赤川次郎「三毛猫ホームズの闇将軍」のネタバレ解説

三毛猫ホームズの闇将軍 (カッパ・ノベルス)


清原宏一という男が体調を崩しているところを、
看護師の淡谷信忍(しのぶ)に介抱されてビジネスホテルに入り、
そのまま一緒に「寝て」しまう、という場面から物語は始まります。

清原宏一と淡谷信忍はバスルームを使わなかったので、
そこに堺紀美江という若い女の死体があることに気付きませんでした。

そして紀美江が死んだ事件の捜査を片山義太郎が行うことになり、
友人の紀美江と待ち合わせていた晴美が駆けつけます。

その後、紀美江の死体が見つかったビジネスホテルの近くで休んでいた晴美は、
同級生の双葉幸子に話しかけられました。
イメチェンをして明るい雰囲気になった幸子でしたが、
性格の方もかなり図々しくなっており、晴美のコネを利用して現場へ行き、
紀美江の死体まで確認していきました。

場面が変わり、30歳代後半の沖野のぞみは、深夜に帰宅した際、
アパートの前にゴミが出してあるのに気付きました。
同じアパートに住む口やかましい50代の女教師、
針山紘子がそのゴミのことでのぞみに文句を言うだろうと思い、
のぞみは仕方なくゴミを持ち帰ります。

するとそのゴミ袋には1億円もの札束が入っていました。

翌朝、のぞみは不倫相手でもある上司の辻に、午後から出勤すると伝えます。

どうでもいいですが、「辻」と「のぞみ」と「不倫」というキーワードが
立て続けに出てくるのは、偶然とはいえ凄いですw

のぞみは試しに近所のスーパーで1億円のうち1枚を使ってみますが、
鈴木というレジの女の子は普通にお金を受け取りました。

のぞみがアパートへ戻ると、針山紘子が管理費の横領で逮捕されるところでした。
のぞみは針山紘子が飼っていた室内犬のマリナを引き取ることにしました。

出勤したのぞみは1億円の影響で気が大きくなり、辻に反抗的な態度をとります。

のぞみと別れた辻が悪態をついていると、
そこへ辻のところへ出入りしている営業マンの清原がやってきました。
この営業マンが冒頭に登場した清原宏一ですね。

清原は辻に、のぞみが〈R〉という怪しいバーに出入りしていると吹き込みます。

一方、片山と晴美も、紀美江の手帳に〈R〉の名前があったことから、
〈R〉へやってきました。
そこで、のぞみと辻が鉢合わせし、トラブルになり辻が店から追い出されます。

その後、店の中が一時的に真っ暗になり、
明かりが点くと辻がナイフで背中を刺されて殺されていました。

のぞみは紀美江の友人で、
紀美江のメールアドレスで呼び出されて〈R〉にやってきたのでした。

家に帰ったのぞみは、飼い犬のマリナに慰められ、思い切って会社を辞めて、
1億円でお店を出す決意をしました。

それから1年後。
のぞみの出した完全予約制の手作りクッキーのお店〈ホープ〉は大人気となり、
支店をいくつも出すようになりました。

のぞみが部下の代々木杏と話しているところへ、晴美がやってきます。
後日、片山も晴美と一緒に〈ホープ〉へ行き、のぞみに事件の経過を報告していると、
その近くで針山紘子が行き倒れていました。
のぞみは針山紘子のことを気の毒に思い、後日、
自分の家で家政婦として雇うことにします。

そんなときに、「1億円を忘れるな」という脅迫電話がかかってきます。
電話の相手は、のぞみがクッキーを提供しているパーティーに出席したときに、
S電化工業の社長、水上壮一のポケットに謎の手紙を入れろと命令します。

そのパーティーには、
本郷真美という16歳の少女が誘拐されたのを解決したお礼ということで、
真美の母親の本郷光代に招かれ、片山、晴美、石津、ホームズの「4人」も
出席していました。

やがて、人気のある政治家で、都知事候補の成川茂文がやってきました。
のぞみは水上壮一が成川茂文に気を取られている隙にポケットに手紙を入れます。

その手紙を読んだ水上壮一は、突然拳銃を取り出し、
壇上でスピーチをしていた成川茂文を射殺してしまいました。
水上壮一はその後、自分のこめかみに拳銃を当てて自殺しようとしますが、
それはホームズが阻止しました。

成川の妻の文乃(あやの)は、亡き夫の遺志を継いで都知事に立候補すると宣言しました。

そんな文乃のところへ、闇将軍と名乗る人物あるいは団体から脅迫状が届き、
片山は相談を受けました。

一方、銀行へ来ていた晴美はそこで銀行強盗に遭遇します。
どうでもいいですが、晴美のような若い女の子が、
今どき生活費を下ろすのにATMを使わずいちいち窓口に並ぶことはないと思うのですが……
まあいいです。

双葉幸子が人質に取られますが、晴美が刑事の妹だと喚くと強盗たちは逃げていきました。
が、実は幸子は強盗の仲間で、晴美がいることを知って強盗を逃がしていたのでした。

数日後。
のぞみは清原宏一と、その妻、信忍と会った後、代々木杏からメモを渡されます。
文乃の秘書の高浜令子からの電話で、折り返し電話が欲しいというメモでした。
しかし、のぞみが電話をしても高浜令子は放心状態で通話を切ってしまいました。

それとは別に、のぞみは文乃に頼まれ、クッキー50箱の注文を受けました。

一方、本郷真美は水上壮一の入院している病院を訪れ、
そこで出会ったフリーライターの森やよいと出会います。
森やよいに唆される形で真美はお腹が痛くなった演技をし、
病室の前で見張りをしていた刑事を追い払いました。

その隙に、森やよいは水上壮一にインタビューをしようとしますが、
謎の女に拳銃で撃たれて殺されてしまいました。

片山は文乃から、夫の水上壮一が生きているかもしれないという疑惑について相談します。
が、そのレストランの個室には盗聴器が仕掛けられていました。
文乃が予約を入れたソムリエの所在について支配人に尋ねると、
支配人は、そのソムリエ――太田始は母親が危篤だと言って今日退職したと告げました。

その後、文乃は、実は水上壮一には双子の弟がいることを片山に告げました。

その夜、晴美は双葉幸子に呼び出されて公園へ行き、
そこで幸子の手下に誘拐されそうになりましたが、
晴美が事前に片山や石津に相談していたおかげで免れました。

っていうか、晴美の兄が刑事だと知っていながらそんな古典的な方法で誘拐できると
思う方がどうかしていると、しまうましたは思うのですが……。

失敗を悟った幸子は、自分の胸に銃を当て自殺してしまいました。

数日後、〈ホープ〉へクッキーを買いに行った晴美は、
そこで例の銀行強盗と思しき男と再会します。
男は松山と名乗っていました。

その後、片山は代々木杏とお見合いをすることになりました。
もちろん、児島光枝のセッティングしたお見合いです。

そのレストランのソムリエへ、例の失踪した太田からの電話がかかってきます。

太田が呼び出した場所で片山たちが張り込みをしていると、
片山達の目の前で松山という男が車に撥ねられて亡くなりました。

数日後、針山紘子は〈ホープ〉の残り物のクッキーをマリナにあげます。
……人間の食べ物は塩分や糖分が高すぎるので、
犬や猫にあげちゃいけないんですけどね。
それとは関係なく、マリナが急に苦しそうになり暴れました。

動物病院へ連れて行くと、
クッキーに何か妙な成分が入っていたのかもしれないと言われました。

〈ホープ〉へ、松山が予約した分のクッキーを取りに来た女性がいましたが、
のぞみはその女性に見覚えがあるのに名前を思い出せませんでした。

その女性を尾行していた片山達は、
トイレで清掃員の制服に着替えたその女が拳銃を所持しているのを見て逮捕します。
改めてその女性を見たのぞみは、
その女性が「昔住んでいたアパートの近くのスーパーの店員、
鈴木
」であることを思い出しました。

その頃、針山紘子は、のぞみの家に届いた荷物を開けてしまい、
中から出てきた煙を吸って気絶してしまいました。

片山、晴美、石津、ホームズたちがレストランで食事をしていると、
検死官の南田がやってきて、森やよいの遺したケータイのカメラに、
高浜令子が映っているのを教えてくれました。

そこへ、殺された政治家、成川茂文の弟、
成川安文が自宅に来たという文乃からの連絡を受け、片山たちは駆けつけました。

安文は監禁されていたと言い、その監禁場所の廃工場へ案内してもらいます。

片山の先輩の根本たちが来るのを待って工場へ踏み込むと、中で爆発が起こりました。

失敗を悟った犯人たちは拳銃自殺しようとします。
片山は安文へ、みんな死んでしまったと伝えました。

その夜、「代々木杏はのぞみに、自分が闇将軍の部下であることを明かしました。
闇将軍はのぞみに一億円を渡してクッキーを作らせ、
そのクッキーに催眠にかかりやすくする薬を混ぜるという計画だったのです。
マリナがおかしくなったのは、その薬のせいでした。

水上壮一にもそのクッキーを食べさせており、
のぞみがポケットに入れた手紙を読んだら成川茂文を射殺し、
その後自殺するようにと暗示がかけられていたのでした。

次に、のぞみからの電話があったら水上壮一を殺すようにと、
高浜令子にも暗示がかけられていたのですが、
森やよいが来たせいで森やよいを殺すことになってしまったのでした。

暗示をかけるのにクッキーを利用していたのは分かりましたが、
既に代々木杏はのぞみと同じ味のクッキーを作れるようになっているので、
松山や鈴木が〈ホープ〉で予約してまでクッキーを購入する必要はなかったと
思うのですが……突っ込んじゃ駄目なんでしょうね、きっと。

その頃、成川安文だと思われていた男は、
やっぱり自分の正体が成川茂文だということを文乃に明かしました。
茂文こそが闇将軍であり、茂文は自分が死んだことにして、
文乃を陰から操ろうとしていたのでした。

のぞみを連れてやってきた代々木杏に、茂文はのぞみを殺せと命じますが、
代々木杏が銃の引き金を引いても弾丸は出ませんでした。

実は片山は既に茂文の正体を見抜いており、弾丸を抜いていたのでした。
実は、あの廃工場にいた人たちも、死んだのは高浜令子だけでした。

他の人たちはホームズに向かって発砲しようとして互いの手足を撃ってしまい、
死ぬどころじゃなくなってしまったのでした。

エピローグでは、辻を殺したのは自分だと、清原宏一が自白しました。
清原は、憧れていたのぞみを解放するために辻を殺したのでした。
紀美江を殺したのは成川茂文または代々木杏で、
本当なら清原に紀美江の死体を発見させ計画から抜けられないようにする
予定だったのでした。

清原が淡谷信忍と出会わなくてもあのビジネスホテルを利用する計画だったらしいですが、
おそらくホテルの近くをうろついていた双葉幸子が清原をホテルに誘い込むことに
なっていたのではないかと思います。

また、銀行強盗は松山と鈴木であり、
太田は松山を殺せと闇将軍に命令されていたのでした。

家へ帰ったのぞみは、薬のせいでおかしくなった針山紘子に銃で狙われました。
ホームズのおかげで弾丸は逸れたのですが、それがマリナに当たってしまいます。
スピード違反をしつつも病院へ連れて行ったところで、物語は終わります。


というあらすじなのですが、今回は死者の数が多いですね。
男性3人、女性4人」でした。
赤川さんのシリーズ物は、巻数が進むにつれ死者の数が減っていく傾向にあるので、
余計に多く感じます。

死者だけではなく事件の数そのものも多く、終盤の解決編は大忙しという印象でした。
エピローグでは、正気に戻った水上壮一の証言とか、
真美のその後のエピソードなどを入れてもよかったと思いますが、
そんな余裕はなかったのでしょうね。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。