渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」3巻⑥「ようやく彼と彼女の始まりが終わる。」のネタバレ解説

部室へ戻ると、外は夕暮れで、もうすぐ下校時間が迫っていました。

せっかく誕生日祝いのケーキを焼いたのに、と雪ノ下が困っていると、
由比ヶ浜さんは雪ノ下が自分の誕生日を祝ってくれようとしていたことに
感激します。

由比ヶ浜さんのアイデアで、外へ行こうという話になりました。

その前に、プレゼントを渡すことにします。

比企谷は小さな包みを由比ヶ浜さんに渡し、
自分が由比ヶ浜さんの飼い犬を助けたのも、
それで由比ヶ浜さんが同情し気を遣っていたのも、
これで全部なしに、チャラにしようと言いました。

しかし由比ヶ浜さんは、同情とか気を遣うとか、
そんなふうに思っていたことはないと落ち込みました。

そこへ雪ノ下さんが、始まり方が間違っていたのだからこれで終わりにし、
また始めればいいと助け舟を出しました。

比企谷も由比ヶ浜さんも被害者なのだから、
ちゃんと始めることだってできると雪ノ下は言い、
「……あなたたちは」と付け加えました。

この「あなたたちは」というセリフの意味を比企谷たちが知るのは、
もう少し先のことです。

雪ノ下は平塚先生に人員補充完了の報告に行くと言い、
後には比企谷と由比ヶ浜さんだけが残されました。

由比ヶ浜さんは比企谷のプレゼントの包みを開け、
中から出てきた首輪をつけました。

それはよく似合っていたのですが、「残念ながらそれは人間用ではなく、
犬用の首輪だったのでした……。
由比ヶ浜さんは怒り、包み紙を比企谷に投げ、首輪を外しましたが、
部屋を出る直前に『……ありがと、バカ』と言いました。

由比ヶ浜さん、可愛いですね。

比企谷と由比ヶ浜さんが仲良くなってくれて嬉しいのですが、
今度は雪ノ下との間に問題が発生しそうな予感を残しつつ、
この話は次の『ぼーなすとらっく!』に続きます。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。