伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない④」のネタバレ解説

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」4巻のネタバレ解説です。

第1章は、桐乃とあやせの友人の来栖加奈子が初めてまともに登場する話です。

2月のある日、京介はあやせに呼び出されて公園へ行きます。
あやせは全く自覚なしに桐乃のオタク趣味を馬鹿にしてしまい、
挽回の意味も込めて、オタク関係のプレゼントをしたいのだが、
何をプレゼントしたらいいのか分からない――と京介はあやせから相談されます。

京介は桐乃の欲しいものを探ろうとしますが、
何しろ仲が悪いので直接聞いても教えてくれません。
そこで、黒猫や沙織に相談し、
メルルのコスプレ大会の優勝賞品をプレゼントすることになりました。

京介は『タナトス・エ○ス』EXモードというコスプレをあやせに勧めるのですが、
あやせは怒り狂います。

そしてあやせは、自分がコスプレ大会に出場するのではなく、加奈子を騙して出場させ、
賞品だけ奪い取るという鬼畜な計画を立てたのでした。

大会当日、京介はマネージャーの振りをして、赤城浩平と名乗ります。
加奈子はあやせにモデルの仕事だと騙されて、メルルのコスプレ衣装を着せられます。
しかも加奈子が気付く前に、加奈子の服を載せたワゴン車を引き離すという用意周到ぶりです。

ところでその衣装、アニメでは無難な感じの魔法少女っぽい衣装に変更されていましたが、
原作だと、加奈子の言葉を借りれば「まるっきりヒモ」です。
挿絵を見た感じだと、スカートはまあ普通なのですが、上半身がヤバいです。
胸にリボンをつけたビキニの水着のような服で、ランドセルを担いでいます。

さて、前回優勝のイギリス人、ブリジットちゃんが『あるちゃん』のコスプレをして登場すると、
会場は一気に盛り上がります。
京介はその観客の中に桐乃を発見しますが、あやせから借りた帽子を被らせて変装させます。

ブリジットちゃんはいきなり99点を出してしまいます。
審査員のごにょごにょな配慮とかを考えると事実上満点なのだそうですが、
「ごにょごにょな配慮」というのは、1人目でいきなり満点を出してしまうと、
盛り上がりに欠けるからという理由なのでしょうね。

いよいよ加奈子の出番が来ますが、加奈子は会場に流れていた曲を聞いただけで、
メルルのOPを完璧に歌い上げながら、自分でアドリブしたダンスまで披露してしまいます。
ちなみに、あの電波ソングなOPは、作者が作詞したものであり、原作通りです。

加奈子は見事に100点を叩き出し、本当に優勝してしまいます。
控室に戻った加奈子は、何とウ〇コ座りで大股を広げ、煙草を吸っていました。
煙草の煙をブリジットちゃんに吹きかけると、
ブリジットちゃんは泣きながら部屋を飛び出してしまいます。

ちなみにこの後、加奈子はブリジットちゃんの通報により、
コスプレ衣装を着たまま警察に補導されてしまったのでした……。

というあらすじなのですが、アニメでは規制が入って、喫煙で補導は、
あやせに忘れられた加奈子が大暴れするというものに差し替えられていました。

あれですよね。
子どもが人を殺すという内容のハリウッド映画とかが普通に放送されているくせに、
何でアニメの中だと喫煙すら許されないんでしょうね。

第2章では、両親が出かけている日に、高坂家に麻奈美がやってきます。

そこで、桐乃は麻奈美を見て、いきなり最悪な態度を取ります。
麻奈美は健気にリビングの掃除をしますが、桐乃は昼ドラの姑のようにケチをつけます。
が、思いのほか整理整頓されており、京介に「さっさと行っちまえ」と言われた桐乃は、
悪役のような捨て台詞を吐いてリビングを出ていきます。

しかし昼食のときには、桐乃は意外と落ち着いており、
麻奈美の作った料理を褒める余裕すらありました。
ところが、それは京介を油断させるための、桐乃の罠だったのです。

京介が麻奈美を連れて自室へ行くと、そこには桐乃に返したはずのパソコンがあり、
妹もののエ○ゲーのHなシーンが表示されていました。
京介は緊急回避ボタンを押して画面を消しますが、
ベッドの上には眼鏡フェチの人向けのエ○本が並べられており、
麻奈美がそれを読んでしまっていました。

これ、麻奈美も眼鏡かけてるわけですけど、麻奈美的にはどんな気分なんでしょうね……。

さらに、緊急回避ボタンを押したにもかかわらず、パソコンにはエ○CGと、
「おにいちゃんはねー、妹にしかよくじょ~しない、変態さんなんだよぉ~~」
という文字列が表示されていました……。

「……これからは、おにいちゃんって読んだ方がいい?」
と麻奈美が止めを刺したところで、2章は終わります。

京介、生きろ。

3章では、桐乃、黒猫、沙織の3人がチャットをしている場面から始まります。
黒猫さんのハンドルネームは「†千葉の堕天聖黒猫†」です。
千葉は「ちば」ではなく「せんよう」と読むのだそうです。痛々しいですねえ。
ちなみに、2章の鬼畜な罠を考えたのは黒猫でした……。

あと、沙織がお嬢様口調な点にも注目です。

さて、チャットが終わると、いつも通り京介の視点に戻ります。
桐乃のケータイ小説出版記念パーティーということで沙織に呼ばれて、
京介は秋葉原のレンタルルームにやってきました。
「高坂京介専属ハーレムご一さまパーティ会場」という看板のかかった部屋に入ると、
メイド服姿の沙織と桐乃が出迎えました。
黒猫はさらに、自作の猫耳としっぽのオプション付きです。

まず黒猫の出し物があり、
京介と桐乃をモデルにしたキャラクターが登場する漫画の発表がありました。
ちなみに、麻奈美も「悪魔ベルフェゴールの転生体」という形で登場しています……。

次に、沙織は、桐乃と黒猫そっくりにメイキングされたキャラクターの登場する
『シスカリα』を使って、2人に対戦させます。
思いっきりハンデをつけられてにもかかわらず、桐乃は黒猫に追い詰められます。
そこで京介が、シスカリの対戦ということは、
負けた方のキャラは服が破けて裸になるということを思い出します。

京介は咄嗟に黒猫を応援してしまいますが、桐乃と黒猫の両方に椅子で殴られて怪我をしました。

怒った京介は帰ると言いますが、沙織と黒猫が慌てて止めました。
そして、桐乃からプレゼントを渡され、「この前はごめんなさい!」と謝られました。
この前というのは、2章の麻奈美の件です。

実はこのパーティーは、桐乃が京介に謝るきっかけを作るためのものだったのです。
さらに桐乃は、今まで京介が桐乃のためにやってきたことについて
「すっごい感謝してる」と正直な気持ちを告げました。

感動した京介は泣き出してしまいます。

……シリーズ累計ページ数にして1100ページを越えたところで
ようやく桐乃が分かりやすい形でデレてくれました。
本当に、ここまで長かったです。

ただし、桐乃が京介にプレゼントしたのは、
『妹×妹~しすこんラブすとーりぃ~』というエ○ゲーでしたが……。

第4章になり、京介にとって高校2年生の3月がやってきました。
京介は桐乃から「最後の人生相談」として、エ○ゲーの深夜販売に並んできて欲しいと言われます。
それのどこが人生相談だよ、と突っ込んだのはしまうましただけではないと思います。

京介は友人の赤城浩平の家に泊まっていることにして秋葉原にやってきますが、
そこには何と、赤城もいました。

しかも、赤城が買おうとしているのは「ホモゲ部」というBLゲームでした。

赤城は腐女子の妹のために「ホモゲ部」を買おうとしているのだと、
誤解が解けるまで、赤城にかなり厳しいセリフを吐きます。

正直に言うと、この辺の描写はどうかと思います。
結果的に、赤城が妹のためにBLゲームを買おうとしていたから、
赤城本人は傷つくことがありませんでしたが、
もしも赤城が本当にゲイだったら、と仮定して読むとどうでしょうか?
京介は、ただ単に、セクシュアル・マイノリティを差別をしている人にしか見えません。
本物の同性愛者が228ページ4行目のセリフとかを言われたら、
とても傷つくのではないかと思います。

お笑い番組とかの「ホモネタ」とかもそうですが、
こういうふうにセクシュアル・マイノリティであることを馬鹿にするような描写は嫌いです。

それはさておき、お目当てのゲームを購入できた京介でしたが、終電を逃してしまいます。
桐乃に電話をしてそのことを告げると、何とかして帰ってきてほしいと言われます。
そこで京介は、先ほどの行列で自分の前に並んでいた男に声をかけ、
エ○ゲーのキャラが描かれた自転車を貸して欲しいと頼みます。

雨の中、京介が膝をついてまで自転車を貸してくれと頼んだため、男は本当に貸してくれました。
男は帰るのを諦め、その場で朝までエ○ゲーをすることにしました。

32キロも先の自宅まで、京介は自転車を漕いで帰ってきました。
うーん、どう考えても、途中で警官に補導されるような気がするんですけどねw
痛チャリに乗っていることはともかく、
未成年が深夜に徘徊しているだけでも補導の対象になってしまいますから。
そういう意味では、京介は運が良かったのでしょう。

シャワーを浴びた後、京介は桐乃に頼まれて、
一緒に買ったばかりのエ○ゲーをプレイすることになりました。
とりあえずエンディングまで見た後、京介は自分の部屋へ戻ろうとしますが、桐乃は止めます。

1巻で見せられたものよりもさらに際どい桐乃のコレクションを、京介は見せられます。
好きな絵師の作品だからと誤解して買ってしまったス〇トロ系のエ○ゲーや、
何が入っているか分かったものではないipodをチラ見した後、
桐乃はアルバムを見せようとします。が、嫌な予感がした京介はそれを拒否しました。

次に、エ○ゲーの箱に入った通信簿を見せられ、
昔は足が遅かった桐乃が努力して速くなったという話をします。
この感じだと、アルバムの中身もエ○いものではなく、
普通に思い出の写真とかが入っているだけだったと思います。

ちなみに、アニメ版12話のGOOD ENDでは、
アルバムの中には航空券が入っていたのですが……、
そんなものアルバムの中に仕舞うか? と思います。
まあ、京介に見つからないように隠していたと解釈することもできますが。


そして、朝になり、京介は父親から、「桐乃がアメリカにスポーツ留学したことを教えられました。
高校に入学するまでということなので、1年にも亘る長期の留学です。
桐乃は京介にも、そして黒猫や沙織やあやせや加奈子にも黙って、1人で渡米してしまったのです。

最後に、3年生になった京介は、通学路の途中で黒猫を発見しました。
京介の高校の女子の制服に身を包んだ黒猫が『おはようございます、先輩』と言ったところで、
4巻は終わりです。

長期シリーズものの小説とか漫画とかアニメとかドラマとかを観ていると、
キャラクターが突然留学に行ってしまうというのは、
(あくまでもフィクションの中では)ありがちな展開です。
でも、通常の場合それは、いつの間にか空気になってしまったキャラや、
動かしにくいキャラに一区切りつけさせ、
登場しなくても不自然ではない状況を作るためにやる展開です。
ドラマの場合だと、出演者にトラブルが発生した場合にもやりますが。

でも、メインヒロインが突然留学してしまうというのは、かなり珍しいのではないかと思います。
事前知識なしに読んだときは衝撃的でした。

〈俺の妹がこんなに可愛いわけがないシリーズの記事リンク〉
1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻 7巻 8巻 9巻 10巻 11巻 12巻                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。