西尾維新「するがニート」のネタバレ解説

2014年8月16日の讀賣新聞朝刊に掲載された「するがニート」のネタバレ解説です。

今回は、神原駿河が、その母の神原遠江と夢の中で会話している、
というシチュエーションの話です。

遠江は既に死んでいるので、
先祖の霊が帰ってくるという言い伝えのあるお盆の時期の
新聞に掲載される話であることを考えると、
神原の相手としてはぴったりではないかと思います。

今回のお題となる本は、メアリー・ヘイスティングス・ブラッドリーの旅行記、
「ジャングルの国のアリス」です
(もしくは「たったひとつの冴えたやり方」です)。

遠江が神原に教えた「ジャングルの国のアリス」は当時6歳の作者の娘、
アリスの視点で描かれた旅行記でした。

遠江は、その当時6歳のアリスが、後に「たったひとつの冴えたやり方」を発表する、
ジェイムズ・ティプトリー・Jrだという豆知識を神原に教えました。

その後、本を読むタイミングについての話になり、
「薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ」
という遠江の決め台詞(?)でこの「するがニート」は幕を閉じます。


というあらすじなのですが、これが本当に神原の夢の中の会話だとすると、
「たったひとつの冴えたやり方」の作者ジェイムズは、
「ジャングルの国のアリス」の作者メアリーの娘だと、
神原は本当はどこかで知っていたんだけどそれを忘れてしまい、
夢の中で遠江の知識として思い出した、ということになるのでしょうか?

さて。

ジェイムズの本名は(アリス・ブラッドリー)なのですが、
彼女は女性であることでこれまでの人生で職業的にひどい目にあっていたことから、
男性名のジェイムズというペンネームを使っていました。

典型的な覆面作家だったこともあり、当時の読者の大部分は、
ジェイムズは男性だと思っていました。

しかし結局、母親のメアリーが死んだときに、
母も作家だったがシカゴで亡くなった、とジェイムズとして明かしたことから、
ファンの間でジェイムズの母親の死亡記事探しが始まり、
実は女性であったことが明らかになってしまいました。

そしてアリス(ジェイムズ)は1987年に、
認知症が悪化した夫を、夫と約束していた通りにショットガンで射殺し、
みずからも頭を撃ちぬき自殺するという壮絶な最期を遂げました。

アリス(ジェイムズ)はこういう感じの人物だったのですが、
彼女は自分の母親に対して複雑な思いを抱えていたことから、
この人が話題に取り上げられたのではないかと思います。

タイトルの「するがニート」のニートの由来についてですが……
本文中にはニートという単語が出てこないので推測になりますが、
最後の遠江の「毒になれなきゃ薬になれ。でなきゃあんたはただの水だ」
という台詞が由来なのではないかと思います。

神原はまだ毒にも薬にもなっていない、つまり「何もしていない」から、
「ニート」と表現したのかもしれないですね。

(8月17日追記:
「たった一つの冴えたやり方」の原題、
「The Only Neat Thing To Do」の「Neat」だと、
コメント欄で情報提供してくれた方がいらっしゃいました。

原題知りませんでした……orz

ニートって聞くとあのニート(NEET)しか思い浮かばなかったのですが、
英語の辞書検索をしてみたところ、
Neatには「すばらしい」とか「すてきな」「すごい」「見事な」「じょうずな」とか、
色んな意味があるらしいです。)
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニート = Neat
(たったひとつの冴えたやり方 = The Only Neat Thing to Do)

Re: No title

> ニート = Neat
> (たったひとつの冴えたやり方 = The Only Neat Thing to Do)

情報提供ありがとうございました!
追記しました。

No title

するが「冴えてる」って親馬鹿なのか!?

No title

ニートが引用小説からのneatである事は間違い無い所でしょうけれど、
(英語版wikiの英訳タイトルもSuruga Neatですし)
日本人相手にカタカナでニートと題すれば
誰もが働かない引きこもりを推測する事は
作者も承知でしょうから、管理人さんの最初の推測も
含まれたタイトル付けだろうなと思います。
(そもそも、その様なダブルミーニングや言葉遊びが特徴的なシリーズ作品ですし。)
neatの第一意味である「(身なりや部屋)がきちんとしている」は
部屋がゴミ屋敷のするがへの皮肉ですし、
他の意味の「水を含まない(酒)」も母の言葉に対する皮肉な感じです。
更には引用小説のタイトルとして訳されている「冴えた」などは
「鋭い」とも意訳できそうで、すると、
「するがニート」は「するどいするが」とダジャレ風にも思えますし、
更には「駿河問(するがどい)」も連想できそうです。
まぁ、実際にどこまでの言葉遊びを想定してタイトリングしたのかは、
作者にしか分かりませんけどね。
そう言うのを色々推測してみるのも、
本シリーズのファンに与えられた楽しみではないでしょうか。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年5月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。