森絵都「異国のおじさんを伴う」第10話「異国のおじさんを伴う」のネタバレ解説

作家の「私」はある日、民芸品展でオーストリアの「ひげ人形」を買いました。
そして、そのひげ人形をモチーフにした「ビアード・マン」という本を書き、
それがアニメ映画化までされるヒット作となりました。

すると、オーストリアの「ひげ人形愛好会」なる団体から、
「私」をひげ人形愛好会の集いに招待したいというメールが来ました。

担当編集者には反対されたのに、「私」は1人でオーストリアに行き、
ひげ人形愛好会の集いの会場を探しました。

すると、思っていたよりも小規模な集いで、
大きな会場の別の集まりに迷い込んでしまい、
その度に心がくじけそうになりました。

しかし、それでも何とかひげ人形愛好会の集いの会場に辿り着きました。

10人弱の老婆たちが一斉に、「私」の作品を褒めちぎります。
どうやらオーストリアでもひげ人形はあまりメジャーな存在ではなく、
知名度は低いようでした。

その後、老婆たちの手作りのひげ人形のコンテストが始まり、
全長2メートルはある特大のひげ人形が優勝しました。
そして、その特大ひげ人形は「私」にプレゼントされることになりました。

ホテルへ戻ってから、もらえるはずだった航空券代と宿泊費を
もらわずじまいで終わったことに気付きます。

特大ひげ人形が入るスーツケースを探しましたが、
そんなものは売っていないと言われます。

空港へ向かう途中、
特大ひげ人形を抱えた日本人の「私」は悪目立ちしていました。
空港でも、ひげ人形を荷物として預けることはできず、
ミュンヘン行の飛行機では隣の座席に座らせることになりました。

そしてミュンヘンの空港に着くと、「預けていたスーツケースは流れてきませんでした。

スーツケースを探してもらう手続きをしている間に、
『私』は何だかどうでもよくなり、
特大ひげ人形と新たな旅に出かけるのでした。


というあらすじなんですけど、何が何だかよく分からない話ですね。
でも、遠い外国でスーツケースを失い、
特大ひげ人形を抱えて歩いている「私」の姿を想像すると、
可哀想なんだけど笑えてしまいます。

これは何も考えずに読むと、日常を忘れることができる話だったと思います。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。