赤川次郎「三毛猫ホームズの夢紀行」のネタバレ解説

三毛猫ホームズの夢紀行 (カッパ・ノベルス)


三毛猫ホームズシリーズ第48弾、「三毛猫ホームズの夢紀行」のネタバレ解説です。

ヒロインに「あゆ」という名前をつけた美少女ゲームに没頭している、
24歳ひきこもりの小出弘一の母親、小出雪子が自宅で何者かに殺されました。
弘一と2人暮らしをしている、
平凡な主婦に見えた雪子には3000万円以上もの貯金があり、
雪子は何者なのかというのが今回のメインの謎です。

その美少女ゲームはウィーンが舞台らしいのですが、
ウィーンなのは完全に赤川さんの趣味ですね。

あと、雪子と言えば「三毛猫ホームズの推理」のヒロインの名前でもありますが、
これは単に名前を使い回ししているだけで無関係でしょうね。

雪子が殺されたのを知っても、弘一は警察や救急車を呼ぶことすらできず、
弘一は四年前に別れた元カノの天宮亜由に電話します。
亜由が弘一の代わりに通報し、片山と石津が捜査にやってきました。
弘一の部屋から拳銃が見つかりますが、片山は安易に弘一を犯人扱いしませんでした。

亜由の上司、尾田八郎がミステリー好きだったこともあり、
尾田に後押しされた亜由は弘一の面倒を看に通うようになり、
やがてまた一緒に寝るような仲になります。

小出雪子が殺されたというニュースを警察署で見ていた車上荒らしの村井定は、
雪子のことを知っていると言いました。

以前、亜由の会社が入っている高層ビルの車上荒らしをしているときに、
高級車に乗っていた雪子の車に盗みに入り、
ボディーガードに見つかってボコボコにされていたのでした。

手がかりがあると思った片山と晴美は村井とそのビルへ行き、
そこで受付にいた安西むつみと知り合いました。
その安西むつみが、児島光枝の世話したお見合いの相手でした。

片山とむつみは日曜日にホテルでお見合いをしますが、
片山はむつみの元彼の松原忠士にバットで殴られそうになりました。

その日、村井定が車に轢かれて亡くなりました。
光枝の友人がその車を目撃しており、冴島真弓という女性の車だと証言しました。
しかし、病院の院長をしている、真弓の夫の冴島五郎に話を聞くと、
その車は村井が殺される前に盗まれたのだと言われました。

冴島五郎は例の車を処分させた千葉志帆という若い女性と不倫するようになり、
尾田八郎も会社が入っているビルの喫茶店のウエイトレス、香川涼子と不倫します。
不倫ばっかりですね。

一方、元鞘に戻ったはずの弘一と亜由でしたが、
ゲームのヒロイン「あゆ」が亜由に嫉妬していると弘一が主張し始め、
雲行きが怪しくなります。

やがて、香川涼子の喫茶店が給仕している貸し会議室が怪しい、
ということになり涼子や晴美が調べ始めますが、感づかれて逃げられてしまいました。

しかも逃げる際に、その貸し会議室を使っていた男は、
受付にいた安西むつみの腹を拳銃で撃ってしまいました。

翌日、貸し会議室の社長、八木啓介に話を聞きますが、
八木もその部下の吉沢小百合も何も知らないと主張しました。
それでも一応貸し会議室の中を調べると、ホームズが壁紙に注目していたので、
片山はその写真を撮りました。

その壁紙が実は上下逆さまだったということに気付き、
片山、尾田、涼子、ホームズの「4人」は夜中に貸し会議室に入り、
壁紙の中を調べました。

すると、「中から監視カメラや盗聴器が何台も見つかりました。
八木達はそれをネタにして会議室を借りた企業を脅迫しており、
殺された小出雪子もその出資者だったのです。

……『三毛猫ホームズの茶話会』と似ている気もしますが、気にしないでおきましょう。

しかし、それを知った犯人たちが会議室に放火し、片山達は危うく死にかけました。

八木よりも実は吉沢小百合――本名、大坪明美という女の方が凶悪で、
明美は八木を口封じしようとしますが、片山達の活躍で阻止できました。

明美は、海外に逃亡しようとしていた冴島真弓についていこうとします。
が、冴島五郎と千葉志帆が不倫していることを知ると、
真弓は冴島と志帆を射殺し、明美も殺してしまいました。
真弓は自首し、明美に頼んで、
利益の分配に不満を抱いていた雪子を殺させたのだと供述しました。

一方、亜由は、『あゆ』になりきっていた弘一に監禁され、生き埋めになりそうでしたが、
ホームズが発見してくれたおかげで助かりました。

最後に、片山に好意を抱いていたはずの安西むつみが、
むつみの手術をしていた外科の永井と結婚することになった
という知らせが入ってきたところで、今回の物語は終わります。

他の話に比べると、むつみと永井の結婚だけがおざなりというか唐突ですね。
せめて、2、3ページでいいから2人が仲良くなるきっかけのようなものがあれば
納得できたのですが……。
ページ数が足りなかったのでしょうか。
他の作家なら単行本化するときに加筆修正するでしょうが、
赤川さんは1度書いた文章はよっぽどのことがない限り直しませんからね。


さて、せっかく三毛猫シリーズのネタバレ解説を始めたので、
シリーズ全部の死者の数をカウントしてみようかと思います。
今回の死者の数は「男性2人、女性3人」でした。
そのうち累計の死者数もカウントする予定です。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。