渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」1巻⑧「そして比企谷八幡は考える。」のネタバレ解説

この話が1巻最終話です。

で平塚先生に却下された作文の、
再提出用の作文を書いていた比企谷でしたが、
調子よく書けず奉仕部の部室で書くことにしました。

すると、由比ヶ浜さんは三浦たちと買い物に行ったのだとかで、
部室には雪ノ下しかいませんでした。
でのテニスの試合以来、
三浦の由比ヶ浜さんに対する態度は目に見えて柔らかくなり、
また一緒に遊びに行けるくらい仲良くなったのだそうです。
キョロ充だった由比ヶ浜さんが本音を言えるようになり、
三浦も由比ヶ浜さんのことを自分の子分ではなく
対等の友人として見るようになった、という感じでしょうか。

と、そこへ平塚先生がやってきます。
平塚先生は勝負の中間発表をしようと言いますが、
比企谷もしまうましたも、すっかり忘れていました。
だって平塚先生、以来登場していませんでしたし。

比企谷も雪ノ下も、自分たちはどれも解決した覚えはないと言うのですが、
「上手いクッキーが作りたい」由比ヶ浜さんと、
「テニス部を強くしたい」戸塚の依頼は叶えられなかったかもしれませんが、
「小説を読んだ感想が聞きたい」材木座の願いだけは叶えられたと思うのですが……。
あ、いや、由比ヶ浜さんは小説を読んでませんでしたけど。

平塚先生の独断と偏見によると、現在の戦勝は2対2で引き分けなのだそうです。
「勝利の基準を教えていただけますか?
(中略)相談された悩みを解決したことはないはずなんですけど」
と雪ノ下が言うと、
「いつだって悩みというのは本心の脇に隠されているものだ、
相談してくる内容が本当の悩みとは限らない、ということだよ」
と平塚先生は答えます。

……答えになっていませんね。

例えば由比ヶ浜さんのケースだと、
「キョロ充を治したい」という本心の悩みを解決した雪ノ下の勝ちだとも言えますし、
「無理して上手いクッキーを作る必要はない」
という形で悩みを解決した比企谷の勝ちだと考えることもできます。

材木座のケースだと、
「読んだ本の感想を言い、的確なアドバイスをした」雪ノ下の勝ちだとも言えますし、
「友達がいなかった材木座と気軽に話せるような仲になった」比企谷の勝ちだとも言えます。

戸塚のケースだと、
「テニス部を強くするための練習を指導した」雪ノ下の勝ちだとも言えますし、
「三浦&葉山との対戦で勝利に導いた」比企谷の勝ちだとも言えます。

4人目の幻の依頼者も、
「由比ヶ浜さんという友達ができて、他人に頼ることも覚えた」雪ノ下のことで、
つまり比企谷の勝ちだという解釈もできます。
また、4人目の依頼者は、
「クラスの連中と話ができるようになり、材木座や戸塚という友人(?)もでき、
由比ヶ浜さんのキョロ充を治そうとしたり、
小説家を目指す材木座を応援しつつ中二病の設定を変えようとしたり、
弱小をテニス部を強くする助けをしたりしている――
『変わらなくてもいい』という持論を曲げつつある」比企谷のことで、
つまり雪ノ下の勝ちだという解釈もできます。

というふうに、完全に平塚先生の胸先三寸で勝敗が決まっているので、
この1巻の時点だとどうとでも解釈することができるんですよね。

しまうましたが捻くれた読み方をしているだけかもしれませんがw

そしてこの物語は、作文の最後に比企谷が、
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
と殴り書きをしたところで終わります。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。