石持浅海「玩具店の英雄 座間味くんの推理」5話「住宅街の迷惑」のネタバレ解説

津久井、大迫、座間味くんの3人は鍋のお店に行きました。
そこで津久井は、さいたま市仏像事件の話をします。

大乗救国会という新興宗教のトップの今岡が、
さいたま市内の高級住宅地に大邸宅を建てたのですが、
その家の壁に大きな仏像を埋め込んだため、
付近の住人たちが抗議をしました。

そんな中、今岡たちは周辺住民の神経を逆撫でするかのように
新築祝いをします。
新築祝いと言っても中庭でパーティーをしただけなのですが、
近くに政治家の生家があったこともあり、
警察は周囲を警備しました。

そこへ段ボール箱を抱えた男が乱入します。
男は箱の中身の爆弾で仏像を爆破すると言い、
団体の幹部1人を人質にとりました。

しかし今岡はビール瓶を投げつけ犯人を昏倒させました。
警備の責任者が箱の中身を確認したところ、
カセットコンロを利用した爆弾が入っていました。
そして責任者が「消火器!」と叫んだところ、
信者の1人がすぐに消火器を持ってきました。
その消火器を爆弾に噴射し、事件は沈静化したのでした。

ちなみに、犯人の男は敵対する宗教団体の人間でした。

という話を聞いた座間味くんは、
責任者の『消火器!』という言葉を聞き、
信者がすぐに消火器を持ってきたのは不自然だと指摘しました。
普通は警察の部下に対する指示だと考え、
信者はすぐには反応できないのではないか、と。

実は、周辺住民の仏像を撤去させようという抗議をなくし、
敵対する宗教団体の弱体化を狙い、
さらにその宗教団体から大量の信者を獲得した、
今岡こそが黒幕であり、犯人は共犯者に過ぎなかったのではないか、
と座間味くんは考えました。

早い話が自作自演だったわけです。

まあ、正直、消火器を素早く持ってきたから自演だろう、
というのは言いがかりに近いですけど、
座間味くんの考えた真相には説得力があります。

実際、自作自演って結構効果的ですからね。
例えば、『街宣右翼』などの右翼団体がそういったことをしています。
皆さんも、町中で軍歌を大ボリュームで流す、
気持ち悪い黒い車を見たことがあるのではないでしょうか。

実はそういった右翼団体の構成員の多くは日本人ではないです
(もちろん、日本人の構成員も少しはいますが)。
嘘だと思ったら『右翼の正体』などのキーワードでググってみてください。
しかし、彼らが事件を起こすと(主に朝日系列のマスコミで)
日本人風の通名で報道し、日本人であるかのように報道されます。

彼らの目的はいったい何なのでしょうか。
それは、愛国者のイメージを悪くすることにあります。

この短編『住宅街の迷惑』では、
犯人は爆弾で仏像を爆発しようとして逮捕されました。
その結果、仏像に反対する=犯人と同レベルの危険人物扱いされる、
と住民たちは考え、抗議をやめました。

右翼団体も同じなのです。
多くのまともな日本人には、
『ああいう騒音を撒き散らす気持ち悪い人達と同一視されたくない』
という意識が働きます。
その結果、自分は愛国者であると公言できなくなってしまうのです。

ネット右翼=無職のニートだとか、危険人物だとかいうレッテルも同じです。
実際にはごく普通の日本人として発言をしているだけなのですが
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。