星新一「分工場」のネタバレ解説

実業家のエム氏は、だいぶ前に手に入れたものの
ずっとほったらかしにしていた郊外の工場へ行きました。

そしてそこで、本物の鬼と出会います。
鬼たちはエム氏の所有する工場を、
地獄の分工場にしていたのでした。

エム氏は所有者の権限として工場の中を見学します。
最初に見たのは、延々と判子を押して回っている亡者たちでした。
彼らは生前に役人だった連中であり、
あっちの課へ行け、そっちの課で判子をもらってこい、
と民間人をたらい回しにした数だけ罰を受けているのでした。

他にも、レストランのウエイトレスだった女性が、
客の水をくれというサインを無視した分だけ、
咽喉が渇いても水を与えられないという罰を受けていました。
水道関係者はもっと長時間水を与えられません。

また、珍走団は爆音を撒き散らしてた録音を聞かされ、
道路工事の責任者は台の上で揺らされ、
禁煙の場所で煙草を吸っていた亡者は煙責めにされ、
煙草のポイ捨てをした亡者は煙草の吸殻を拾わされ、
生前いばっていた数だけぺこぺこと頭を下げさせられ――
というふうに、生前の行ないに対して
同じ数だけの罰が与えられていました。

何だか働いていた人の方が損をしているような気もしますが、
おそらく働いていなかった人は、
その人が生前に使ったのと同じ金額分だけ地獄で働かされるのでしょう。

工場を見学し終えたエム氏は鬼に、
これからもこの工場を地獄の分工場として使っていいと言いました。
そしてエム氏は帰りの車の中で、
『計画は、中止したほうがよさそうだ。
あの場所に、テレビのコマーシャル専用の制作スタジオを建てる
つもりだったのだが。
そんなことをしたら、死んでから成仏するまでに……』

と呟いたところで話は終わります。

最後のエム氏のセリフはどういう意味?

と思った人もいるのではないでしょうか。
テレビのコマーシャル専用の制作スタジオを建てて、
そのCMが繰り返しテレビで放映されてしまうと、
視聴者が見たくないと思っているCMを見させられた回数だけ、
エム氏も死んでからそのCMを見させ続けられることになるから、
スタジオを建てる計画を中止にしたのでした。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年8月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング  楽天ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。