東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」第四章「黙禱はビートルズで」のネタバレ解説

ビートルズの全盛期の頃。

中学生の和久浩介の父親の貞幸は会社の社長をやっており、
浩介は非常に恵まれた環境にありました。

ところが万博があった頃から貞幸の会社経営の雲行きが怪しくなってきます。
そんな中、大好きなビートルズが解散したという話を聞き、
浩介はショックを受けます。

さらにある日、とうとう貞幸の会社が傾き、
夜逃げをすることになったという話を聞かされ、
浩介は混乱していました。

そんなとき、浩介はナミヤ雑貨店の前を通りがかり、
夜逃げについて手紙を出し相談しました。
この頃はまだ返事が牛乳箱に返されるというシステムはなかったのですが、
浩介のためにそのシステムが作られました。

すると、両親のことが好きか嫌いかを訊ねる返事が返ってきます。
今の両親は嫌いだと答えると、夜逃げは中止すべきだが、
それができないのなら両親についていくべきだと書かれていました。

やがて、友人からビートルズ解散の理由を描いた映画「レット・イット・ビー」
を見たという話を聞かされました。

翌日の8月31日の深夜に夜逃げを決行すると貞幸から言われます。
貞幸は、俺にとって一番大切なのは家族だ、そのために夜逃げをするのだ、
と言いました。

翌日、浩介は有楽町へ行き映画を観ましたが、
期待していたものとは違うと感じました。

この「ビートルズの解散」にまつわるエピソードが、
和久家の崩壊と対比されているわけですね。

夜逃げ先に持っていくことはできないので、浩介は友人に、
大切なビートルズのレコードのコレクションを1万円で全て売りました。

ところが、その話を聞いた貞幸は、1万円は安すぎるだろうと文句を言いました。

夜逃げの途中、高速の富士川サービスエリアでも、貞幸はその話を持ち出し、
1万円あるんだから当分小遣いはなしだからなと言いました。

それまで恵まれた生活をしていた浩介はその発言に切れてしまい、
サービスエリアに停めてあった見知らぬトラックの荷台に隠れました。

朝になると、浩介はトラックを降り東京駅へ行きました。
そこで万博へ行こうと新幹線のチケットを購入する途中、
警視庁少年課の刑事に補導されてしまいます。

浩介はしばらくだんまりを続けていましたが、やがて、
藤川博という偽名を名乗りました。
藤川は富士川サービスエリアから、博は万博からとったものでした。
生年月日は、一学年下の1957年生まれで、
誕生日はビートルズが来日した6月29日生まれということにしました。

その後、浩介は藤川博という名前で、児童養護施設「丸光園」で暮らすようになると、
そのへんに落ちている木で彫刻を作るようになります。
そのうち、それが話題になり、
浩介は木彫刻の職人の家に引き取られ、定時制の高校に通うようになりました。
そして無事に木工職員として生活できるようになりました。

丸光園を出てから8年後、丸光園が火災に遭ったという話を聞き丸光園へ行くと、
そこで武藤晴美という女性から声をかけられました。

彼女も丸光園の出身で、ナミヤ雑貨店からアドバイスを受けて、
会社の経営を始めたのだそうです。

その話を聞いて再びナミヤ雑貨店へ行くと、店主の浪矢雄治は既に亡くなっていました。
店主の息子は、夜逃げした中学生から令状が届いたと言っていたのですが、
浩介はそんなものを出した記憶はありませんでした。

そして――2012年9月。
すっかり年をとった浩介は、ナミヤ雑貨店の相談窓口が一日だけ復活するという話を聞き、
その近くのバーで、浪矢雄治への令状を書いていました。

そのとき、バーでかけられていたレコードが、
かつて自分が友人に売ったものだと気付きました。
バーのママの兄が、浩介の友人だったのです。
友人は2年前に亡くなっていましたが。

そして浩介は、ママから、「自分が一家心中したことになっているという話を教えられました。

あの夜逃げから2日後、貞幸は、妻の遺体を海に沈め、
妻と息子の遺体を海に流したという遺書を遺し、自分は陸で首を吊りました。

両親は、浩介が和久浩介という名前を捨てるかもしれないと考え、
和久浩介は死んだのだということにするために、そんな死に方を選んだのでした。

軽蔑していた両親の死の真相を知った浩介は、
浪矢雄治を安心させるために、両親は最近まで生きていたという嘘をつき、
浪矢雄治へのお礼の手紙を書いたのでした。


というあらすじなのですが、「浩介は両親からの愛情を信じていなかったのに、
両親からの、文字通り命を懸けた最後の愛情によって、
浩介はヤクザや借金取りに追われることなく、
何とか生き延びてこられたわけです。
しかもそのことに数十年経ってから気付くというあたりが、
もう何とも言えませんね。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。