西尾維新「業物語」第零話(3)「つばさスリーピング」のネタバレ解説

これは、羽川さんが阿良々木くんを救うために、
忍野メメを探していたときの話です。

羽川さんは「南極」へ行き、
ようやく忍野と再会することができました。

(作中で場所を伏せられていたので、白字にしました。
今のところ、忍野が失踪中にどこにいたのか原作内で分かるのは、
おうぎダーク」だけですね。)

しかし、「人は一人で勝手に助かるだけ」をモットーとする忍野は、
阿良々木くんを助けるために日本へ戻るなんてことを
しようとはしませんでした。

そこで、羽川さんが忍野と再会するまでに、
どんな不思議な体験をしたのか、怪異と遭遇したのか、
そういう話を忍野に話すことで、
「怪異譚の蒐集」の対価として阿良々木くんを助けてもいい、
と交換条件を出しました。

羽川さんは仕方なく、ドイツの古城で幽閉されたときの話をします。

怪異の専門家がドイツに行ったという、
あやふやな情報をもとにドイツへ飛んだ羽川さんでしたが、
そこにいたのは残念ながら忍野ではなくドラマツルギーでした。

お忘れの人もいるでしょうが、ドラマツルギーは傷物語に登場した、
吸血鬼でありながら吸血鬼退治を生業とする怪異の専門家です。

傷物語の刊行は2008年5月なので、
実に7年8ヶ月ぶりの再登場となります。

羽川さんは、ドラマツルギーに、忍野の居場所を知らないかと質問します。

しかしドラマツルギーは、現在は潜入調査中で、
今の仕事が終わるまで、所属している組織と接触できず、
忍野の居場所も調べられないと言います。

しかも、3~5年くらいかかる仕事なのだそうですw

そこで羽川さんは、ドラマツルギーの仕事を手伝ってあげることにしました。

ドラマツルギーは現在、
ドイツへの旅行者が異常なほど失踪している事件を追っていました。

犯人は、男女の双子の吸血鬼、
「ハイウエスト」と「ローライズ」だということは突き止めたのですが、
彼らのアジトを特定できず、彼らが犯人だという証拠も得られていませんでした。

そこで、ドラマツルギーは、
異国からの旅行者である羽川さんを囮にしようとしたのです。

その企みは成功し、羽川さんはハイウエストたちが作り出した、
架空の城塞都市の一室に幽閉されてしまいます。

そこまでは作戦通りだったのですが、
何とドラマツルギーまで捕まってしまいました。

小さな子供たちの生存が確認されたので、子供たちを逃がしていたところを、
捕えられてしまったのだそうです。

ドラマツルギーはさっさと諦めてしまいましたが、
羽川さんはこんなところで死ぬわけにはいかないと、諦めません。

羽川さんの姿勢にドラマツルギーも思うところがあったのか、
あるアイテムを羽川さんにくれました。

その後、羽川さんはハイウエストとローライズに別の部屋に連れて行かれ、
ビリヤード台の上に固定されました。

なんと彼らは、「人間の身体を砂のようにして、
棒倒しゲームをしようとしていたのでした。

誘拐された旅行者たちのうち、小さな子供ばかりが生き残っていたのは、
『砂の量』が少なく、ゲームとしてつまらないからなのでした……。

そのことに羽川さんは激しい怒りを覚えます。
ドラマツルギーから貰い、
奥歯に仕込んでおいた『茨の棘』を噛みしめました。

茨の棘は、十字架や聖水や銀などと同じく、
吸血鬼の弱点とされているものです。

吸血鬼でもあるドラマツルギーにとって、
それは自決用のアイテムだったのですが、
羽川さんには別の作用をもたらしました。

羽川さんは傷物語で脇腹をえぐり取られたときに、
キスショットの血で回復した経験がありました。

その血がまだ残っていた羽川さんは、『覚醒』し、
拘束を解いてハイウエストたちを倒していました。

何者だ、専門家かと訊かれた羽川さんは、
自分はただの日本の女子高生で、
好きな男の子が親友と幸せになる手伝いがしたいのだと言いました。

するとハイウエストとローライズは、
互いを食べ合って自殺してしまいました。

彼らも自殺願望のある吸血鬼であり、
暇つぶしの『遊び』を奪われたことで、
生きている意味を失ったのでした。


という感じで、羽川さんはドイツでの話を終えます。
しかし忍野は、現在の羽川さんにはキスショットの眠れる血を
使い切ってしまったと看破し、その話もするように促します。

そして羽川さんが別の国に行ったときの話をし始めたところで、
この「つばさスリーピング」は終わります。

「業物語」に収録されている話は、これで終わりです。

しかし、こうやって「うつくし姫」「あせろらボナペティ
かれんオウガ」「つばさスリーピング」を振り返ってみると、
全部吸血鬼絡みというか、忍関連の話ばっかりですね。

2016年1月現在、「傷物語」が劇場で公開中なので、
その宣伝も兼ねて、忍が登場する話ばかりを選んだのでしょうね。

ドラマツルギーの再登場なんかも、そのためでしょう。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
ネタバレ部分は白字にしてあるので反転してお読みください。
荒らし対策のため、コメントを承認制に変更しました。承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年11月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。