西尾維新「化物語 下 第五話 つばさキャット」のネタバレ解説

なでこスネイク」が終わった日の放課後。
阿良々木くんは、千石撫子に校門の前で待たれていました。
撫子は神原に借りていたブルマーとスクール水着を返そうと
待っていたのですが、神原が宅急動で校門を出て行って
しまっていたため、それは阿良々木くんに渡すことになりました。

その後、羽川さんがやって来ると、撫子は慌てて逃げ出しました。
羽川さんは戦場ヶ原さんの話題になったときに頭痛を感じますが、
阿良々木くんには大丈夫だと言いました。

ところで、その昼休みに阿良々木くんはデートに誘われており、
羽川さんと別れた阿良々木くんは戦場ヶ原さんの家に行きました。

すると、戦場ヶ原さんは車に乗り込みました。
運転をしているのは、戦場ヶ原さんのお父さんです。

父親同伴で初デート!
という拷問のような時間を過ごしつつ、車で山の中に移動します。
さらに戦場ヶ原さんは阿良々木くんと父親を車の中に残したまま、
どこかに行ってしまいます。放置プレイです。
戦場ヶ原さんのお父さんはいい人だったのが救いです。

そして戻ってきた戦場ヶ原さんに連れられてさらに山奥へ移動した
阿良々木くんは、ビニールシートの前で、
目を閉じて横になるように、と戦場ヶ原さんに言われます。
その通りにして、目を開けると、そこには満天の星がありました。
とても感動的なシーンです。

そして――阿良々木くんと戦場ヶ原さんは、キスをしたのでした。
ちなみにテレビ放映版ではこれが最終回となっており、
続きはネットで配信されました。
配信当日は、そりゃもう地獄でしたよ。
何回接続し直しても全く見れませんでしたからね。

さて、その翌日の朝。阿良々木くんは八九寺と出会い、
八九寺が昨日ミスタードーナツの前で忍を見かけた、
という話を聞きました。

その後、阿良々木くんは羽川さんにメールで呼び出され、
学校をサボって浪白公園へ行きました。
そこにいた羽川さんはパジャマ姿で、三つ編みがほどけ、
帽子を被っていました。

羽川さんは頭から猫耳が生え、
猫物語 黒」の事件のことを断片的に思い出している状態でした。

阿良々木くんが羽川さんを学習塾跡へ案内すると、
忍野は羽川さんの頭をはたいて、羽川さんを気絶させました。

はい。漫画とかでよくある、気絶チョップです。
実際、あれで気絶させるのって物凄く難しいと思うのですが、
それは今はどうでもいいですね。
気絶したことで羽川さんはブラック羽川状態となりました。

「猫黒」のときと同じく、
忍に羽川さんのストレスを吸わせることにしようとしますが、
実は忍は家出をしていたのでした。
家出をしていた理由に関しては「傾物語」で語られています。

阿良々木くんは八九寺や神原や撫子たちなどにも頼み忍を捜索しますが、
見つかりません。
ちなみに戦場ヶ原さんは羽川さんに頼まれ学園祭の準備をしていました。
そんな阿良々木くんの前にブラック羽川が現れます。
ブラック羽川としても忍がさっさと見つかってくれた方が有難いので、
捜索の手伝いをすることになりました。

そしてその途中、ブラック羽川は、
実は羽川さんは阿良々木くんのことが好きだったのですが、
阿良々木くんが戦場ヶ原さんと付き合い始めたため
ストレスを感じ始めたのだ、という話をしました。

先に阿良々木くんと親しくなった羽川さんにしてみれば、
信じられないような展開だったでしょうが、
もう恋愛に関してはどうしようもないですよね。
阿良々木くんは恋愛シミュレーションゲームで言えば攻略難易度が
物凄く低いというか、告白すればすぐに付き合えるキャラなのですが、
一度付き合い始めたらその人しか見えなくなるタイプですからね。

その後、ブラック羽川に街灯の下まで誘導された阿良々木くんは、
ブラック羽川に殺されそうになります。
しかし阿良々木くんが忍に助けを求めたところ、
阿良々木くんの影の中に潜んでいた忍が登場し、
羽川さんの首元にがぶりつきました。

阿良々木くんを街灯の下に移動させたのは、
影を作るためだったのでした。

ただし、ブラック羽川から見れば、
もし忍が阿良々木くんの影の中にいなかった場合は、
そのまま本当に阿良々木くんを殺してしまっていたことでしょう。
ブラック羽川的にはストレスの大元を取り除ければそれでいいのですから。

そして翌日、阿良々木くん達は学習塾跡を訪れますが、
そこにはもう忍野はいませんでした。
ちなみにアニメでは忍野が学習塾の屋上から阿良々木くんに手を振る、
というオリジナルのシーンがありましたが、原作では
『忍ちゃん、自分探しの旅に出ちゃった』
と阿良々木くんに伝えた後、そのまま姿を消していました。

また、この話の最後にようやく、阿良々木くんたちのクラスの出し物が
お化け屋敷であったことが明らかになりました。
怪異絡みのこの物語に相応しい出し物だと言えるでしょう。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。