星新一「石柱」のネタバレ解説

主人公は、田舎を旅行するのが趣味の男です。

その男はある地方を訪れたとき、不思議な光景を目撃します。

高さ1メートルくらいの石柱に、
地元の人たちが次々とやってきては水をかけていくのです。

男は、その理由を尋ねますが、
「よそ者には関係のないこと」
と、あしらわれてしまいます。

意地でも知りたいと思った男は、ある作戦を考え、実行します。
その作戦とは……なんと、ナンパでしたwww

20歳くらいの女性に話しかけ、
親しくなったところで石柱について質問します。
すると女性は、「草の妖怪と、それを倒すなぞの男の子」の伝説について教えてくれました。

その坊やは冷たいものが好きなので、水をかけてあげていたというわけです。
それから2、3日後、男は高熱にうなされ、例の男の子の夢を見ました。
おわびのつもりで再び村を訪れた男は、やがてその土地の住人となり、
あの女性と結婚します。

そして、
『人生、どこに転機があるかわからない』
と言った男に、妻となった女性はこう答えます。
『グループって、たいてい、そうなんじゃないかしら。
わけのわからないものの力で結ばれている。
あたしたち、たまたまいい部類の方で幸運だったというべきよ、きっと』
と――。


え? 結局これ、どういう話だったの?
と思った人もいるでしょう。
女性の言葉の、逆の意味を考えてみればオチの意味が分かるのではないでしょうか。

つまり、世の中には悪い力で結ばれている人たちもいるのです。
例えば現代でも、親が子どもの結婚相手を勝手に決めてしまうという家はあります。

そこまでいかなくても、子どものことにやたらと口を挟みたがる親もいるでしょう。
『あの家の子とは遊ぶな』とか、『あの高校へ進学しろ』とか、
『一人暮らしはするな』とか。

また、戦争や病気や怪我や借金などにより、
関わり合いになりたくない相手と関わらなければならない人も大勢います。

一見すると、『草のお化けとか、それを倒す謎の男の子』なんていう
わけの分からないもので結ばれた主人公たちは、
不条理な事態に陥っているような気もしますよね。
でも、もしかするとあなた(読者)よりずっと幸運なのではないだろうか――?

と言っているのではないかと、しまうましたは思います。
見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。