湊かなえ「山女日記」第4話「利尻山」のネタバレ解説

宮川希美は、大学卒業後、実家のタマネギ畑を手伝いながら、
アルバイトのような形で翻訳の仕事もしていました。

希美本人はそれで何とか生活できるし、
結婚したり勤めに出たりする必要はないと思っていたのですが、
希美の父親や、希美と違って優等生タイプの姉や、姉の夫からは、
ことあるごとに結婚しろとか自立しろとか言われ、
不満を抱いていました。

特に、姉の夫は医者であることを鼻にかけ、
希美のことを見下すような態度をとっており、
そのこともあって希美は姉夫婦とは疎遠になっていました。

しかし、ある日、希美は姉から、
北海道にある利尻山に登ろうと誘われました。

実を言うと、宮川家では、家族で揃って旅行すると
必ず雨に見舞われるというジンクスがあったのですが、
予想通り、今回も雨でした。

それでも、僅かな晴れ間を縫うようにして、
希美はユヅキというブランドの帽子を被りました。
その帽子は、友人の柚月の手作りの帽子なのですが、
「山女日記」で話題になっていることもあり、
姉もそのブランドを知っていて驚きました。

タダで貰った希美は知りませんでしたが、
何とその帽子には、五万円もするのだそうです。

ちなみに、しまうましたは、五万円の服なんて一枚も持っていません(キリッ
……はい、どうでもいいですね。

希美は、姉は登山にかこつけて
自分に説教をするつもりなのだと思い込んでいましたが、
実際には「姉は夫から離婚を切り出されており、
そのことを希美に相談したかったのだと判明しました。

希美は、せっかく山に登ったのに花とか風景を見ていないだろうと指摘し、
最悪でも、娘の七花を連れて実家に帰ってくればいいとか、
色んなものが貸し切り状態になるので、雨降りも悪いことではないとか、
必死に姉を励ましたのでした。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。