湊かなえ「山女日記」第6話「金時山」のネタバレ解説

1話2話に登場した由美と律子の同僚、
舞子が今回の主人公です。

由美と律子が登山を通じて仲良くなっていることに嫉妬を覚えた舞子は、
富士山へ行こうと誘いますが、
富士山はそんなに大変じゃないらしいから、
とあっさりと断られます。

ところで、丸福デパートに勤める舞子には、
「餃子天国」でバイトをしながら演劇をやっている、
大輔という恋人がいました。

富士山は日本一の山なのに、と舞子が大輔に愚痴ったところ、
大輔は富士山と縁のある山へ行こう、と言いました。

ここで回想があります。
舞子は大学3年生まではバレー部で活躍していたのですが、
就職活動中に転んで靭帯を痛めてしまい、
バレーができなくなってしまいました。

それ以降舞子は、新しい自分に生まれ変わるために、
自分で10個のミッション(目標)を決めて、
その達成を目指すことにしました。
充実はしていましたが、何をやっても、
バレーに比べると物足りなさは感じていました。

回想終わりです。

舞子が大輔に連れられてやってきたのは、「金時山でした。

金太郎の金時なのですが、
舞子の小学校のときのあだ名は金太郎でしたwww

金時山は、富士山眺望のベストスポットとして知られる山で、
だからこそ大輔は舞子をここに連れてきたかったのでした。

大輔も会社員を辞めて、
役者として再スタート中だということを舞子に告白しました。

舞子が、あの美しい山に登る、
という目標を立てたところで、この話は終わります。


というあらすじなのですが、
途中までせっかく舞子が連れて行かれる山の名前を伏せてるのに、
タイトルでネタバレしてるのはどうなんでしょうねw                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。