星新一「秘薬と用法」のネタバレ解説

エヌ博士の家に強盗が侵入しました。
強盗は金目のものを出せと言いますが、
「こんなところに、たいしたものがあるわけがない。
やっと研究が一段落した、その金のもうかる薬のほかには……」
と、エヌ博士は答えます。

強盗はその薬を飲んでしまいますが、
その薬は第一液であり、
効果を発生させるためには次に第二液を飲まねばならず、
第一液だけだと2年ほどで命を失うと聞き顔色を変えます。

おまけに、まだ第二液は完成しておらず、
その研究にはお金がかかるとエヌ博士は言います。
それを聞いた強盗は、自分が毎月研究費を用意するから
毎月いくらぐらい欲しいのかと尋ねます。
エヌ博士が『この相手にはいくらぐらいが適当だろうか』
と考えたところで話は終わります。

『この相手には』とありますが、
別に以前にも同じように強盗に襲われて薬を飲まれたという
経験があるわけではないでしょう。
どのくらいならお金を騙し取れるか、
とエヌ博士は考えているのです。

お金が儲かる薬の話は全部、
口から出まかせだったと考えるべきです。
エヌ博士は強盗にお金を奪われそうだったのに、
とっさの機転と巧みな話術で強盗を騙し、
逆にお金を奪い取ってしまった、という話なのでした。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

別の解釈を

『この相手には』という事は、日ごろから、金の儲かる薬を同じように使っていたんだと思いますよ。

だからこその「金の儲かる薬」なわけで、強盗に飲ませるだけなら寿命が延びる、異性にモテるとかでもいいですからね。

No title

はい、確かにそういう解釈もアリですね。
別に相手が強盗ではなくても、
金の儲かる薬に興味を持ちそうな人なら誰でもいいわけですからね。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。