東川篤哉「ライオンの棲む町 ~平塚おんな探偵の事件簿1~」第4話「不在証明は鏡の中」のネタバレ解説

柳田良美は、金剛寺綾華という占い師に、
今いる部屋の向こうにある小部屋に置かれている、
未来を映し出す鏡というのを見せてもらいます。
すると、何とその鏡には金剛寺綾華は映っているのに、
良美の姿は映っていなかったのでした。

それ以来、良美は金剛寺の熱心な信者となりました。

それから2ヶ月後。
良美の妹の柳田美紗が生野エルザ探偵事務所を訪れました。
金剛寺に洗脳され、こき使われている姉を救ってほしい、
というのが今回の依頼の内容です。

金剛寺の自宅へ行くと、さっそく下働きをしている良美がいました。
ただし、彼女は柳田良美ではなく御前崎良美と名乗っていましたが。

エルザは女優の卵として金剛寺に占ってもらいます。
『近々、あなたの身の回りに災難が降りかかる可能性がありますから、気をつけるように』
と金剛寺に言われます。
その帰り道に、エルザの愛車であるシトロエンがエンジントラブルで故障してしまいました。

翌朝、宮前刑事がやってきます。
金剛寺のインチキを告発しようとしていたルポライター、山科徹が殺されたのだそうです。
強い動機を持っている金剛寺が疑われましたが、しかし金剛寺はその時間、
生野エルザという女優の卵を占っていたとアリバイを主張します。

金剛寺の熱心な信者である良美が、勝手に山科徹を殺したのではないかと警察に疑われます。
そうなるように、犯人が現場に良美の服のボタンを落としていき、
金剛寺も刑事にそう証言したのです。

慌てて逃げ出した良美は妹の美紗を頼ります。
美紗がエルザと美伽を居酒屋に呼び出し、冒頭の鏡の体験について話しました。

しかし話の途中で良美は警察に連れて行かれてしまいます。

翌日、美伽は「金の使い方をしらない下品な成金女」桐生院詩織に成りすまし、
鏡を使った占いをしてもらいます。

良美のときと同じように、金剛寺の姿は見えるけど自分の姿は見えないとなった後、
金剛寺は野球の投手のように水晶玉を鏡に投げ、鏡を割ってしまいます。
さらに、金剛寺は短刀で鏡を細かく打ち砕くという念の入りようです。

美伽はその鏡の残骸の一部をお守りとして渡されます。

翌朝、エルザと美伽が金剛寺の屋敷の張り込みをし、金剛寺が出したゴミを回収しました。
エルザと美伽は改造スーパーカブに乗り、
追いかけてきた金剛寺との逃走劇を繰り広げますが、
タイミングよくカブが壊れてしまいます。
金剛寺の中型バイクはガードレールと接触し、エルザたちは逃げ出します。

さらに翌朝、美伽と宮前が事務所に呼び出されると、「何ということでしょう!
そこには復元された鏡があるではありませんか。
金剛寺が出したゴミをエルザが一晩で鏡を復元してくれたのです。

しかし、その鏡は台形をしていました。

はい、ここで次の図をご覧ください。

鏡

これは、しまうましたがティッシュの箱を切って作ったものなのですが、
①は長方形、②は右側の方が尖った形に
見えるのではないかと思います(っていうか見えて><)

しかし、実は①は②を右に45度捻ったものなのです。

このように、このように、左辺が右辺よりも短い台形をうまく捻ると、
まるで正面を見ている長方形のように見えるのです。

そして、45度捻った鏡の向こうに映った部屋には、
厚化粧と体型を誤魔化す服で金剛寺に似せた影武者がいて、
金剛寺の台詞に合わせて金剛寺と同じ動きをしていたのでした。
こうすると、鏡を見ている人には自分の姿だけが映っていないように見えるのです。

そして、金剛寺に影武者がいたという前提に立てば、山脇徹殺しのアリバイは崩せます。

こうして見事に事件を解決したエルザと美伽でしたが、
成功報酬は壊れたシトロエンとスーパーカブの修理代に消えてしまったのでした……。


というあらすじなのですが、「鏡を45度捻って違うものを見せるトリックは古典的ですね。

有名なところだと、穴の開いた机の下に45度捻った鏡を直角になるように張り合わせ、
机の下から首だけ出すと、正面から見たときに机の上に生首が置いてあるように見える……
というあれです。
この説明で伝わっているか不安ですがw

しかしそこを利用して、鏡を見る側の人間が消えたように見せかけるというのは
新しいトリックなのではないかと思います。

また、鏡を使ったトリックって、普通は鏡の存在を解答編まで明かさないのが普通なんですけど、
冒頭から堂々と晒しているのも新鮮でした。

ただし……、もしこれを山脇徹殺しのアリバイ崩しとして読んだ人がいたら、
普通にただ単に替え玉を使っただけかよ、馬鹿にするなと怒ったかもしれませんねwww

その対策として、直前の3話でアリバイ崩しの話をやったのかな、
と、しまうましたは推理してみます。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。