西尾維新「続・終物語 最終話 こよみリバース」のネタバレ解説

続・終物語 (講談社BOX)


卒業式の翌日、阿良々木くんは妹たちに起こされることなく目を覚ましました。

回想という形で、卒業式には出席せず、
職員室で土下座して謝ったというエピソードが語られます。

おうぎダーク」のラストシーンで出会った少女を助けるために、
卒業式をボイコットしてしまったわけですね。

花物語で語られていた、卒業式に起こった大事件というのは、
阿良々木くんが卒業式に出席しなかったことだったようです。

……まあ、正直に言うと、高校生が卒業式に出席しないというのは、
それほど珍しいことではないと思うんですけどね。
就職の面接や、受験の日程と重なっていて出席できなかったという人は、
何人か知っています。
まあ、当日になってボイコットしたら問題になるでしょうけど。
特に、阿良々木くんは教師からの受けが良くありませんし。

目覚めた後、洗面所で顔を洗った阿良々木くんは、鏡を見ました。

阿良々木くんは無事に鏡に映るようになったのです。
しかしそこで阿良々木くんは鏡に違和感を覚え、鏡に触れました。
すると、指先が鏡に沈み込み、さらには一面紫色に染まりました。

そして――阿良々木くんは、普通の鏡の前に立っていました。

するとそこへ、150センチもないくらい、
背が低くなってしまった火憐ちゃんが登場します。
しかも、台詞の文字が左右反転しています。

読みにくいことこの上ないのですが、手鏡とかに映しながら読むと、
読みやすいですよwww

背が低くなった火憐ちゃんを見て動揺した阿良々木くんは、
妹達の部屋へ行きます。
そこで、月火ちゃんと会いますが、月火ちゃんの方は、
台詞が左右反転し、着物の着方を間違えている以外、
変化はありませんでした。

しかし、月火ちゃんが部屋から出ていくと、
死体人形の余接が話しかけてきたのですが、
いつもの無表情キャラではなく、キメ顔でそう言いました。

阿良々木くんは、八九寺に会いに北白蛇神社へ行きますが、
そこにいたのは10歳の八九寺ではなく、
傾物語に登場した21歳の姿の八九寺でした。

しかも、いつもの阿良々木くんと立場が逆転しており、
阿良々木くんに激しく抱きつきます。

ますます動揺しつつも、阿良々木くんは八九寺に相談しました。

すると八九寺は、きみは鏡の中に来たんだよ、とあっさりと答えます。
まあ、読者も阿良々木くんも、とっくに気付いていたことだったんですけどね。

色々と反転しているこの鏡の世界はつじつまが合わないことだらけなのですが、
八九寺は、ここはつじつまが合わなくてもいい世界なのだと言います。

吸血鬼の忍は鏡の世界には存在できないので
向こうの世界に置いてきてしまったけど、
忍に向こう側からゲートを開いてもらえばいい、という話になります。

しかしそのためには、忍とコンタクトをとる必要があります。
阿良々木くんは、「こよみウォーター」に登場した、
神原家のお風呂の水面には運命の相手が映る、
という話を思い出し、神原家へ行きました。

しかし、インターホンを押した途端、
レイニー・デヴィル状態の神原に襲われました。

忍がいないことで吸血鬼性を失った阿良々木くんは死にかけますが、
そこでブラック羽川が阿良々木くんを助け、浪白公園まで運んでくれました。

どうしても神原家に入りたいのなら、相棒と一緒に行け、
とブラック羽川は言い、姿を消しました。

ひとまず家に帰った阿良々木くんは、そこで老倉育と出会います。
ちなみに、表紙の少女は、老倉でした。
意外な人選だったので、この場面まで気付きませんでした。

老倉は、小学生の頃から阿良々木くんと同じ家、同じ部屋で暮らしており、
陽気に振る舞っていました。
阿良々木くんにも非常に親しげに話しかけてきます。

しかし、「私、とっても幸せなのに――こんなの、全部嘘だって思ってる」
と、老倉もこの世界に違和感を覚えている様子でした。

老倉から逃げるように、再度北白蛇神社へ行くと、
そこには囮物語に登場したクチナワさんのような喋り方をする千石撫子がいました。
八九寺は、千石のことを、先輩の神様のクチナワさんだと紹介します。

ちなみに、蛇は鏡の専門家であり、
だから八九寺はクチナワさんに相談したのだそうです。

クチナワさんによれば、鏡というのは真実を映すものであり、
この鏡面を越えたここは、裏面だったのだそうです。

ブラック羽川は羽川さんの裏側の姿であり、
背の低い火憐ちゃんは彼女の幼い内面が顕在化した姿であり、
余接は内に秘めていた感情を表現できるようになっており、
レイニー・デヴィルは神原の裏側であり、
幼馴染として振る舞う老倉は彼女や阿良々木くんの願望のような裏側であり、
クチナワさんは千石の別人格のような存在であり――、
というふうに一応の説明がつくみたいです。

月火ちゃんはあまり変化がなかったのは、彼女が裏表のない性格だったからですね。

そして、この鏡の世界の阿良々木くんはどこにいるのか、という話になりますが、
阿良々木くんは、この世界の自分は忍野扇だったのだろうと推測します。

家に帰った阿良々木くんは、老倉と同じ部屋をあてがわれており、
二段ベッドの上下を使っているということに動揺しますが、
鏡について知っていることはないかと質問しました。

老倉は、鏡の反射率は80パーセントくらいであり、
鏡像は現像よりもぼやけて見える、という話をしました。

その夜、阿良々木くんは無表情キャラに戻った余接に起こされます。
余接は、阿良々木くんが自分のパンツを脱がせずに去っていったことに違和感を覚え、
パフォーマンスをフルに発揮できるように性格を作り替えたのだそうです。

余接は、阿良々木くんを、学習塾跡の場所へ連れて行きますが、
そこには何と、お城が建っていました。

その中には、吸血鬼ではなく人間状態の
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが住んでいました。

キスショットは、この世界に阿良々木くんがいることで悪影響が出ているので、
早く元の世界に戻るべきだ、神原家に侵入するのなら誰かに助けてもらうべきだ、
という話をします。

しかし、カーテン越しにもかかわらず、キスショットと謁見した阿良々木くんは、
猛烈に自殺したくなってきました。
この辺りの事情は「うつくし姫」で語られているのですが、
阿良々木くんが自殺する前に、余接は「例外の方が多い規則」で脱出しました。

神原家に侵入する際に、神原の気を引いてくれる奴はいないかなと考えたところ、
余接といううってつけのキャラがいることに気付きました。

翌日、阿良々木くんは洗面所で、月火ちゃんに髪を洗ってもらったのですが、
その洗面台に溜まった水に映った阿良々木くんの顔が、にやりと笑いました。

その後、余接に神原を引き止めてもらっている間に、神原家の浴室へ侵入します。
ところが、全〇になってお風呂に浸かっても、湯船には何も映りませんでした……。

しかしそこへ、神原の母親の臥煙遠江が登場します。
そしてなぜか、2人は向かい合って入浴することになりました。

遠江は「知ってるとか知らないとか、そういうのはどーでもいいんだよ」と、
妹の伊豆湖や、羽川さんとはまた違う価値観のことを言いました。

湯船から出た後、遠江は阿良々木くんの背中を流しながら、
臥煙家というのは化物作りの専門家の家系だったのだと言います。

「猿の手」ことレイニー・デヴィルは遠江の分身なので、
集まると危険かもしれないとも忠告します。

そして、気が付くと遠江の姿は消えていました。
遠江はやはりこの世界でも死んでおり、幽霊だったみたいですね。

しかし阿良々木くんの背中には、「ナオエツコウコウ」という文字が刻まれていました。

余接と一緒に神原家を出た後、阿良々木君は直江津高校に、
余接はブラック羽川を捜しに行くことになりました。

阿良々木くんはカムフラージュのために学生服を着て、直江津高校へ行こうと思い、
一度家に帰ります。
ところが、家にあったのは男物の学生服ではなく、女子の制服でした。

阿良々木くんはなぜか、その女子の制服を着て、直江津高校へ向かいます。

……えーと、別に普段着で高校へ行っても問題ないのですが、
阿良々木くんには思いつかなかったらしいです。

その頃、北白蛇神社へ行った余接は、小学生姿の羽川と、八九寺おねーさんと、
千石撫子の外見をしたクチナワさんが酒盛りをしているのを見て絶句していました。
しかし、彼女たちによれば、事件はもう終結に向かっているのだそうです。

一方、高校に到着した阿良々木くんは、「おうぎフォーミュラ」に登場した、
あの教室の亡霊的な存在の教室へ行きました。

するとそこには「忍野扇がいました。

阿良々木くんが扇のコスプレをしているのと同じように、
扇も阿良々木くんのコスプレをして学ランを着ていました。

花物語に登場した扇が男の格好をしていたのは、そんな理由だったのでした……。
何というか……脱力です。

ブラック羽川が言っていた相棒というのは扇のことであり、
ブラック羽川に阿良々木くんを助けるように頼んだのも扇だったのでした。

扇はこの教室に閉じ込められていたので、そんな迂遠な方法をとったのですね。
まあ、ブラック羽川が、直江津高校のあの教室へ行けと最初から言っていれば、
こんな遠まわりをする必要はなかったのですが、
それを突っ込むのは野暮というものでしょう。

ちなみに、洗面台に阿良々木くんのにやけ顔が映ったり、
学ランが女子の制服に変わっていたのは、扇の仕業でした。
阿良々木くんに危機感を持ってほしくてそんなことをしたのだそうです。

阿良々木くんは昨日の朝、本来は鏡に吸収されて跳ね返ってこなかった、
20パーセントの光を掬いあげ、ゲートを開いてこちら側へ救出してしまったのです。

つまり、阿良々木くんが鏡の世界へ行っていたのではなく、
現実世界(と言っても阿良々木くんの住む町だけですが)が、
鏡の世界に変貌していたのですね。

臥煙伊豆湖がこの町に置いていった姉の苦い記憶や、
本当はこの町に残っていたかった羽川の心残りや、
人間だった時代のキスショットや、生前の余接や、
火憐の女子らしさに対するコンプレックスや、
大人になれなかった八九寺や、
千石や神原のうちに秘めたる凶暴性など、
忘れたものや忘れたいものが表面化していたのでした。

扇は阿良々木くんに、黒板を材料に作った、反射率ゼロパーセントの鏡を渡します。

その鏡を神具として北白蛇神社に置けば、鏡の世界の光を吸収してくれるのだそうです。

翌朝、阿良々木くんの家へ戦場ヶ原さんがやってきました。

阿良々木くんが戦場ヶ原さんに、今回の事件の顛末を話しながら、
合格発表を見に行くところで、
」この物語は終わります。

……と言っても、時系列的には花物語に続くんですけどね。
本当にややこしいシリーズです。

ファイナルシーズンはこれで終わりですが、
愚物語業物語撫物語結物語と、この後オフシーズンが出版されました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

花物語の扇くんはそれ以前の扇ちゃんとは別の存在ですよ
あれは自罰的な神原が生み出したモノです

No title

上のコメントの人へ。
何か誤解しているようですが、そんなこと小説の中には書かれていませんよ。

時系列的に花物語より後の話である結物語に登場した扇は、女の子に戻ってますし、そのシーンで阿良々木暦が扇について「スタート地点が僕なので――」と言っています。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。