星新一「忘れ物」のネタバレ解説

ある夜、個人タクシーの運転手が警察を訪れます。

お客をひとり乗せて10分ほど走らせたのですが、
ふとバックミラーを覗くと誰も乗っていない、
しかも大金の入った封筒を忘れていった、
と運転手は主張します。

怪談じみた話に警察も困りますが、一応忘れ物を預かります。

それから4日後。
運転手は警察に呼び出され、
マジックミラー越しにある人物の顔を見せられます。
その人はレストランの経営者で、
店の事務所でウトウトしているときに、
タクシーに乗って帰宅する夢を見たのだそうです。
車が走り出し、ポケットの金を確認しようと手を入れた瞬間、
その人は目を覚まし、
机の上にあったはずのお金が消えていることに気づいたのだそうです。

警察は何とか合理的な解釈をひねり出し、事務的な処理をし、
その人にお金を渡すことで事件は解決したように見えたのですが……。

10日ほどたった夜、
その運転手はまたしても警察に駆け込んできました。
今度は、乗せた記憶のない男が車に乗っていたのです。
ところが、「その客は頭をバットのようなもので殴られて死んでおり、
運転手はここなら信じてくれるかもしれないと思い、
警察を訪れたのでした。


え? この話のオチってどういう意味なんや?
と思った人も多いでしょう。

この話は色んな解釈ができ、明確な答えというのはありませんが、
しまうましたは次のように解釈しました。

まず、運転手とレストランの経営者はグルだったのです。
乗っていないはずのタクシーの中に忘れ物をしたというのは、
2人のお芝居でした。
何のためにそんなことをやったのかと言うと、
運転手と経営者が憎んでいる人物を殺すためです。

その憎んでいる人物こそが、最後に登場した死体だったのです。

つまり、一度忘れ物という形で超常現象を警察に事務的に処理させ、
次に起こす予定の殺人事件も事務的に処理させようとしたというのが、
この事件の真相だったのです。

そう考える根拠は、
この話が運転手の視点では語られていないということです。
神の視点、あるいは警察官の視点ですべての話は進みます。
乗せていたはずの客が消えたとか、
いつの間にか死体が乗っていたというのは、
すべて運転手がセリフの中でそう主張しているだけであって、
本当にあったことだとは限らないのです。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。