三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち」第3話「ヴィノグラードフ クジミン『論理学入門』(青木文庫)」のネタバレ解説

ビブリア古書堂シリーズ1巻3話のネタバレ解説です。

9月の初め。
坂口昌志というサングラスの男が現れ、
『論理学入門』を売りたいと言い本を置いていきました。
しかしその直後、坂口の妻の「しのぶ」から電話がかかってきて、
本を買い取らないでほしいと言われます。

栞子さんの病室へその本を持っていき調べたところ、
坂口が刑務所に服役していたときに持っていた本だと分かりました。

ネットで検索すると、
坂口が若いときに銀行強盗事件を起こしていたことが明らかになりました。

そこへ、しのぶが病室まで押しかけてきて、本を返してくれと言いますが、
栞子は断り、坂口夫妻について質問しました。
すると、おしゃべりなしのぶはベラベラと色んなことを喋ります。
どうやらしのぶは、坂口の前科を知らないらしく、大輔は対応に困りました。

その後、さらに坂口までやってきました。
栞子は、「坂口の目が悪くなっており、だから本を売るのだろうという推理を話しました。

坂口は認め、失明のおそれがあると言いました。
すると、しのぶは、自分が本を朗読すればいいから、本を売る必要はないと言いました。
坂口は本を返してもらった後、前科について告白しますが、
しのぶはそんなこと分かっていたと優しい嘘をついたのでした。

2人が帰っていった後、栞子は大輔に、
自分が入院するきっかけとなった転落事故は実は事故ではなく、
ある人物に石段から突き落とされたのだと告白しました。


というあらすじなのですが、最後の告白の詳細については4話で明らかになります。

それはともかく、いい話ですよね。
凸凹な感じのカップルなのですが、
坂口夫妻が本当に愛し合っているのが伝わってきて、涙ぐんでしまいました。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。