時雨沢恵一「キノの旅」17巻プロローグ&エピローグ「渡す国」のネタバレ解説

シズと陸とティーは、フォトとソウが住んでいる国にやってきました。

15巻4話「フォトの日々」のネタバレ解説で、
ちらりと「シズたち一行がこの国を訪れたら~」と書いたのですが、
それが実現しましたね。
まあ、誰でも予想できることなので、自慢にはなりませんが。

入国したばかりのシズたちは、フォトとソウに出会い、
移民に関しての情報を聞いた後、写真を撮ってもらいます。

シズたちはこの国を気に入り、移民したいと考えたのですが、
今年から法律が変わり、半年間のテスト期間が設けられることになり、
期日までに仕事と住処を見つけてしっかりと働き、
違法行為を働かなければテストに合格できるのだそうです。

法律が変わったのはおそらく、それまで簡単に移民できたため、
質の悪い移民が問題を起こしてしまったからなのでしょうね。

図書館でしっかりと情報収集をした後、
理想が高すぎるシズも満足し、移民の申請をします。
首都から半日ほど離れた場所にある、人手不足で悩んでいる村で、
農業の仕事をして暮らすことにしました。

村では歓迎され、家を借りることもできました。
過酷な農作業ですが、シズは満足そうでした。

村に住み始めてから7日目、シズはティーに、
バギーを売却しようかと相談します。
するとティーは「だめ! ぜったいにだめ!」と強い拒絶をしました。

そして恐ろしいほど順調に毎日が過ぎていたのですが、
村に来て20日目に、とうとう事件が起こります。

この村に産業廃棄物の処分場を作ろうとしている業者がいたのですが、
その業者は何百キロも離れた場所にある役場に処分場の申請をしたのです。
処分場に異議がある場合は申し出ないといけないのですが、
そんな遠く離れた場所にある役場に掲示されていても気付くはずがありません。

明らかに意義がありそうな話なんだから、電話くらいしろよ、
と思いますが、それをしないからこそのお役所仕事なんでしょうね。

しかし、異議提出1日前、つまり今日になってから、
日付を勘違いした村役場から連絡があり、初めて発覚したのです。
明日の朝八時、役場の始業前までに異議を提出しなければ、
この平和な村に処理場ができてしまいます。

村人たちが所有している普通のトラックでは最高時速でも間に合わないので、
シズがバギーを飛ばしてその村役場まで行くことにしました。
この国がとてつもなく広い、というのを上手く利用したストーリーですね。

シズはティーと陸と書類を車に載せ、夜10時に村を出発しました。
間の悪いことに雨が降り始めますが、しばらくは順調に進んでいました。

ところが、道を塞ぐように大きなトラックが2台も停められていて、
しかも燃え落ちていました。
これは産業廃棄物の業者がシズを足止めするためにやったことでした。

村役場へ向かう唯一のルートを塞がれた、と諦めかけたシズでしたが、
ティーは未舗装の林道を抜けるルートがあると教えてくれました。

ティーはこの国に着いてからずっと地図を眺めて過ごしており、
暗記していたのでした。
『船の国』でも立体に入り組んだ国の中を迷わず歩いていた、
ティーの驚異的な記憶力の成せる技でした。

ティーのナビのおかげで、3時間ほどかけて林道を抜けることができました。

しかし、かなりのタイムロスだったため、シズはスピードを出していたのですが、
取り締まりをしていたパトカーに見つかってしまいます。

もう残り時間が少ない上に、
移民が認められる条件には犯罪を犯さないこと、というものがあります。

……そしてシズは、パトカーを振り切って村役場へ向かうことにしました。
麦畑の中を突っ切り、4台のパトカーを引き連れながら、
シズは村役場に到着しました。

そして――シズたちの国外追放処分が決まり、
この国に着いてからちょうど30日後に、シズ達はこの国を出ることになりました。

すると出国間際に、フォトがやってきて、
入国時に撮ってくれた写真をシズに渡しました。
フォトがシズの出国を知ったのは、
おそらくバギーでパトカーとカーチェイスをしたというニュースが
ラジオで流れていたからでしょう。

そして走り去るバギーをフォトが撮影したところで、今回の話は終わります。


タイトルの「渡す国」は、異議申し立ての書類を渡す国、と、写真を渡す国、
という2つの意味があるのではないかと思います。

というあらすじなのですが、「今回もシズの移民は失敗してしまいましたね。
処分場の悪徳業者が何のお咎めも受けないのに、
シズが国外追放されてしまうという不条理なエピソードでした。

この国でも無理だとなると、もうシズは一生定住できない気がしてきました……。

作者死亡により未完、とかにならない限りは、
時雨沢さんはちゃんとこのシリーズを完結させてくれると信じていますが、
いったいシズたちに関してはどんなオチを用意しているんでしょうね。

ちょっと考えてみたのですが、
①1巻4話「コロシアム」の国に戻り、あの国を一から建て直す。
②シズとティーと陸と、その他移民希望者で、全く新しい国を作る。
あたりが有望かなあ、と思いました。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。