伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない⑤」のネタバレ解説

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫)


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5巻のネタバレ解説です。

4巻で桐乃がアメリカにスポーツ留学に行ってしまった後、
日本に取り残されたメンバーたちの話が続きます。

新入生として京介と同じ高校に入学してきた黒猫の本名が、
五更瑠璃(ごこうるり)であると判明します。
が、やっぱりこのブログでは黒猫と呼び続けることにします。

麻奈美を紹介してもらった黒猫は、
麻奈美のことを「ベルフェゴール」と呼ぶのですが、
それは4巻で黒猫が描いた漫画に登場するキャラクターのことです。

部活動の勧誘の前を通り過ぎるとき、黒猫はゲーム研究会の前で足を止めます。
その部長が作ったという難しいシューティングゲームをクリアした黒猫は、
部員の真鍋くんに誘われますが断ります。

黒猫が学校で孤立していることを知った京介は、沙織や黒猫と相談し、
京介と一緒に部活に入ることにしました。

そこで部長の三浦と会うのですが――実は三浦は、
4巻の深夜販売で京介に痛チャリを貸してくれた人物でした。
あのとき、連絡先を交換する描写がなかったので気になっていた読者も多いでしょうが、
やっぱり京介はまだ三浦に痛チャリを返していませんでしたw

想像していたよりも部の設備が整っていたので(という言い訳で)、
黒猫はゲーム研究会に入部することにしました。

黒猫がクラスメートから階段の掃除を押し付けられていることを知った京介と麻奈美は、
黒猫に何も言わずに掃除を手伝いました。
しかし、黒猫は反発し、
「私はあなたの妹の代用品ではないわ。莫迦にしないで頂戴」
と言い捨てました。

まあね……黒猫の立場に考えてみたら、自分がクラスで孤立していることで、
友達からあれこれ世話を焼かれるというのは、辛いですよね……。
むしろ、よくこれまでキレずに我慢していたな、と褒めてあげたいくらいです。

土曜日になり、新入生歓迎会がありました。
そこで、黒猫のクラスメートの女の子、赤城瀬奈が初登場します。
しかし、京介の思惑に反して、2人の仲は険悪でした。

それでも、「赤城」という名前に反応した京介は、
4巻の深夜販売で赤城が購入するために並んでいたゲーム、「ホモゲ部」について尋ねます。
すると、瀬奈は「あれ神ゲーですよね!!」と凄い勢いで食いついてきました。

さらに、得意ジャンルのマスケラのカップリングの話で、黒猫も瀬奈に追い打ちをかけます。
腐女子であることを暴露された瀬奈は発狂しますが、
京介は兄貴の赤城浩平に電話をし、何とか瀬奈を落ち着かせてもらいました。

その帰りに、京介は、妹がいなくなって寂しかったので、
妹のような存在である黒猫に構っていたのだと認めました。
しかし、これからもお節介を焼くと宣言しました。

ここで章が切り替わり、第3章に突入します。
三浦は、新入生の黒猫と瀬奈に、共同でゲームを作り、コンテストに応募しろと命令します。
2人が作っているゲームは全然違うものでしたが、
部員にプレゼンをして投票数の多かった方のゲームを作成するのだそうです。

京介もゲーム制作を手伝うことにしたので、帰りに初心者向けのハウツー本を買おうと、
本屋に行くと、そこで瀬奈と会いました。
瀬奈からお勧めのゲーム制作ハウツー本を選んでもらい、腐女子とか、
兄貴のことなどについて話をしました。

さらにその後、3巻の盗作事件に登場したフェイトさんが再登場します。
フェイトさんは就職活動中なのだそうですが、
ドラゴンボールのフリーザの台詞のパロディだと分かっていても、
「何を隠そう、私の年収は五三万です」
という告白には絶望してしまいます……。
いや、しまうましたも他人のことは言えないんですけどね。

ところで、アニメでは京介が1人で考えたことに改変されていましたが、
フェイトさんの、エントリーするジャンルを意識してみたらどうかという意見を聞き、
「エロゲー作ろうぜ!」
と、部室で爽やかな笑顔で言ったのでした。

確かに、エロゲーなら入選しやすそうですが、高校1年生の女の子にエロゲーを作らせるとか、
京介さんマジパねぇッス……。
部員全員に反対され、京介の案は没になります。

数日後、京介と麻奈美は1人でお弁当を食べている黒猫を目撃した後、
麻奈美は京介に、好みのタイプの女の子を訊ねました。
そこで京介は、見た目はあやせが、性格は麻奈美が好みのタイプだと教えるのですが、
「この何気ないやり取りがあんな惨劇を生み出すことになろうとは、
このときの私たちは予想もしていませんでした……」
というナレーションが入りそうな展開に発展します。

っていうか、眼鏡フェチの人向けのエロ本とか持っていたくせに、
京介の好みの外見は麻奈美じゃないんですね。奥が深いです。

さらに数日後、ダンジョン探索RPGを作りたいという瀬奈と、
中二病ノベルゲームをやりたいという黒猫のプレゼンがありました。
瀬奈は黒猫の案に対して駄目出しをしますが、黒猫は「オ〇〇ー」という単語を駆使しつつ、
桐乃のことを思い出しながら「でもこれがやりたいの」と言います。

プレゼンの段階では瀬奈の方が優勢でしたが、設定資料集などを読んだ後で投票したところ、
黒猫の完勝でした。
その理由は、瀬奈が部員たちをモデルにしたキャラでBLゲームを作ろうとしていたことが
判明したからでした……。

瀬奈は黒猫に負けたという結果を受け入れることができず、部室から逃げ出してしまいます。
結局、黒猫が1人でゲームを作り、
それを京介たちがサポートするという形でゲームを作ることになりました。

京介が自室で黒猫と2人きりになりデバッグをしていたところ、
致命的なバグを見つけてしまいます。
三浦や真鍋に相談しても、今回のコンテストへの参加は見送った方がいいと言われます。

しかし諦めきれなかった黒猫は、瀬奈のところへ行き、
ゲーム制作を手伝ってほしいと頭を下げました。
黒猫の思いがけない行為に動揺した瀬奈は、一緒にゲームを作ることにしました。
この辺の流れは、ベタだけど感動しますね。

その後、無事にバグを取った後、
結局黒猫と瀬奈は、2人のゲームを合体させて応募することになりました。
京介じゃなくても、最初からそうしておけよ! と突っ込みたくなります。

そしてコンテストの結果ですが――全然ダメでした……。
まあ、そうじゃないかなあとは思ったんですけどね。
クソゲーだという意味では話題になったようです。

そして第4章に入り、京介は黒猫からメールで校舎裏に呼び出されるのですが、
その直後に桐乃からもメールが届きました。
コレクションを全部捨てろ、という、4巻までの桐乃なら考えられないような内容でした。

京介はあやせに電話をしますが、そこで初めて着信拒否されていることに気付きましたwww
しかし、麻奈美があやせと電話番号を交換していたので、
麻奈美のケータイで連絡をとることにします。

麻奈美があやせと仲良くなった理由に京介は気付いていないようですが、これはどう考えても、
外見はあやせが、性格は麻奈美が好みのタイプだという京介の台詞が原因ですよね。

あやせに、桐乃の力になってくれと励まされた後、黒猫に会いに校舎裏に行きます。
そして、桐乃に会いにアメリカに行くと言った京介に、
黒猫は「呪い」だと言いつつ京介の頬にキスをしました。

家に帰ると、なぜか父親の大介もいましたが、
おそらく大介の方にも桐乃から何か不審なメールが届いていたのでしょうね。
アメリカに行く準備を済ませていた大介に送り出され、京介は本当に渡米しました。

そして桐乃の住む家を訪れ、エロゲーをやりにきたのだと、
4巻で桐乃からプレゼントされた『妹×妹~しすこんラブすとりぃ~』というエロゲーを見せます。
冷静に考えると、二次元であっても児童ポルノに厳しいアメリカの税関を通過できるわけがない
と思うんですけど……。
まあ、何か裏技を使ったのでしょうね。

エロゲーをやって調子を取り戻した桐乃は、連絡しなかった事情を説明します。
誰か1人に1勝するまでは連絡を取らないという自分縛りのルールを設けていたのですが、
その目標を達成できない……つまり、誰にも1度も勝てず負け続けていたため、
追い詰められた桐乃は、さらに自分の大切なエロゲーを捨てろとメールすることで退路を断とうと
していたのでした。

そんな桐乃に対し、京介は、一緒に帰ろうと言います。
そして、何とか念願の1勝を勝ち取った桐乃は、数日後に京介と帰国し、
空港で黒猫と再会したのでした。


というあらすじなのですが、この5巻はもう、完全に黒猫ルート一色でしたね。
1巻では殆ど出番がなかったのが嘘のようです。
桐乃がいなくても物語が成立してしまうと、何だか桐乃の存在意義すら怪しくなります……。

4巻までは学園生活があまり描写されてこなかったので、
個人的にはとても新鮮な内容でした。
〈俺の妹がこんなに可愛いわけがないシリーズの記事リンク〉
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。