西澤保彦「ぬいぐるみ警部の帰還」第2話「サイクル・キッズ・リターンズ」のネタバレ解説

「赤い糸の呻き」に収録されている「お弁当ぐるぐる」は、
時系列としてはこの「サイクル・キッズ・リターン」の後の話になります。

1話にも登場した女子校、聖ベアトリクス学園の生徒が殺されました。
被害者の名前は橋都麻穂、高校2年生です。

文化祭の催しの準備のために学校に居残っていたのですが、
自宅に忘れ物を取りに、午前3時に自転車で帰宅途中、
何者かに金属バットで殴られて殺されたようでした。

麻穂は自分の生徒手帳は持っていないのに、
なぜか全然関係のない錫村恭平という男子生徒の手帳を持っていました。
恭平は、かつては野球部のエースだったのですが、
去年の9月に、中学3年生のときに自転車で走行中に、
コンクリートブロックで殴られて殺されてしまっていました。

恭平は中学生にして180センチ超えの恵まれた体格の持ち主だったため、
疑問点は残るものの通り魔の犯行ということで処理されていました。

連続犯による犯行の線も視野に入れ、
則竹佐智枝は聖ベアトリクス学園で聞き込みをします。
すると、麻穂と同じクラスの皆藤美月は、
麻穂と恭平が知り合う機会なんか、ありっこないと断言しました。

また、川原という女性教諭から、ここ数ヶ月、学園の近くの喫茶店で、
50歳から60歳くらいの野球帽を被った男が、
聖ベアトリクス学園の自転車を利用する生徒を見張っていたようだ、
との証言を得ることができました。

その後、佐智枝は「おねえさま」と美月に言い寄られます。
それを上手くかわしつつ、佐智枝は美月から情報を引き出します。
今年の4月に、麻穂は、
自転車走行を禁止されている商店街のアーケードで自転車に乗っていた際、
50歳から60歳くらいの野球帽を被った男性とぶちかりそうになりました。
麻穂は逆ギレをし、男性に食ってかかったのですが、
男性は無言で立ち去ったのだそうです。

そのアーケードへ行き、ゲームセンターでクレーンゲームのぬいぐるみを眺めていた
音無警部と出会った佐智枝は、その横顔に惹かれていきます。

佐智枝が聞き込みの成果を報告する際、
テディベア愛好会の美月に渡されたチラシを見つけた音無警部は、
それに異様な執着を見せます。
「明後日までに絶対、犯人を逮捕して文化祭に来てください」
と美月から言われたことを伝えると、音無警部は急にやる気をみなぎらせました。

音無警部は今日中に犯人を捕まえると宣言し、その通りになりました。

逮捕されたのは、蓑原(みのはら)龍大(りゅうだい)という64歳の男でした。
蓑原は犯行の動機について、次のように説明しました。

去年の9月の早朝に蓑原は、「恭平の運転する自転車に轢かれました。

最初はおろおろとしていた恭平でしたが、いきなり血相を変えると、
コンクリートブロックで蓑原を殴って殺そうとしました。
蓑原が抵抗して揉み合ううちに、ブロックが恭平の頭に当たり、
恭平は死んでしまったのでした。

そして今年の4月になり、アーケードで麻穂に逆ギレされた蓑原は、
去年の9月の事件の真相に思い至りました。

もしも蓑原が重傷を負っていた場合、治療費や賠償金など、
莫大な負担が恭平と恭平の家族に降りかかってくることになります。
要するに、当時父親を亡くしたばかりで金銭的に困窮していた恭平は、
轢き逃げをしようとしたのですが、野球ファンだった蓑原はそこで、
自分が恭平の素性を知っていることを口走ってしまいます。

そして、恭平は口封じのために蓑原を殺そうとしたのでした。

その記憶を取り戻した恭平は、怒りを麻穂にぶつけ、殺してしまったのでした。


というあらすじなんですけど、「よく見るとタイトルの『サイクル・キッズ・リターンズ』が
完全にネタバレになってますねwwww


また、これは実際にありそうな話で嫌になりますね。

中国では何年か前に、2歳の女児が車に2回も轢かれるという事件が起こりました。
しかも、その女児は18人以上もの通行人や車に無視され、
19人目に女児を目撃したおばさんによって、ようやく救出されたのです。

なぜ2回も轢いたのかという問いに対し、犯人は、
轢き殺した場合は1500ドル払えば済む話だが、
生きていたら最低でもその10倍の金額を支払わなければならないから、
と答えたのだそうです。

これは中国だけの話ではなく、日本でも、被害者に障害が残った場合、
死亡した場合の数十倍の賠償金を支払わなければならなくなることがあります。

だからと言って、もちろん発覚すれば殺人罪に問われますし、
無意味で高額だと悪名高い車検のおかげで、日本の轢き逃げ事件の検挙率は高いので、
誰かを轢いてしまった場合はすぐに救急と警察に通報した方が賢明だと思いますけどね。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。