渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」1巻⑥「けれど戸塚彩加はついている。」のネタバレ解説

比企谷八幡には、比企谷小町という中学生の妹がいます。

小町は兄に甘やかされて育ったせいか、ブラコンでアホっぽい性格をしています。
この日も小町は、ファッション誌を読みふけっていたせいで、
普通に歩いて登校していたら間に合わない時間に家を出ることになってしまい、
比企谷に中学まで自転車に乗せて送ってもらうことになりました。

ちなみに、自転車の二人乗りは危険ですし、
多くの場合条例で違反されているので真似しないようにしましょう。

と、ここで回想シーンがあります。
比企谷は高校入学初日に、事故に遭ったことがあります。
入学式だからと1時間も早く家を出た際に、
高校付近で犬の散歩をしていた女の子の手からリードが離れ、
そこへリムジンがやってきて犬が轢かれそうになりました。

比企谷は犬を助けようとして、左脚を骨折し、救急車で運ばれてしまいます。
こうして比企谷は、高校デビューできるチャンスを逃してしまったのでした。

回想終わりです。
ここで小町は、実はその犬の飼い主の女の子が、
比企谷が寝ている間にお菓子を持ってお見舞いに来てくれたことがあったと言いました。
しかも、その子は同じ学校だったのだそうです。
初耳です。
女の子の名前を聞きますが、小町は忘れてしまっていました。

まあ、両親に訊けば分かると思うんですけど、そうなったら物語的に面白くないので、
比企谷はその可能性を思いつきませんでした。

体育の時間になります。
千葉市立総武高校では、男女に分かれて3クラス合同で体育の授業があり、
2つの競技の中から選択することになっていました。

今月からはテニスとサッカーから選ぶことになったのですが、
団体戦の苦手な比企谷と材木座は迷うことなくテニスを選択します。

が、今年はテニス志望者が多くジャンケンで決めることになり、
比企谷はテニス、材木座はサッカーと別れてしまいました。
テニスなので当然、体育教師は2人1組でペアを組めと言いましたが、
比企谷は早々に壁打ちをすることにしました。

一方、葉山隼人率いるリア充軍団は、テニス選択者の中で最大のグループとなりました。

ここで思い出して欲しいのは、葉山がサッカー部のエースで次期部長候補だということです。
テニスとサッカーを選択できて、
なおかつテニスの方が人気でジャンケンで決めることになったのに、
それでもあえてテニスの方を選択する葉山……色々と深読みできますね。

葉山グループの中には、金髪長髪の戸部翔もいました
(ただし、戸部翔という名前はこのエピソードの中では登場しませんが。
とにかく、比企谷はクラスメートの顔と名前を憶えていないキャラなので)。

戸部はボールを飛ばしてしまい、「ヒキタニくん」にボールを取ってもらおうとします。
これ以来、葉山グループの中では比企谷は「ヒキタニ」と認識されてしまったのでした。

その昼休み、比企谷はテニスコートの近くで、1人で昼食をとっていました。
そこへ、雪ノ下とジャンケンで負けた方がジュースを買ってくる、
という賭けに負けた由比ヶ浜さんが通りがかります。

由比ヶ浜さんは、入学式の日のことについて話題を振るのですが、
比企谷は前述の事故のことを「アホな奴が犬のリードを手放してな」と説明しました。

由比ヶ浜さんは、その子のことを憶えていないのかと尋ねますが、
比企谷は痛くてそれどころではなかったが、
印象に残っていないんだから地味な子だったんだろう、と答えました。

すると由比ヶ浜さんは、小さいフォントの字で、
自分がその犬の飼い主であるという感じの発言をします。
伏線の回収が非常に早いですね。

と、そこへ、テニスの自主練をしていた戸塚彩加がやってきました。
戸塚は比企谷と同じクラスなのですが、案の定、比企谷は覚えていませんでした。

そして、比企谷は戸塚のことを女子だと思い込んでいたのですが、
実際には戸塚は男の子でした。
いわゆる「男の娘」枠のキャラですね。
タイトルの「けれど戸塚彩加はついている。」は、そういう意味です。
戸塚は最初から比企谷に好感度がマックスな態度をとっており、
比企谷のことを「八幡」とファーストネームで呼んでおり、非常に可愛いです。
ぶっちゃけ、戸塚さえいれば他の女子のキャラなんて(ry

数日後、いつも戸塚のペアを組んでいる相手が休みだということで、
比企谷は戸塚に誘われました。
しばらくラリーの練習をした後、休憩をすることになり、
戸塚は比企谷に、弱小テニス部に入ってくれないかと勧誘をしました。

当然、比企谷は勧誘を断りましたが、
放課後、雪ノ下に弱小テニス部を強くする方法はないかと相談しました。
が、雪ノ下は開口一番に「無理ね」と否定します。

と、そこへ由比ヶ浜さんが戸塚を連れてきました。
由比ヶ浜さんは「奉仕部の一員として」行動したつもりだったのですが、
「由比ヶ浜さん、別にあなたは部員ではないのだけれど……」
と言われてショックを受けます。

由比ヶ浜さんが入部届を書いている間に、雪ノ下は話を進めます。
雪ノ下はやんわりと依頼を断ろうとしたのですが、
由比ヶ浜さんに挑発され、引き受けます。

……負けず嫌いの人間は挑発に弱いので扱いやすいですね。

ただし、雪ノ下の弱小テニス部を強くする方法というのは、
「全員死ぬまで走らせてから死ぬまで素振り、死ぬまで練習」
というスポ根も顔負けなものだったのですが。

翌日の昼休みから練習が始まることになり、
比企谷がテニスコートに向かう途中、材木座とエンカウントしました。
そこへ戸塚もやってきたことから、材木座が勘違いしてややこしくなるのですが、
戸塚が材木座と友達になりたいと言ったところ、材木座もついてきました。

雪ノ下はまず筋力を上げようと言い、ひたすら腕立て伏せをすることになりました。
比企谷と材木座も、昼休みをまるまる使って腕立て伏せをしたのですが……、
比企谷は深夜に筋肉痛でのたうち回ることになったのでした。
まあ、普段運動していない人が急に運動したらそうなりますよね。


そしてこの話は、⑦「たまにラブコメの神様はいいことをする。」に続きます。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。