東川篤哉「探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2」第5話「霧ヶ峰涼と映画部の密室」のネタバレ解説

冬休みが明け、1月。

涼は「殺戮の館」という映画のDVDを借りるために、
隣のクラスの友人、
星野真澄が所属する映画部の部室を訪れます。

部室には、40インチの大きな液晶テレビがあり、
涼がそれに水を向けると、
映画部の部員たちでお金を出し合って購入したものなのだと
教えられました。

その日の夜、涼は退屈な「殺戮の館」を観終え、
翌日の放課後、午後3時に、
DVDを返すために映画部の部室を訪れました。

すると中から涼と同じ2年生の加藤翔太が出てきました。
加藤は歯医者による用事があったから遅れて来たのだそうです。

星野真澄は頭を怪我したから学校を休んでいるということで、
涼は加藤にDVDを返します。

ちなみに、放課後まで涼が真澄の欠席を知らなかった、
という状況を作り出すために、
隣のクラスの友人という設定にしたのでしょうね
(↑嫌な読者だなあ……)。

真澄が学校を休んだため、欠員が出ているので、
映画に出演しないかと加藤に誘われ、
涼は撮影場所へ案内してもらいます。

が、その途中、忘れ物をしたと言って加藤は引き返しました。

そのとき、涼は部室棟の裏で荒木田が煙草を吸っているのに気付きますが、
スルーしました。

学園から徒歩3分の場所にある雑木林を訪れ、
涼は映画部の部長、佐伯優子を紹介してもらいます。
優子は、自分のことを「監督」とか「巨匠」と呼ばせようとする、
かなりエキセントリックな性格の持ち主です。

ちなみに、優子が作ろうとしているのはホラー映画で、
涼は死体役でした……。

が、メイキングビデオ用のカメラのバッテリーが切れてしまい、
ワンマン部長の優子は増村という1年生に、
バッテリーを取りに部室まで走らせます。

すると戻ってきた増村が、部室にあるはずの大画面テレビがなくなっている、
と言ったことから優子は加藤と増村を連れて急いで部室へ戻ります。

もちろん、涼もついていきます。

確かに部室からテレビが消えており、4人はテレビを捜します。
5分もしないうちに増村が焼却炉の傍から発見したのですが、
テレビの中央には大きな凹みがあり、壊れていました。

優子は犯人探しをすると宣言します。
涼が加藤に、部室の鍵について確認すると、
部活中は鍵はかけない習慣になっているのだそうです。

涼は、部室棟の西玄関で芝居の稽古をしていた演劇部員や、
東の玄関で煙草を吹かしていた荒木田に、
テレビを抱えた奴が通っていかなかったかと尋ねますが、
どちらも否定しました。

部室棟の出入り口は東西の玄関しかなく、
一階の窓も鉄柵で覆われているため、運び出すのは困難です。

優子は荒木田を疑いますが、涼は庇い、
こうなったら仕方がないと、生物教師の石崎裕巳を呼び出しました。

話を聞いた石崎は、2階の窓からロープでテレビを降ろしたのではないか、
という可能性を口にしますが、
荒木田がその場を離れるまで待てばいいだけの話なので、
そこまで労力をかける意味が分かりません。

次に、石崎は「この密室状況からテレビを運び出すのは不可能だ、
という結論を出します。

つまり、午後3時以降にテレビは持ち出されていなかったのです。

石崎は、部室の中にあった机の白いテーブルクロスを、
隠し芸のようなテーブルクロス引きで外します。
するとそこから、長方形の黒いアクリル板が出てきました。

その板を引っくり返すと、白いテープで縁取りされていました。

それを縦にすると、薄型テレビに見えます。

つまり、涼が午後3時に部室を訪れたときに目撃したテレビは偽物で、
犯人は忘れ物を取りに行くと言って一度部室に戻った加藤だったわけです。

焼却炉の傍にあったテレビは、午後3時前に加藤が持ち出し、
破壊していたものだったのです。

昨日の夕方、星野真澄は一人で転倒してテレビに頭をぶつけて怪我しました。
パッと見は分かりませんが電源を入れると壊れているのは一目瞭然で、
弁償させられるのではないかと真澄は泣き出しました。

それを見て、加藤は真澄を助けるためにこんなことをしたのでした。

雑木林に放置されていたホラー映画のモンスターたちが、
学園へ向かって一般道を歩き、
それを見た周辺住人がパニックになった、というオチで物語は終わります。

似たようなトリックは何回か読んだことがあるのですが、
とても鮮やかに解決している点で評価が高いです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年5月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。