時雨沢恵一「キノの旅」15巻3話「過去のある国」のネタバレ解説

時雨沢恵一さんの「キノの旅XⅤ the Beautiful World」の第3話、
「過去のある国」のネタバレ解説です。

「とてもとても美しい廃墟があった」
という師匠からの情報をもとに、
キノとエルメスはその廃墟を訪ねます。

ところが、実際に行ってみるとそこは廃墟ではなく、
大勢の人たちが暮らしていました。
住人達に話を聞くと、
八百年ほど前から彼らはこの場所に住んでおり、
途中で国を離れたことは一度もなかったそうです。

そして出国間際に長老がキノのところを訪れ、
真相を聞くことができました。
実は「数十年前に犯罪者の一団が、無人となっていたこの国に辿り着き、
この国に住み着いてしまったのだそうです。
やがて子どもが生まれると、彼らは輝かしい過去の歴史が欲しくなり、
八百年間の歴史をでっち上げてしまったのでした。

要するに、これは偽史の話ですね。

偽史とは、書き手によって意図的に偽造された歴史のことです。
ちょうど最近書いた『星新一「レラン王」のネタバレ解説』で
解説したアトランティス大陸の伝説なども、偽史のひとつです。

アトランティス大陸はすべての人類とその文明の起源であり、
アトランティス大陸を支配していたのは白人であり、
他人種は白人によって支配されていた――というのが、
アトランティス大陸の伝説の一面でもあります。
これは人種差別的なプロパガンダのために、
欧米人が意図的に作り出した歴史であると考えれば、偽史なのです。

日本では、『古事記』や『日本書紀』に登場する神武天皇などに関する記述が
偽史であると言われています。
神武天皇は127歳のときに亡くなったと書かれているのですが、
平均寿命が30歳とか40歳という時代に、
さすがにこれは信じられませんよね……。

要するにこれは天皇制の正当性を主張するために作られた偽史なのですが、
ここで凄いのは「神話の時代の出来事と、
21世紀に存在する国家が地続きで繋がっている」ということなのです。
世界史を見てみると、こんなに長く続いている国というのは非常に珍しいですからね。

犯罪者の子孫の国ということで真っ先に思いつくのはオーストラリアですが、
「数百年にも及ぶ輝かしい過去を捏造した」という部分で連想するのは、
日本のお隣の某国でしょう。
ここで説明すると長くなりすぎるので省略しますが、
興味がある人は「韓国起源説」で検索してみてください。

『一度失われた過去は、二度と戻らないのです。
嘘を教えた過去は消えず、本当の過去は二度と現れません。
私たちは、子供達にに取り返しのつかないことをしたのです』
と、長老が後悔しているシーンが印象に残る話でした。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。