石持浅海「玩具店の英雄 座間味くんの推理」2話「最強の盾」のネタバレ解説

前話の「傘の花」と同じく、津久井、大迫、座間味くんの3人は、
新宿で待ち合わせをして飲み会を開きました。
今回はおでんのお店へ行き、そこで座間味くんに2人目の子どもができ、
ベビーカーを買おうとしている、という話を聞きます。
その話がきっかけで、津久井はTPMS脅迫事件について思い出し、
話題にしました。

新しく日本支社ができる台湾の精密機械メーカーのTPMSに脅迫状が届き、
営業開始日から5日間、警察がビルの警護をすることになりました。
ナイフを持った若い男が、ベビーカーを押す女性を突き飛ばし、
赤ん坊を奪い取って盾にしてビルの中に入ろうとします。

男の策略は成功しかけましたが、警備していた警察官の1人が、
男に猛然と襲いかかり、男を逮捕しました。
その際、赤ん坊は地面に投げ出されてしまったのですが、
女性は赤ん坊を抱きしめ、無事を確認しました。

警察官は念のために救急車を呼ぶことを提案しましたが、
頭も打っていないからと女性は固辞しました。
そんな事件があっても赤ん坊はすやすやと眠ったままだったそうです。
女性は礼を言いながらその場を立ち去り、
それ以降事件らしい事件は起こりませんでした。

実はナイフを持った若い男に警察官がいち早く気付いたのは、
警察官の兄夫婦に赤ん坊が生まれたばかりだったため女性のことを
気にしていたからだったのでした。

この話を聞いた座間味くんは、
『日本の警察官というのは、家族を顧みないんだな』
という感想を持ちました。
ベビーカーには転落防止のためにベルトがあるので、
ベルトをしていたら赤ん坊が地面に投げ出されることはありません。

また、赤ん坊が頭を打っていないかどうかなんて直接目撃するか、
CTを撮らないと分かりませんし、赤ん坊が眠ったままだったら、
普通は逆に心配します。

不審な点の多い女性は本当に赤ん坊の母親だったのか、
実はテロリストである女性は、誘拐してきて睡眠薬を飲ませた赤ん坊に、
爆弾を取り付けて襲撃しようとしていたのではないか
――という、とんでもない仮説を座間味くんは立てたのでした。


というのが今回の話のあらすじなのですが、
正直、ベビーカーのベルトに関する知識がなかったとしても、
眠り続ける赤ん坊に警察官たちが不審を抱かないというのは、
ちょっとあり得ないのではないかと思います。
いくら警察官が家族を顧みないと言っても、
赤ん坊が目を覚まさなかったら流石におかしいと思うでしょう。

それに、女性が取り調べをされることなくその場から立ち去る、
というのも不自然だと思います。
男が個人的な恨みから女性を狙った可能性もあるので、
普通はその場で、あるいは警察署に移動して女性を取り調べるはずです。

また、若い男がわざわざ警察官が警備をしている前で赤ん坊を誘拐する、
というのも頭が悪すぎると思います。

シリーズ第1作『月の扉』の場合は現地調達でしたが、
あれは飛行機の中という閉鎖空間だったので仕方がありませんが、
今回の場合だったら、赤ん坊を盾として利用しようと考えた場合でも、
どこか別の場所で調達しようと思うのではないでしょうか。

そんなわけで、これはちょっと粗の目立つ話だったかな、と思います。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。