赤川次郎「とっておきの幽霊 怪異名所巡り7」第1話「活字は生きている」のネタバレ解説

とっておきの幽霊 怪異名所巡り7


テレビ局に勤める加東は今、ドラマのプロデューサーをしていました。
しかし、脚本家の天知輝夫が、
原作者の倉田伸介の小説「朝焼けのレクイエム」のセリフを無視して、
好き勝手な脚本を書いてしまうことに、加東は頭を痛めていました。

加東は、天知の元妻であるプロデューサー補の佐々木亜矢子に頼み、
ビジネスホテルに缶詰めにして脚本の直しをさせていました。
が、天知はそのホテルで女優の朝香マリと寝ていました。

図々しい話ですが、亜矢子は怒りもせず、皮肉を言う程度にとどめておきました。

一方、すずめバスは、常連客の遠藤真由美の父親が「朝焼けのレクイエム」の
メインスポンサーの取締役を務めており、
そのコネでドラマのツアーをすることになりました。

バスガイドの町田藍と客たちは、亜矢子に案内してもらいながらドラマの見学をします。
が、藍はそのスタジオで霊的な冷気を感じていました。

藍は、役者をしているという老婦人に話しかけられますが、その老婦人は幽霊でした。

やがて問題が発生し、天知が加東に直せと言われたところは直したものの、
他の部分を書き直していたことが発覚し、口論になっていました。
さらに、シナリオに口を出すことで有名な倉田伸介も撮影現場に来ており、
一触即発かと思われましたが、主役の坂口公一とヒロインの朝香マリの台詞は、
天知が書き直したものではなく原作通りの台詞でした。
つまり、脚本の中身がいつの間にか入れ替わっていたのです。

天知はからかわれたのだと思って激怒しますが、
恋人の朝香マリに褒められたので怒りを収めました。

藍は亜矢子に、このスタジオで亡くなった年配の女性はいるかと訊ね、
松永由子という女性のことではないかと言われます。
写真を見せてもらうと、松永由子は、あの老婦人の幽霊でした。

リハーサルが終わり、本番が始まりますが、朝香マリの様子が変でした。
何度撮り直しをしても、特定のシーンで
「これが正しいセリフです」
と、脚本にない台詞を口にしてしまうのです。

と、突然スタジオが真っ暗になりました。
藍は、これは3年前にこのスタジオで首を吊って亡くなった70歳の女優、
松永由子の例の仕業だと言いました。

加東は、3年前の松永由子の自殺の真相を告白します。
主役のアイドルのスケジュールが詰まっており、
ドラマのスタジオ収録が2時間しかできませんでした。

アイドルは台詞を忘れて勝手に喋ってしまいます。
当然、松永由子がアイドルの台詞に合わせないと
辻褄が合わなくなってしまいますが、
松永由子は『これが正しいセリフです』と言いました。

アイドルは次の仕事に行ってしまい、加東は、
松永由子演じるアイドルの祖母はドラマの中で突然死んだことにしてしまいました。

松永由子が自殺したのは、ドラマで遺影の写真を撮った翌日でした。

加東の告白が終わると、冷気が消え、天知の書いた脚本が元に戻りました。
天知が意地になって原作のセリフを使うまいとしていたと反省していると、
倉田伸介も原作のままにする必要はないと歩み寄りを見せました。


というあらすじなんですけど、これは要するに原作レイ〇の話ですね。
赤川さんの原作のドラマや映画は、高確率で原作〇イプされてきたので、
それを考えると何か辛いですね……。

うろ覚えなんですけど、一度、赤川さんの何かのエッセイで、
役者がこの〇〇という役を作ってくれた赤川さんに感謝しますと言ったのですが、
その役はドラマまたは映画のオリジナルキャラだったというエピソードを読んだ記憶があります。
要するに、その役者は原作の小説を読んでおらず、
原作レイ〇に加担しているという自覚すらなかったわけですね。

というか、何で原作通りにやっちゃ駄目なんだろう、と思うことが多々あります。
原作を改悪するくらいなら、最初から原作付のドラマとか映画なんかやらなきゃいいのに……。

(怪異名所巡り7 とっておきの幽霊 1話 2話 3話 4話 5話 6話                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。