西尾維新「業物語」第零話(2)「かれんオウガ」のネタバレ解説

業物語第零話(2)「かれんオウガ」のネタバレ解説です。

タイトルの「オウガ」は、普通は「オーガ」と表記される、
「鬼」のことなんじゃないかと思います。
自信はないですが。

後は、この話の中に登場する「遭我滝(おうがたき)」と
かけているのでしょうね。

阿良々木火憐は高校1年生の夏に、師匠から免許皆伝を言い渡されます。

とうとう「火憐の師匠」が登場しましたね。
ただ、登場シーンを読んでも年齢はおろか性別すら分からないんですけどねww
少なくとも二十歳は越えているようですが。

師匠は、火憐は己に向き合い、火憐自身を知らなければならないと諭します。

そのために、一人で山にこもってこいと言い渡しまします。
「遭我三山(おうがさんざん)」と呼ばれる、
鬼会山(おにあいやま)、千針岳(せんしんだけ)、カチカチ山、
この三つの山を縦走し、一番奥の山にある「遭我滝」に打たれてこいと言いました。

火憐は家族の反対を振り切り、夏休みに一人で山を縦走することにしました。

ところが、山に踏み込む前にいきなり躓きます。

師匠から渡された地図が地形図だったため、
初めて本格的な登山をする火憐には地図が読めなかったのです。

すると、中学生くらいの金髪金眼の少女が現れ、
読みやすい地図と板チョコをくれました。

……その少女の正体はもちろん忍です。
過保護な阿良々木くんに頼まれて、ドーナツと引き換えに火憐を助けたのです。

この忍、とてもじゃないけど、
前話の「あせろらボナペティ」に登場したアセロラ姫と同一人物だとは思えませんねw


鬼会山に登った火憐は、野生の熊の親子と遭遇してしまいます。

パニックになり、熊と戦おうとする火憐を、
二十歳くらいの外見の忍が止めました。
忍は、最初の少女のイトコだと名乗ります。

忍の眼光で熊を追い払い、熊避け鈴と、ストック代わりの日本刀を渡します。
火憐が目を離した隙に、忍は火憐の影に潜りました。

一日目はこんな感じで終わりました。

二日目は千針岳を縦走します。

千針岳は岩山で、火憐はロッククライミングをすることになってしまいます。

が、手をついた岩が太陽で焼けていたため、
反射的に手を離してしまってバランスを崩してしまいます。

そこを幼女姿の忍が助けました。
イトコのイトコだと名乗り、脱臼してしまった火憐の肩を舐めて、
治療し、また影に隠れました。

翌日、三日目。
火憐は唯一用意してきた食料であるお米を、
どこかに落としてしまったことに気付きました。

空腹状態でカチカチ山に入り、かぶれる雑草に手を出そうとします。

それを、高校生くらいの忍が止め、
一日目に渡したチョコを食べるようにと言い、
さらに食べられる野草を探してあげました。

忍は、「うぬは、いったい何人で来ておるのじゃ?
よもや、一人で来ておるつもりでは、あるまいな?」
と意味深な台詞を残して消えました。

カチカチ山の地図はないので、火憐はともかく沢に沿って登ります。

と、そこで濃霧に取り囲まれ、視界を奪われてしまいます。
沢の音と、木の棒で地面をつつくのだけを頼りに、先に進みます。

すると、「カチカチ」という、オオスズメバチの威嚇音が聞こえてきました。
火憐はパニックになり、川に飛び込もうとします。

が、それを霧の中で誰かが止めてくれました。
こんな濃霧の中でオオスズメバチが羽ばたくと思うのかと諭し、
火憐の背中を押して道案内してくれました。

こうして火憐はようやく遭我滝に辿り着き、滝に打たれることができました。

その後、帰宅した忍は、阿良々木くんから貰ったドーナツを食べながら、
忍が火憐の影に潜んでいたせいで、
バーベルを背負って登っていたくらい足を引っ張られていたのだと教えました。

さらに、濃霧の中で火憐の背中を押したのも、忍ではないのだそうです。

案外、霧の中で振り返ったら、そこにいたのは火憐自身だったのかもしれない、
と忍は言います。

鬼に会い、己に会うから遭我滝、と上手くまとめたところで、
この話は終わります。


という感じのあらすじなんですけど、
結局カチカチ山で聞こえたオオスズメバチの音と言うのは、
かれんビー」で貝木から受けた囲い火鉢の後遺症なんでしょうか。

次の業物語第零話(3)「つばさスリーピング」も、
「かれんオウガ」とは全然違う時系列の話です。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。