時雨沢恵一「キノの旅」17巻1話「旅人達の話」のネタバレ解説

この話から6話の「貧乏旅行の国」まで、
本文中に(1/1)とか(3/4)といった数字が出てきます。
これは、キノの旅シリーズが週1で新聞に掲載されたときに、
全何回分の何回目だったかを示すものです。

草原を走っていたキノとエルメスは、行き倒れている老人と出会います。

老人に水をあげると、老人は何十年も前に、
自分の国で多くの人を死に至らしめている病気の薬の作り方を探しに、
1人で旅に出たのだそうです。
そして、ようやくその薬の作り方を手に入れて自分の国に戻る途中、
身体がいうことをきかなくなってしまったのだそうです。

その話を聞いたキノは、自分たちがその国をつい先日出国したこと、
病気の蔓延は止まっていて、もうほとんどの人が治っていたことを告げました。

それを聞いた老人は良かった良かったと泣きながら亡くなりました。

そしてまた旅を始めたキノは、
『次に行く国は――、生きている人がいる国だといいな』
とエルメスに言ったのでした。

要するに、キノが老人に話したことは嘘で、
既に老人の国は滅亡してしまっていたのです。
おそらくは、病気が蔓延したせいで。

ショート・ショートくらいの短い話ですけど、
O・ヘンリーの短編のような寓話性に満ちていて、
キノの旅シリーズらしさが出ている話だと思います。

これを新聞連載第1号にした判断は正しかったと思います。


(キノの旅17巻 口絵1 口絵2 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 プロローグ あとがき                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。