加納朋子「モノレールねこ」第8話「バルタン最期の日」のネタバレ解説

この短編集のトリを飾る「バルタン最期の日」の主人公は、
ツッコミ気質で一人称が「俺」の――ザリガニです。

……冗談ではありません。
本当にザリガニが主人公なのです。

フータという男子小学生に釣られてしまったザリガニは、
バルタンと名付けられ、フータの家で飼われることになります。

が、フータもその両親も、みんな少し抜けているところがあり、
何だか生きるのが苦しそうでした。
フータは学校でいじめられ、母親は意志薄弱で、父親はバルタンに
「……バルターン、オレ、会社辞めたいよ……」
などと愚痴をこぼす始末です。

しかし、バルタンが脱皮したのを見た母親は、
「決めた。私も脱皮する」
と宣言しました。

母親は、フータと父親を励ますために、慣れない笑いをとろうとします。

そんな母親の思いがフータと父親に通じ、
3人は気晴らしに旅行に出かけることになりました。

が、旅行中に泥棒が家の中に入って来ようとします。
バルタンは「水槽を抜け出し、
窓ガラスを割って侵入しようとしていた泥棒の指を挟みました。

泥棒は逃げていきますが、バルタンは泥棒に床に叩きつけられてしまいます。

バルタンは死んでしまいました。

うう、バルタン……。・゚・(ノД`)・゚・。

そして、旅行から帰ってきたフータたちは何が起こったのかを理解し、
フータはバルタンのために泣き、バルタンのお墓を作りました。


というあらすじなのですが、やられました。

まさか、ザリガニが主人公の話で涙ぐんでしまうとは思いませんでした。
この話大好きです。

この話のためだけに、
この「モノレールねこ」の解説を続けていたと言っても過言ではありません。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。