時雨沢恵一「キノの旅」15巻5話「ジャーナリストの国」のネタバレ解説

時雨沢恵一さんの「キノの旅XⅤ the Beautiful World」第5話、
「ジャーナリストの国」のネタバレ解説です。
第1巻の「大人の国」のネタバレも含みます。

ある国を訪れたキノは、名乗るたびにその国の人から驚かれます。
理由を尋ねると、その国の有名なジャーナリストが、
茶色いコートを着た背の高いキノという男の人は恐ろしい殺人鬼であると、
10年ほど前に報道していたからでした。

入国から3日目に、キノはそのジャーナリストの家を訪ねました。

そして、こう言いました。
あなたが書いた殺人鬼キノの本が本当でないことが分かる、と。
なぜなら、キノは彼と同じ出身であり、
旅人はみなキノを名乗るようにしているから、と。
自分自身もセンセーショナルな嘘をついて構わないから、
謝礼が欲しい――と。

その日の夕方、キノはジャーナリストとの会話を録音したテープと手紙を
その国の報道各社に送り、出国していきました。

というあらすじなのですが、
茶色いコートを着た背の高いキノという男の旅人――つまり、
初代キノの汚名を二代目キノが返上するという話でした。

それにしても、あまり自分自身や他人の名誉というものを
重んじない二代目キノにしては、積極的な行動だったように思えます。

これはしまうましたの勝手な妄想なのですが、
初代キノは二代目キノの初恋の相手だったのではないかと思っているので、
その特別な人が殺人鬼扱いされているのが許せなかったのでしょう。
また、別に初恋の相手でなくとも、
恩人が悪く言われてたら許せないですよね。

また、現実の日本でもこんなふうに一方的な報道で
名誉を捻じ曲げられている人がいて、
それを鵜呑みにしている人が大勢いるのだと思うと、
他人事ではないような気がします。 見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。