湊かなえ「望郷」2話「海の星」のネタバレ解説

2話「海の星」の主人公、浜崎洋平は、
妻と小学校低学年の息子と、東京で3人で暮らしていました。

ある日、真野美咲という同級生から、
上京するから久しぶりに会いたいというハガキが届きました。

洋平の父親は、彼が小学6年生の秋に失踪しました。
それから洋平は父親が生きていることを信じ、母親と2人で、
白綱島で生活していました。

洋平が夕食にするために魚を釣っていたところ、真野という男に話しかけられ、
真野が釣った魚や、真野の娘の作ったクッキーなどをもらうようになりました。
洋平は、真野は母親に好意を寄せているのだな、と思いました。

そして、父親の死から3年後、真野は背広を着て、白いユリの花束を持って現れました。
いよいよプロポーズをするつもりか、と洋平は察します。
しかしその日、真野は、浜崎の父親は死んでいるという禁句を口にしてしまい、
家から追い出されました。

その夕暮れ、浜崎は真野に「海の星」を見せてもらいます。
その光は洋平にとって忘れられないものとなりました。

高校に進学した洋平は、そこで美咲と出会い、
ある程度仲良くなったところで彼女が真野の娘であることに気付きます。
が、ボランティアで浜崎の家に通っていたという言葉が気にいらず、
2人は口論になり、それっきりでした。

そして、現在。
美咲と再会した洋平は思いがけない話を聞かされます。

実は「漁師である真野は、洋平の父親の遺体を引き上げていたのですが、
父親の外見がヤクザっぽかったため、
関わり合いになりたくなくて遺体を海に戻していたのでした。

あの日、真野が背広を着て花束を持って現れたのは、プロポーズのためではなく、
海に『お墓参り』に行くためだったのでした。


というあらすじなのですが、「警察に疑われるのが嫌で、
遺体を引き上げても海に戻してしまう猟師が多い、
という美咲の言葉が、妙にリアリティがありました。
見やすい記事一覧はこちらです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年10月8日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。