加納朋子「モノレールねこ」第6話「ちょうちょう」のネタバレ解説

主人公は人気ラーメン屋「ラーメン蝶々」を営む叔父を説得し、
「ラーメン蝶々」の2号店の店長になりました。

叔父の右腕的存在の上田、可愛い女子大生の鳥井恵、
叔父の親戚の北岡蘭子という女の子と一緒に、2号店をオープンします。

最初は順風満帆に思われていたのですが、
オープンから数週間後にチンピラを追い払います。

すると、そのチンピラたちがインターネットで誹謗中傷した結果、
客足が遠のいてしまいます。
そのことを蘭子に教えられた主人公と上田はショックを受けます。

上田を励ましに行ったのは、「主人公が密かに思いを寄せていた恵でした。
そのことを主人公に教えたのも蘭子でした。

主人公は上田に店を譲って自分は店長をやめようとするのですが、
開店祝いにもらった胡蝶蘭が枯れるまでは店を続けるようにと、
蘭子にハッパをかけられます。
我慢強く続けたおかげで、徐々にではありますが事態が好転していきました。

が、実は蘭子が育てていたはずの胡蝶蘭は1鉢だけ造花だったのでした。

このオチは、O・ヘンリーの『最後の一葉』のパロディなのでしょうね。
また、タイトルの『ちょうちょう』も、蝶々と胡蝶蘭をかけているのだと思います。

人を見る目のない主人公が、蘭子に尻を敷かれつつ成長していくのが面白いです。


この話はこの本に収録されている他の短編と比較しても極端に短く、
ショートショートといっていい分量なのですが、
ちゃんと起承転結がついているあたり、流石だなあと思いました。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。