蘇部健一「赤い糸」第5話「ふたりは生まれたときから、運命の赤い糸で結ばれていた」のネタバレ解説

今回が最終話です。

24歳になる、主人公の「彼女」は、
運命の出会いを期待して、
両親が結ばれたきっかけとなった、
あまり可愛くない天使のブローチをつけて出かけました。

神保町の古本街へ行った「彼女」は、
そこで館野栄輝「堕ちた天使」というタイトルの本を購入し、
読み始めました。

その話が、第4話の「落ちこぼれの天使」でした。

つまり、第4話は作中作の話だったわけです。

そしてその話は、4年前、第3話で「彼女」が探していた、
池田良雄の「キューピッドの失敗」という話そのものでした。

さらに、その本には「縁結びの神様」という短編も収録されていたのですが、
それは第1話で「彼女」が経験した内容にそっくりでした。

編集者をしている「彼女」は、「堕ちた天使」の作者を捜しに、
「堕ちた天使」を出版した川野書房を訪れます。

そして館野栄輝はドアの向こうにいると川野書房の人から教えられたのですが、
実際にドアを開けると、そこにいたのは「第2話で『彼女』が模型教室で会った、
『綾瀬幸太郎』でした。

しかしよく話を聞いてみると、彼は実際には綾瀬孝太郎ではなく、
綾瀬孝太郎の親友であり担当編集者でもある土門でした。

第1話で綾瀬孝太郎と『彼女』を赤い糸で結びつけるイタズラをしたのも、
この土門という男でした。

第2話の模型教室にいたのも土門であり、
綾瀬孝太郎と土門は同じTシャツを持っていたため『彼女』は、
土門のことを綾瀬孝太郎だと勘違いしていたのでした。

ちなみに、このタイミングで『彼女』の名前が小梅果穂であることが判明します。

果穂は運命の相手である綾瀬孝太郎の連絡先を土門に尋ねますが、
綾瀬孝太郎は明日アメリカへ発つ予定になっており、
携帯電話も解約しアパートも引き払っており、
綾瀬孝太郎と会うのは絶望的でした。

果穂は諦めて会社へ帰ることにしましたが、
その途中、男とぶつかりバッグの中身をぶちまけてしまいました。

すると男は、果穂の前にあまり可愛くない天使のブローチを差し出しました。

実は今日の午前中、果穂は道路の溝にヒールを挟み、転んでいたのですが、
そのときに落とした天使のブローチを届けようと、
男は果穂のことを探していたのでした。

そして、このときまで果穂も知らなかったのですが、
そのブローチの中には、赤い糸で結ばれた赤ちゃんが2人写っていました。

さらに、その写真を男も見たことがあると言い、
果穂に見せるところで物語は終わります。


というあらすじなのですが、ちょっと分かりにくい部分もあったので、
時系列を整理してみようかと思います。

まず、「果穂と幸太郎は同じ病院の産婦人科で1日違いで生まれました。

果穂の両親と幸太郎の両親は仲が良くなり、
親同士は将来2人を結婚させようとしていたくらいなので、
そのとき果穂と幸太郎が赤い糸で結ばれた写真を撮ったのでしょう。

果穂は憶えていませんでしたが、
小さい頃には2人で遊んだこともありました。

しかし幸太郎の父親は占い師の椿鞠絵の助言で、
京都へ引っ越し疎遠になってしまいます。

11歳になった果穂は、運命の相手の名前は綾瀬幸太郎である、
と占い師の椿鞠絵に占ってもらいます。

中学の修学旅行のとき、天使(?)の土門が、
幸太郎の赤い腹巻きの糸を解いて果穂の指に結び付け、
2人を知り合わせようとしましたが、それは失敗してしまいました。

20歳になった果穂は、幸太郎がいるはずの模型教室へ行きますが、
そこにいたのは土門で、果穂は土門のことを幸太郎と勘違いしてしまいます。

大学を卒業した果穂は、
幸太郎が池田良雄というペンネームで書いた『キューピッドの失敗』を読み、
池田良雄に会おうとします。

しかし、そのとき幸太郎は父親の会社が倒産したことをきっかけに、
大学を中退してしまっていたので果穂は幸太郎に会うことはできませんでした。

というか、このとき実は果穂の家のすぐ隣のアパートに
幸太郎が住んでいたんですけど、どちらも気付きませんでした。

で、24歳になった果穂は、
赤ちゃんのときに撮られた写真の入った天使のブローチを持って出かけ、
ヒールの踵を折ってしまいます。

そのとき、果穂が落とした天使のブローチの中の写真を見て、
幸太郎は果穂を捜します。

一方、果穂も『堕ちた天使(=キューピッドの失敗=落ちこぼれの天使)』の
作者である、幸太郎を捜していました。

そして、幸太郎と果穂は今度こそ会うことができたのでした。

それまで無関係と思われていた話がパズルのように嵌まり、
カタルシスを得ることができる話だったのではないかと思います。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。