西尾維新「終物語 下 第五話 まよいヘル」のネタバレ解説

終物語 (下) (講談社BOX)


まず、この表紙の三つ編みの少女は、羽川さんではなく戦場ヶ原さんです。
次の話の「ひたぎランデブー」での格好です。

終物語の下巻は「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」の
3本構成となっています。

この「まよいヘル」は、
暦物語第十二話「こよみデッド」から話が直接繋がっています。

「こよみデッド」のネタバレ満載なので、ご注意ください。

前置きはこのくらいにしておいて――。

八九寺と再会した阿良々木くんは、そのことに大喜びし、
いつものようにセクハラをします。

が、八九寺と再会できたのは、
八九寺が生き返った、あるいは死に返った(?)のではなく、
阿良々木くんが死んでいたからなのでした。

「こよみデッド」で阿良々木くんは臥煙さんに殺されてしまい、
地獄に落ちてしまったのです。

地獄の中でも最下層の阿鼻地獄というところに、
阿良々木くんは落ちてしまいました。

地獄へ行くことになった原因は、吸血鬼である忍を助けたことです。

人間に害をなす存在を助けてしまったのだから、
それは罪と言えば確かに罪ですよね。

ちなみに、八九寺も地獄に落ちていたのですが、
それは、親よりも先に死んだ子供は親不孝者として、
賽の河原で石積みをさせられる、という言い伝えのせいでした。

鬼物語で成仏してから半年間も石を積んでいたのかと思うと、
凄く可哀相になりますが、
一応、そのうち頃合いを見て地蔵菩薩が助けてくれることになっていました。

今日(三月十三日)は、阿良々木くんを案内するために、
石積みを抜け出してきたのです。

阿良々木くんと八九寺は、先ほどまでは北白蛇神社にいたはずなのに、
いつの間にか浪白公園にワープしていました。

が、これは実際に移動したのではなく、地獄に現世の様子を再現したものでした。

浪白公園から、夜の住宅街に移動し、
傷物語で阿良々木くんがキスショットと初めて会った場面が再現されます。

次に、学校で羽川さんと話している阿良々木くんの姿や、
階上から落ちてくる途中で静止している戦場ヶ原さんの姿などが映し出されます。

順番としては、次は八九寺なのですが、
既に八九寺は案内人として傍にいますし、
浪白公園も既に通った場所なので、飛ばします。

さらに、神原との出会いも、主導権はストーカーをしていた神原にあり、
阿良々木くんは不可抗力だったので飛ばされます。

北白蛇神社へ向かう階段で、阿良々木くんは撫子とすれ違いました。

そのまま階段を上り、北白蛇神社へ到着すると、
そこには憑物語に登場した手折正弦がいました。

正弦も死んでいたので、あの世にいるのは当然なのですが、
普段は地獄ではなく天国にいて、
今日は阿良々木くんのために地獄まで下りてきていたのでした。

実は正弦は、「憑物語で登場した時点で、既に死んでいました。

正弦は人形遣いとしての能力があったので、
あの世から半死半生のような状態で、
自分の死体を人形として操っていたのです。

だから、余接が正弦を攻撃したときには、
既に正弦は死んでいたわけです。

余接と影縫はそのことは知らず、
生きている正弦を殺したと思っていたのですが。

正弦は、浪白公園の浪白は、
元々は『白沱(しろへび)』だったのだという話をします。

その後、天から蜘蛛の糸ならぬ、白く長い蛇の糸が垂れてきます。

阿良々木くんはその糸を掴みました。

後は、正弦が合図をすれば、臥煙さんが妖刀『夢渡』を使い、
阿良々木くんを生き返らせる手はずになっていました。

しかし、阿良々木くんは、僕なんかが生き返っていいのかと呟きます。
すると八九寺は阿良々木くんを何度も殴りながら、
阿良々木くんに説教をしました。

正弦はカウントダウンをしますが、
阿良々木くんは糸が引っ張りあげられる直前になって、
両足で八九寺を掴んでしまいます。

同時に正弦は、憑物語で自分に依頼をしたのは忍野扇だったと叫びました。

ロケットが発射されるような勢いで糸が引っ張られましたが、
阿良々木くんの足は八九寺を離さず、
八九寺は阿良々木くんと一緒に現世に戻ってきてしまいました。
と言っても、八九寺には肉体がないので、幽体の状態ですが。

阿良々木くんが現世に戻ると、忍が臥煙さんの首に手をかけ、
いつでも殺せる状態で待っていました。
忍は、阿良々木くんが行き返らなかったら臥煙さんを殺すつもりでした。

一度阿良々木くんが死んだせいで、忍とのペアリングが切れ、
忍は全盛期の頃の、成人女性のキスショットの姿を取り戻していました。

地獄では結構長い間喋っていたのですが、
現世では殆ど時間が流れておらず、
もともと朝早い時間だったので、大学入試にも余裕で間に合う時間でした。

というわけで、阿良々木くんは大学入試に出かけていきました。


そしてこの話は次の「ひたぎランデブー」に続きます。

というあらすじなのですが、「こよみデッド」の衝撃のラストが、
意外な形で明らかになりましたね。

ところで、この記事はブログ開始以来、444番目の記事なのですが、
444番目の記事で地獄の話をすることになるなんて、
偶然にしてはできすぎているような気がしますwww

信じてもらえないかもしれませんが、
これは狙ってやったのではなく、本当に偶然です。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。