湊かなえ「豆の上で眠る」のネタバレ解説

豆の上で眠る


「豆の上で眠る」は、主人公の安西結衣子が、
神戸に住む大学2年生になった「現在」のパートと、
幼児期から小学生にかけての頃の「過去」のパートの話が
入り乱れるという構成になっています。

あらすじでは、ある程度時系列順にまとめて書きます。

香川県三豊市に住む結衣子には万佑子という2歳年上の姉がいて、
結衣子は子供の頃から万佑子のことが大好きでした。

結衣子は「えんどうまめの上にねたおひめさま」という絵本が好きで、
よく寝る前に万佑子のその本を読んでもらっていました。

しかし結衣子はローラースケートをして遊んでいる途中、
ローラースケートに乗れない万佑子の手を離してしまい、
万佑子の右目の上に豆粒のような傷痕を作ってしまいました。

結衣子が小学1年生になった夏休みの八月五日に、
神社に秘密基地を作って遊んでいたところ、
病弱な万佑子は体調を崩してしまい、
万佑子だけ先に帰ることになりました。

ところが、万佑子はそのまま家には帰らず、
突然失踪してしまいました。

結衣子と万佑子の母親の春花は、万佑子を捜すために半狂乱になります。
祖母や父も必死になって万佑子を捜しますが、見つかりません。

しかし「ホライズン」というスーパーに万佑子の帽子が届けられていたり、
「なっちゃん」という上級生の女の子が、
口にガムテープを貼られた万佑子が白い車の後部座席に座らされており、
目つきの悪い男から「バラしたら殺すぞ」と脅されたという証言をしたりと、
それなりに手がかりは集まっていました。

そんなとき、5年前に隣の山口県で行方不明になっていた小学生、
笹山弓香ちゃんが、実は近くの民家に住む戸田守という男に、
監禁されていたことが発覚し、ニュースになりました
(山口県が香川県の隣というのはちょっと遠すぎる気もしますが、
作中ではそう書かれています。
まあ、瀬戸内海を挟んで隣と言えば隣なのですが)。

そのニュースを聞いた春花は徐々に精神の均衡を崩していきます。
春花は、スーパー「ホライズン」で女児向けのアニメの関連商品を買う男を捜したり、
そこの従業員にお金を渡し、怪しい人物をリストアップしたりしてもらい始めます。

白い車に乗っていた男は、県営住宅の方へ向かっていった、
というなっちゃんの証言を聞いていたこともあり、
結衣子の春花は県営住宅に住む人達を重点的に疑い始めました。

やがて、春花はブランカという白い子猫を飼い始めます。

ブランカを隠し、ブランカがいなくなったから捜しているのだと結衣子に言わせ、
怪しいと思った人物と接触する口実を作り始めました。

しかし、その行為はすぐに近所の人たちの知るところとなり、
結衣子は同級生や近所の人たちから疎まれるようになります。

結衣子は、「ホライズン」に万佑子の帽子を届けた女性の息子のところへ行かされ、
猫を捜すという名目で、その男から悪戯されそうになります。
すぐに息子の春花が帰ってきたおかげで、結衣子は解放されますが、
こうして結衣子の「猫捜し」は終わりを告げました。

万佑子がいなくなってから2年が経ったある日、
結衣子の両親は、結衣子を祖母の家に預け、どこかへ出かけました。
万佑子に関する何やら重大な用事があるらしいのですが、
結衣子にはその詳細は教えてもらえず、
冬実おばさんに慰められながら結衣子は泣いていました。

そして、万佑子が失踪してから2年後の8月5日、
万佑子は秘密基地を作っていた神社の鳥居の下で発見され、保護されました。

ところが万佑子は、失踪していた2年間の記憶を失っていると言い、
入院することになりました。

入院してから2週間後、ようやく結衣子は万佑子と面会させてもらえたのですが、
保護された少女は万佑子ではない、と結衣子は感じました。
これ以降、結衣子は、失踪する前の万佑子のことを『万佑子ちゃん』、
戻ってきた少女のことを『姉』と区別するようになりました。

やがて姉が家に帰ってきましたが、姉が猫アレルギーを発症したため、
ブランカは2つ離れた市に住む五十代の夫婦に引き取られてしまいました。

姉が家に帰ってからも、
この少女は万佑子ではないという違和感は強まるばかりでした。

姉は、万佑子と結衣子しか知らないはずのことを何でも知っており、
完全に万佑子として振る舞っているのですが、
それでも結衣子は、姉を万佑子だと認めることができませんでした。

右目の上にあったはずの、豆粒くらいの傷痕が消えているのに気付き、
春花に尋ねますが、春花は傷が消えたのだろうと取り合ってくれません。

しかし、祖母も万佑子が本物なのかどうか疑っていたのをきっかけに、
姉の同意のもとでDNA鑑定が行なわれることになりました。

そして、万佑子は両親と血が繋がっているというDNA鑑定の結果が出ました。

それ以降は、祖母も、姉は本物の万佑子なのだと言うようになり、
結衣子の味方は1人もいなくなってしまいました。

それからさらに1年8ヶ月後、岸田弘恵という女性が、
自分が万佑子を誘拐した犯人だとして警察に自首しました。

当時産婦人科で看護師をしていた岸田弘恵は、
学生時代から好きだった結衣子の父と、病院で再会します。
それからさらに8年後、ホライズンへ行った岸田弘恵は、
偶然万佑子を見かけ、声をかけました。

自分こそが万佑子の本当の春花なのだと言うと、
万佑子はそれを信じ、岸田弘恵についていってしまったと言うのです。
姉も本当は記憶喪失ではなく、
2年間岸田弘恵に騙されていたのだと証言しました。

岸田弘恵には懲役5年の刑が言い渡され、事件は収束したように思えたのですが、
それでも結衣子は、姉を本物の万佑子だと認めることができませんでした。


それから何年も経ち、結衣子は居心地の悪い実家を離れて、
神戸にある大学に進学しました。

そして大学2年生になったある日、胃潰瘍で入院した春花のお見舞いに行くために、
結衣子は実家に帰省することにしました。

その途中、三豊市で、結衣子は姉と、姉の友人らしき女性を発見します。
その女性の右目の上には豆粒のような傷痕がありました。

結衣子は胸騒ぎを感じて姉たちに話しかけますが、直後に貧血で倒れてしまいました。
病院で目を醒ました結衣子は、
姉が自分を病院まで運んでくれたのだと看護師から教えられますが、
既に姉はいなくなっていました。

結衣子は、春花のお見舞いに行くのは翌日にすることにして、実家に帰りました。

自室の押し入れから段ボール箱を取り出し、
祖母が書いていた「万佑子行方不明事件に関する覚書」というノートを読み始めました。

その途中で、父親が帰ってきました。
結衣子が、入浴中の父親の携帯電話を覗き見すると、姉から、
「 『結衣子、何か言ってた? 遥と一緒にいるところ、見られたかも』
というメールが届いていました。

それを読んだ結衣子は父親の携帯電話を使い、
結衣子が手首を切ったからすぐに戻れ、というメールを姉に送りました。

姉だけではなく、遥も一緒に帰ってきました。

そしてようやく、姉と遥は、結衣子に事件の真相を語り始めました。

姉と遥は、赤ちゃんの頃に、
産婦人科で働いていた岸田弘恵によって取り換えられていたのでした。

弘恵の姉の奈美子は生まれつき体が弱く、
妊娠しても、自分の娘もすぐに死んでしまうのではないか、
という妄想にかられていたのだそうです。
そんな姉のために、弘恵は丈夫そうな赤ちゃんである安西万佑子と、
病弱な赤ちゃんである岸田遥を取り換えたのでした。

娘に遥という名前をつけたのは奈美子なのですが、
偶然にもそれは遥(実際には万佑子)の実の母親と同じ読み方でした。

しかし、それから8年後、奈美子は娘の血液型が合わないことに気付きます。

弘恵は奈美子と万佑子(実際には遥)にすべてを打ち明けます。
万佑子(実際には遥)は実の母親の奈美子のところへ戻り、
それから2年後に、遥(実際には万佑子)も実の両親のところへ戻った、
という経緯だったわけです。

もちろん、結衣子の両親は弘恵から本当のことを聞かされており、
祖父母を除いた一家4人の中で真実を知らないのは結衣子だけでした。

遥が三豊駅にいたのは、胃潰瘍で入院した春香のお見舞いに行くためでした。

真実を知ったショックで結衣子は感情が高ぶり、家を飛び出しました。
行くあてもなく歩く途中、結衣子はなっちゃんと出くわします。

結衣子はなっちゃんに、白い車の男の証言は本当なのかと尋ねますが、
なっちゃんは、あんなのでっち上げに決まってんじゃん、
と悪びれもせずに言いました。

なっちゃんから十円玉を一枚もらった結衣子は、
公衆電話から冬実おばさんに電話して、ブランカに会いたいと言いました。
しかしブランカは、五十代の夫婦に預かってもらった翌年に、
交通事故で亡くなっており、
結衣子にはそのことは知らされていなかったのだと判明しました。

行き場をなくした結衣子が交番へ行き、
岸田弘恵に会って本物って何ですかと訊きたいと言うところで、物語は終わります。


というあらすじなのですが、これは「結衣子が可哀想ですよね。

ラストシーンの結衣子はかなりおかしくなっていましたが、
周囲の人間から、色んな真実を隠されて、
除け者にされていたら、そりゃあおかしくなりますよ。

帰ってきた姉は万佑子ではない、と結衣子が疑っていると分かった時点で、
結衣子と遥を会わせて真実を打ち明けていれば、
結衣子と姉も、もっと仲良くなれたんじゃないかと思うんですよね。

まあ、姉と遥の方はもっと可哀想な境遇ではあるのですが、
だからと言って関係者の1人である結衣子をないがしろにしてもいい
ということにはならないと思うんですよ。

そういう意味では、非常に後味の悪い話でしたね。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感です!
あのあと、妹は本当に手首を切って自殺しかねないと思いました。
というか、あの家の人たちは「家族」じゃないな…と思いました。
元々崩壊していたのかもしれませんが…。
私も妹という立場で、姉が病弱だったので、あのラストには本当にガッカリ&妹がかわいそうすぎました…。

No title

きっと姉が入れ替わっていなくても、姉妹はギスギスした関係だったでしょうね。告白の後の遥のさっぱり感がありえませんよね。家族終わってます。結衣子はこのあと、実家に近づくことはないでしょうね。
春花母、毒親過ぎで怖い。入院させた理由が分かりました。
あんたの葛藤もあるだろうよって感じ。
サヨナラドビッシーと八日目の蝉が入り混じってましたね。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。