西澤保彦「ぬいぐるみ警部の帰還」第4話「レイディ・イン・ブラック」のネタバレ解説

8月20日。
長谷尾明美という大金持ちの女性の一人息子である、
26歳の長谷尾翔市が瓶で殴られて殺される事件が発生しました。
現場は、画家志望だった翔市がアトリエとして使っていた12階建てのマンションの
403号室です。

現場には「オシカネ ユミコ」という名前が刻まれた
銀行のキャッシュカードが落ちており、
72万円もの現金が無造作に置いてありました。

第一発見者は、翔市の隣の部屋に住む70歳代半ばの女性、飯沼幸枝です。
幸枝は、朝のちょうど8時に、朝の連続テレビドラマを観ようとしたところで、
隣の部屋から爆音と悲鳴が聞こえてきて、外に出ると、
犯人らしき若い女が逃げていくところだったのだそうです。

気になった幸枝がの部屋を覗くと、翔市が倒れているのを発見し、
慌てて通報した、という経緯だったのだそうです。

桂島は音無警部と江角に、の部屋から持ち出されたと思しき、
空き瓶の入ったビニール袋が階段の踊り場にあるのを報告しました。

音無警部たちがゴミ置き場の様子を確認しに行ったところ、
そのマンションは

翔市の母親、長谷尾明美に、生前の翔市の様子を聞いてみたところ、
元々画家志望だった翔市は芸術大学の受験に失敗し、
引きこもり状態を続けていたところ、
翔市が密かに憧憬の念を抱いていた高校時代の担任だった女性教諭、
松室鮎華(まつむろ・あゆか)が病死したのを気に、
さらに状態が悪化してしまいました。

心配した明美は、使っていなかったマンションを翔市のアトリエとして使わせ、
さらに1000万円ものお小遣いをあげていたのだそうです。

……いくら何でも甘やかし過ぎだろう、と苛々してしまいました。

それはさておき、現場にはたくさんの絵があったのですが、
その絵のモデルの女性の雰囲気は松室鮎華に似ていたのだそうです。

現場に落ちていたキャッシュカードの持ち主、押鐘由美子の自宅が判明し、
音無警部はそこへ行きました。
由美子は夫と、20歳の息子の3人で暮らしていました。

由美子は翔市の名前には心当たりがなく、
キャッシュカードは随分前に失くして紛失届を出していたものだったのだそうです。

ただし、翔市の顔写真を見せてもらい、彼が画家志望だったということを知ると、
由美子は去年の冬、バイク事故で亡くなった甥の葬儀のときに、
絵のモデルになってほしいと翔市に声をかけられていたのだそうです。
それはちょうど松室鮎華が亡くなった時期だったので、
同じ斎場で由美子を見かけた翔市が、松室鮎華の面影を見出し、
声をかけたのだと思われました。

しかし、由美子はそのモデルになってほしいという申し出を断っており、
それっきり忘れてしまっていたのでした。

翔市のマンションの防犯カメラには、由美子と松室鮎華に似た感じの人物が映っており、
その人物は4月以降、50回以上も翔市のマンションを訪れていたようでした。

が、由美子はその人物は自分ではないと言い、
また犯行時刻に顔馴染みの業者から自宅で宅配便を受け取っていたというアリバイもありました。

音無警部は、現場に落ちていたキャッシュカードは、
葬儀の際にスーツのポケットにキャッシュカードを仕舞ったまま忘れてしまい、
そのスーツを着た由美子以外の人物が翔市のマンションで落としたのではないか、
と推理しました。

由美子のスーツを着ることができるのは、由美子の夫か息子である可能性が高いです。

そして息子の広海(ひろみ)について調べたところ、
広海は大学生なのですが、女装して接客をするお店でアルバイトをしており、
日給3万円で女装して翔市の絵のモデルにもなっていたのだそうです。
絵のモデルだけではなく、『スキンシップ』もあったのだそうですが。

そして犯人は、第一発見者の飯沼幸枝でした。
幸枝は普段から、翔市がゴミ出しに行っている間、鍵をかけてないのを知り、
忍び込んで、無造作に置かれていた現金を抜き取っていたのだそうです。

それに気付いた翔市はゴミ出しに行ったふりをして部屋に戻り、
そこで鉢合わせした幸枝に殺されてしまったのでした。

幸枝は以前忍び込んだときに拾っていたキャッシュカードを落とし、
広海に罪をなすりつけようとしていたのですが、それは失敗してしまったのでした。


というあらすじなのですが、「翔市の優雅な暮らしっぷりが羨ましくて、
あまり同情できない話でしたね。
働いていなくて学校にも行っていなくて、
親から別荘のマンションをタダで貸してもらい、1000万円もお小遣いを貰っていて、
恋人にお小遣いまであげていた……って、何じゃそりゃ、って感じですよ。

それと、今回は広海が由美子に高級なぬいぐるみをプレゼントしていたことから、
何か良からぬアルバイトをしているのではないか、
という程度にしかぬいぐるみが事件と関係していなかったのですが、
やっぱり毎回毎回ぬいぐるみ絡みの事件と関わっている、
というのはシリーズ物の縛りとしては厳しいんでしょうね。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

豆の上で眠る (新潮文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年9月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。