湊かなえ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」第5話「ポイズンドーター」のネタバレ解説

主人公の藤吉弓香は、子供の頃から母親の過干渉のせいで頭痛に悩まされていました。

弓香の母親は、弓香の友達や、読みたい本や、なりたい職業をすべて決め、
少しでも弓香が逆らうと激しく怒りました。

弓香が学校に行っている間に、母親は勝手に弓香の机を漁り、
漫画やライトノベルを読んでいると知れば、父が遺した日本文学全集や世界文学全集を読めと言いました。

弓香が小学校の卒業文集の将来の夢にパン屋と書いたら、
母親はお父さんみたいな国語教師になれと喚きました。

弓香が中学で江川マリアという母子家庭の子と仲良くなると、
その子の母親が汚らわしい仕事をしているから、江川マリアとは仲良くするな、
と母親は厳しく言いました。

高校2年生になり彼氏ができると、家に帰った瞬間に平手打ちが飛んできました。
女友達同士のお泊まり会も、買い物も、アルバイトも駄目だと言います。

東京の共学の大学に行くのにも反対され、女子大しか受験させてもらえませんでした。

国語教師になるために教育実習を受けさせられますが、弓香は自分が教師に向いていないと痛感しました。

小説家になりたい、教師にはなりたくないと言うと、母親は猛反対しました。
採用試験に落ちると、今度は市役所の観光課の臨時職員の仕事をさせられます。

しかし、弓香はそこで女優としてスカウトされます。
親友の野上理穂が彼女の母親が決めた婚約者と結婚するのが嫌で駆け落ちしたのに後押しされ、
弓香は母親の猛反対を押し切って女優になりました。

ところが、母親はその後も、弓香が水着でグラビア雑誌に出たり、
キスシーンを演じただけで半狂乱になって電話してきます。
同窓会の幹事をやっている理穂に圧力をかけて、同窓会に参加するために帰ってこさせようとしました。

そんなとき、理穂のメールから、弓香は江川マリアが自殺したことを知ります。

弓香はそんな母親に嫌気がさし、33歳になったある日、
自分の母親は「毒親」であるとテレビ番組で告発し、
さらに「支配される娘」という本を出版しました。

最後は、「弓香の母親が自動車の前に飛び出し、亡くなったことを知らせる」理穂のメールで終わります。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。