渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」7・5巻SIDE-B*Special Act.B「未だ、彼らは帰るべき場所を知らない。」のネタバレ解説

今回のエピソードは、夏休みを直前に控えた時期の話です。

時系列的に言うと、3巻と4巻の間に挟まる話ですね。

この7・5巻のメインディッシュ的な話です。

ある日の昼休み。
比企谷が1巻⑥「けれど戸塚彩加はついている。」に出てきた場所で、
戸塚の昼練習を眺めながら昼飯を食べていたところ、
材木座に捕まってしまい相手をしていました。

と、比企谷と材木座の前を、
妙に疲れた表情の柔道部員たちが通り過ぎていきました。
はい、これ伏線です。

放課後、部室へ行きますが、部室にはクーラーがついておらず、
「湿気がひどくて、紙が……」
と雪ノ下が本について話していると、
由比ヶ浜さんが雪ノ下の髪をくくってあげました。

由比ヶ浜さんとお揃いの髪型なのですが、雪ノ下は戸惑います。

というのも、雪ノ下は本の紙の話をしていたつもりだったのに、
由比ヶ浜さんは頭の髪の話だと勘違いしていたからなんですねー。

と、そこへ前述の柔道部員3人が相談にやってきます。

比企谷は体育の授業で柔道を選択しているのですが、
柔道部3人のうち1人、
比企谷が心の中で「じゃがいも」と呼んでいた城山と面識がありました。

後の2人は城山の後輩の津久井と藤井です。

例によって例のごとく、城山たちは平塚先生の紹介で奉仕部にやってきました。

今回の相談内容は、最近柔道部を辞める部員が多くて困っている、
というものでした。

部員が辞める理由には心当たりがあり、
去年卒業して今はスポーツ推薦で大学へ行ったOBの先輩が、
柔道部に顔を出して「しごき」をしているからなのでした。

城山以外の部員は皆、そのOBの先輩のことを嫌っているのですが、
体育会系は上下関係が激しいので、部長の城山も先輩には逆らえません。

顧問は柔道は未経験の名ばかり顧問ですし、
三年生は既に引退しており、誰もOBの先輩の暴走を止められません。

うわー、こういうのって嫌ですよね。

まずは実情を見てみようということで、
翌日比企谷たち3人は柔道場へ見学に行きました。

すると、OBの先輩はブラック企業の社長並みの横暴な振る舞いを見せていました。
体罰とかもやっています。

適当なところで切り上げて部室に戻り、話し合いを始めます。

色々とアイデアは出るのですが、なかなかこれは、というものが見つかりません。

しかししばらくして、何か柔道関係のイベントを開いてそこで勧誘しつつ、
あのOBの先輩を排除する方針になりました。

雪ノ下は、他の先生や教育委員会の人に言ってみようと提案しますが、
問題の露見は学校側も嫌がるだろう――つまり隠蔽されるかもしれない、
と比企谷は否定しました。

うん、まあ、そうですね。
大阪市立桜宮高校のバスケットボール部で、
顧問による体罰が原因で自殺してしまったキャプテンの話とか、
大津市中2いじめ自殺事件で教育委員会がいじめを隠蔽した話とか、
そういうのを見ていると不信感を持ってしまいますよね。

というわけで、顧問や先輩よりもっと上の立場の人間、
「世間様」をイベントに連れてくることにしました。

翌日から早速、比企谷たちはイベント開催のために動き出します。

柔道部に説明し、学校側と交渉し、柔道大会を開くことにしました。

人を集めるために、人気者の葉山隼人に参加してもらうことにします。

まず、外堀を埋めるために戸部を誘います。
柔道と聞いて海老名さんが食いついたので、戸部もその気になります。

戸部が葉山を誘いますが、柔道大会は3人1組のチーム戦なので、
戸部、大岡、大和の3人がチームを組むことになりました。

葉山は比企谷を誘い、材木座を誘っておくようにと頼みました。

そして柔道大会当日、葉山のおかげで大会は盛況でした。

トーナメントは雪ノ下が組んだのですが、
決勝まで比企谷のチームと柔道部チームが戦わないようにしました。

材木座は完全に騙されて連れてこられた感じで事後承諾なのですが、
材木座は基本的にはいい奴なので、そのまま参加してくれました。

先鋒が材木座、中堅が葉山、大将が比企谷になりました。

……何しろ季節は夏で、柔道部の中は蒸し暑いため、
材木座は大量の汗をかいていました。
そのため、材木座の相手は材木座に触れるのを嫌がり、
その隙に材木座が一方的に投げて勝つ、というパターンができました。

葉山は何でもできる奴なので、普通に柔道も上手く、勝ちます。

こうして比企谷は何もせずに勝ち進み、他の人たちが試合をしている間に、
OBの先輩に挨拶に行きました。
比企谷は下手に出つつ、先輩も一試合くらいどうかと誘い、
布石を打っておきました。

準決勝も比企谷は何もせずに勝ち進み、いよいよ決勝戦です。

相手はもちろん、柔道部チームです。

柔道部は柔道部だけあって、材木座の汗にも慣れており、
材木座はあっさりと負けてしまいます。

大人気の葉山の番がやってきて、会場はおおいに盛り上がりますが、
そこへサッカー部マネージャーの「一色いろは」という女子が乱入してきました。

この一色いろはという1年生女子は今回は脇役なのですが、
8巻9巻にも登場し、重要人物となるキャラです。

部活に出てくれと頼む一色いろはを制したのは、三浦でした。
三浦は一色をずるずると引き摺っていきます。
それを放置するわけにもいかず、葉山は三浦と一色を追いかけました。

このままだと不戦敗になってしまうところだったのですが、
雪ノ下は何と、自分が出ると言い出しました。

雪ノ下は、由比ヶ浜さんの社交スキルで女子剣道部から借りてきた服を着て、
本当に出場してしまいます。

しかしまあ、何をやらせても完璧な雪ノ下なので、
相手の柔道部員には指一本触れさせずに勝ってしまいました。

そして、いよいよ最終戦です。

比企谷は柔道部チームの大将を手で押し留め、OBの先輩を対戦相手に指定します。

先輩は怒りながらもやってきて、審判の城山の合図で最終戦が始まります。

比企谷と先輩は「最初のうちこそ間合いを図るようにしていましたが、
先輩は一気に距離をつめると比企谷の軸足を刈り、倒しました。

そして――比企谷は、
『いやー、まいったまいった。汗って結構滑るもんだなぁ』
と白々しく言ってのけました。

審判の城山は、両者開始線に戻るようにと告げます。

当然、先輩は城山に食ってかかりますが、審判に逆らうと反則負けだと比企谷が言うと、
仕切り直しました。

そして、このタイミングで比企谷の話術スキルが発動します。

比企谷は試合中だと言うのに先輩に話しかけ、
世の中は厳しく、ガチでやっている大学のサークルで挫折し、
引退した高校の部活なんかに逃げてきたのだろうと挑発します。

こうして先輩の心を弱らせて勝つ予定だったのですが、
やはり素人の比企谷は負けてしまいましたwww

で、もう二度と柔道部には関わるなと、敗北者として約束させられてしまいました。

しかし『世間様』の面前で恥をかかされた先輩も柔道部には顔を出しづらくなり、
退部した柔道部員が出戻ってきて、柔道部は存続できることになりました。

そして、雪ノ下と由比ヶ浜さんは、
6巻の文化祭編以降は比企谷のやり方を手放しで褒めることをしなくなりましたが、
今回は文化祭前の時系列の話なので、あまり批判はせず、
一応のハッピーエンドで終わりました。


……というあらすじなんですけど、結構読んでいて辛いものがありましたね。

いや、誰だって先輩風を吹かせたいときってあるじゃないですか。

年寄りが「今どきの若いもんは」と言うのも、「これだからゆとりは」と言うのも、
考えようによっては先輩風を吹かせているようなものです。

現状が上手くいかないとき、美化された過去に戻りたいと思う人は多いでしょう。
でも、そうやって過去へ逃げても問題は解決しないんですよね……。

と、そんな教訓より、比企谷が先輩から闇討ちされないかの方が気になります。

先輩が陰険な性格の奴だったら、
数日後に駅とかで因縁をつけられて路地裏でボコボコにされかねませんよ、これ。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。