見えました。
「きっと、あの島だよ」
「そうさ。ぼくもすぐにわかった」
という子供達の声を聞き、船長はその島に近づき、
ボートをおろして子供たちを乗せました。

子供達が島に渡った後、
『実験の日はいつでしたっけ』
と船員が船長に訊きました。
明後日だと船長は答え、
船のジェット機関を使い急いで島から離れます。

その島が、今度の新エネルギーの実験の標的にされて吹っ飛び、
島にいる子供達は一瞬のうちに消える運命にあるのでした。


というあらすじです。
この話はピーターパンをモチーフにしているので少々分かりにくいですが、
要するに、魔女狩りの話なのです。

あるコミュニティの間で思想的偏見に基づいて行われる排斥行為のことを
魔女狩り、と呼ぶことがあります。
1960年~1970年代に中国で約2000万人が虐殺された
文化大革命なども広義の意味での魔女狩りとなります。

この話の世界では宗教や空想といったものを一切認めていないため、
妖精や魔法使い、人魚、鬼、仙人、雪女、お化けなど、
科学的ではないものを信じる子供達は
社会不適合者として殺されてしまうのでした。
最後に子供達を海賊船に乗せてあげるというのは、
死刑囚が最後の日に豪華な食事を与えられるのと同じ意味合いなのでしょう。

ちょうど昔、科学だけを信じ、神の存在を信じなかった人々が
キリスト教の正義の名のもとに大量虐殺されたのと逆のパターンです。
というか、現在でもアメリカ人の9割は神の存在を信じており、
半数近くが進化論を否定し、大卒者であっても3分の1以上が、
聖書にある天地創造を信じているらしいのですが、
昔に比べれば減ってきているわけですから、
いつか宗教を全く認めないこんな世界がやってくるのかもしれません。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。