時雨沢恵一「キノの旅」16巻 フォトの日々「残されたもの」のネタバレ解説

雪景色を撮りに行くために、フォトはトラックを購入し、
ソウを載せて北へ出発します。

そしてフォトは、ポプラ通りから車で丸1日以上も走った先にある、
峠にある雪の村へやってきました。
村へ行くと、大歓迎され、
フィルムが尽きるまで写真を撮り続けました。

これから村は閉ざされるので、春になったら写真を持って行こうと、
フォトとソウは盛り上がっていたのですが、
冬が終わる少し前に、あの村が大雪崩に襲われ、
村人の2割が命を落としてしまいました。

ソウの指示でちゃんと依頼されていた分の仕事を終えてから、
フォトは村へ行きました。
村の男に反発されながらも、記録を残すために、
雪崩で破壊された村を撮ります。

ひととおりの写真を撮った後、ソウの指示でフォトは中央に戻り、
それらの写真を報道機関に持ち込みました。
その結果、村の惨状を知った人達からの義援金が届いたり、
兵士の復興作業が始まったのでした。


シビアだけど、いい話ですね。

災害の映像を記録し、世間と後世に伝えるのは大切なことです。

しかしその一方で、1991年6月3日に雲仙岳で発生した、
大規模な火砕流災害では、マスコミのせいで多数の死者が出ました。
取材合戦が白熱していた当時、報道関係者が避難区域の中に勝手に入り込み、
民家から盗電しながら居座り続けていたせいで、
警戒していた地元の消防団員や警察官が火砕流に巻き込まれ殉職しました。

このように、行き過ぎた報道活動は、民間人や警察官を巻き込み、
多数の被害を出すことがあります。

2011年にも、ニュージーランドで発生したカンタベリー地震では、
日本人記者2人が立ち入り禁止となっていた現地の病院に侵入して逮捕されたり、
5人の日本人テレビリポーターが非常線を破って一時拘束されたりしているので、
現在もマスコミの姿勢は当時と変わっていないように思います。

フォトとソウは、日本のマスゴミのようにはならず、
いつまでも初心を忘れずにいてほしいです。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。