三上延「ビブリア古書堂の事件手帖3 栞子さんと見えない絆」2話「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」のネタバレ解説

坂口しのぶと電車で会った大輔は、
しのぶが子どもの頃に読んだ「タヌキとワニと犬が出てくる絵本みたいな」本を
探して欲しいと頼まれます。
実家に行って捜してはどうかと大輔が提案すると、
しのぶは大輔と栞子さんにもついてきて欲しいと頼みました。

そのことを大輔が栞子さんに報告していると、そこへ坂口昌志がやってきます。
坂口によると、しのぶは両親とうまくいっておらず、
また坂口が元受刑者だということを理由に絶縁のような状態にあるのだそうです。

坂口にも頼まれ、大輔と栞子さんはしのぶの実家を訪れますが、
しのぶの母親である川端ミズエの、娘に対する言動は酷いものでした。
また、目的の本も見つかりません。

しかし栞子さんは、昔しのぶが飼っていた犬の犬小屋がまだ残っていることから、
実はミズエがしのぶのことを全く考えていないわけではないことを見抜きました。

ミズエに追い出されてビブリア古書堂に戻ってきた大輔たちは、
文香が持っていたチェーブラシカという人形アニメのキャラから、
しのぶが探している本はその原作ではないかと気付きました。

一週間後、坂口夫妻はビブリア古書堂を訪れました。
しのぶが探していたのは『チェブラーシカと仲間たち』という本だと判明します。
そこへしのぶの父親もやってきて、昔しのぶがその本の真似をして、
トービクという名前の犬を飼っていたのに、
修学旅行の最中に逃げ出してしまったという話をします。

それはしのぶも知っていたことなのですが、
ミズエがトービクをずっと探し回っていたのは初耳でした。

その本を買おうとしたしのぶに、栞子さんは出産祝いだから代金は結構だと告げます。
大輔や坂口は気付いていなかったのですが、栞子さんはしのぶの言動から気付いていたのです。
そこへミズエもやってきて、前よりは少し柔らかい態度になったところでこの話は終わります。

というあらすじなのですが、うーん……。
しのぶの場合はそれ以前から親と仲が悪かったので問題が複雑になっていますが、
自分の娘の夫が犯罪者で、しかも障碍者になると知ったら、
やっぱり反対する親が多い気がします。
こればっかりは正解というのはないかな、と思いました。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。