石持浅海「煽動者」のネタバレ解説

煽動者


この「煽動者」は、あの「攪乱者」の、まさかの続編です。

ただし、続編と言っても、
メンバーの大部分は新キャラと入れ替えられていますが。

前回は実行部隊の「細胞」の話でしたが、
今回は兵器を作る細胞の話です。

片桐友則には、反政府組織「V」に所属するテロリスト、
「春日」という裏の顔がありました。

新たな呼び出しを受けた春日は、軽井沢にある組織の施設へ行き、
苗穂、長沼、松島、小牧、千歳、美保と会いました。
ちなみに、全員、春日と同じく本名ではありません。
この6人のうち、苗穂、千歳、美保の3人が女性です。

しばらくしてリーダーの三沢がやってきて、
「子供」という切り口から政府を揺さぶる計画を立て、
それに関連した兵器を作るようにという指示を受けます。
兵器の納期は再来週です。

三沢が去って行った後、串本がやってきました。
串本は前作にも登場していますね。

串本を除いた7人は話し合いをし、主に千歳の提案で、
死なない程度の集団食中毒を発生させて小児科をパニックにさせる
という計画を立てました。

串本の提案で、6時から7時まで休憩をとった後、
夕食にすることにします。

春日は寝て過ごしますが、その間、
春日が反政府組織に所属することになったエピソードの回想があります。

夕食の時間になっても、千歳は現れませんでした。
苗穂と美保が千歳の部屋へ行きますが、そこで千歳の遺体を発見し、
全員が千歳の部屋へ行き遺体を確認しました。

何しろ彼らはテロリストなので、警察を呼ぶわけにはいきません。

準リーダー的存在の長沼が三沢に連絡し、
春日の提案で、三沢が到着するまでの間に、
建物内に外部犯が潜んでいないか調べました。

しかし、外部犯は見つかりませんでした。
この建物のセキュリティはしっかりしているので、
犯人は春日以外の、苗穂、長沼、松島、小牧、美保、串本の6人の中に
いることになります。

やってきた三沢は、別の細胞に指示して千歳の遺体を運び出した後、
子供を狙った任務を続けるようにと指示し、施設から退出しました。

その後、串本は自分が細胞のメンバーではなく、
本部の人間であることを明かしました。

その夜、春日は成り行きで美保と一緒にお酒を飲み、
串本が調べていたと思われるパソコンの履歴を見ました。

翌日。
長沼は串本に任務中止を頼みますが、断られます。
春日たちは子供を狙った集団食中毒の材料として
ジャガイモを使うことに決め、午後1時にやってきた三沢に報告しました。
翌週末も集まることを約束し、彼らは解散しました。

「春日」から会社員の片桐に戻った彼は、
同僚の大崎育恵と寝て、関係を持ちました。

そして土曜日になり、春日は軽井沢の施設に戻りました。
やってきたのは、春日、苗穂、松島、小牧、美保、串本の6人だけでした。
三沢から電話があり、長沼は今週も来週も来ないことを知らされます。

そして春日は、長沼ではなく三沢が電話してきたのはおかしいと指摘し、
長沼の身に何かあったのだろうと言いました。
というか、長沼が犯人かもしれないと疑いました。

その後、彼らは食中毒を発生させるために、
ジャガイモの新芽からソラニン液を抽出する作業の準備を始めます。

ソラニン液を入れる容器としてドリンク剤を選び、
春日はドリンク剤を買いにドラッグストアーへ行って帰ってきました。

その後、彼らは何時間もジャガイモの新芽を取るという地道な作業を続けます。
が、さすがに疲れてしまい、雑談をしている際に、
小牧が「猛毒の方がよかったな」と失言してしまいました。

その後、先週と同じように、7時の夕食までの間、休憩をとることにしました。

しばらくしてから、春日の部屋に美保がやってきます。
そこで美保は、彼らのコードネームが全て、
自衛隊の拠点であることを指摘しました。

春日は驚きましたが、しまうましたも驚きました。
そんなの全然気付きませんでした……。

その後、美保は部屋を出て階段を下りる途中、小牧の遺体を発見しました。
少し遅れて、春日も小牧の遺体を見ます。
小牧は胸を包丁で刺されており、明らかに他殺でした。

全員を集め、談話室で議論をすることにしました。
串本の誘導もありながら議論を続け、
長沼は犯人ではなかったという結論に達しました。

さらに、殺される前の会議で千歳が、子どもが死ぬ可能性がある、
なれ鮨の食中毒を視野に入れていたことから、
人を殺さないという組織の理念に反したため殺されたのではないか、
という話になります。

そして、産休をとった千歳が自分の子どもを亡くしたことから
精神的に追い詰められ、他の子どもも殺そうと考えた可能性があると推測しました。

同じく、小牧も『猛毒』と失言したため殺されたのではないかと推理します。

犯人は、千歳の子どもの父親、つまり男性である可能性が浮上します。
該当するのは春日、松島、串本の3人だけですが、
串本は自分は本部の人間だから犯人であることを隠す必要はないと主張します。

さらに、美保が、実は自分はずっと春日と一緒にいたから春日にはアリバイがあると
言ったところ、松島が罠にひっかかりました。

松島は串本を殺そうとしますが、逆に串本に倒され、
ビニール紐で拘束されます。

串本は三沢に事件を報告し、『終わったね』と言いました。

その後、苗穂は串本に、組織の正体を訊ねます。
実は、組織のスポンサーは外国なのではないかという疑問を投げかけますが、
これはありそうな話ですよね。

この記事を書いている今、衆議院選挙が行われています。
立候補者の中にも外国人参政権に賛成している人がいますが、
彼らはもしかしたら外国のスパ(この文は都合により省略されました)



串本は苗穂の話を否定し、実はスポンサーは現日本政府であることを明かします。
えええええええええええええええええっ、という感じですが、事実のようです。
しかし、意外にもメンバーたちはその事実を受け入れました。

……まあ、Vはワクチンの頭文字だとか、色々ともっともらしいことを言っていますが、
現政権が現政権の評価を下げるような組織を支援しているというのは、
冷静に考えると意味不明なんですけどね。
彼らは実際にテロ活動をしていますが、政府はテロが起こった後改善するであろうことを、
テロが起きる前に改善すればいいだけのような気もしますし。

とにかく、それから2年後。
春日=片桐は育恵と結婚することになりました。
相変わらずテロリストとしての活動も続けています。

週末は予定(細胞の招集)がある、と言った片桐に対し、
『今週末は、わたしも予定が入っているんだ』
と育恵が言ったところで話は終わります。

これはおそらく、育恵も『V』に所属していることを暗示しているのでしょうね。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

知識ある作者が冷徹に描く

石持さんって巧みだし、仕掛けもスゴイし、多数の傑作は
あるんですが、なぜか賞にはあんまり縁がないのですね。

ネットでの評価を見ていると、悪くないのに不思議。
その理由を解説したり論評をしたりしてるサイトがあったので、
リンク貼っておきます。
http://www.birthday-energy.co.jp/

煽動者・・・
なんか読み進んでると面白いのですが、読了後に作者に扇動されていた
なんてことないよな・・・と一瞬考えたことを思い出しました。
プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。