米澤穂信「遠まわりする雛」2話「大罪を犯す」のネタバレ解説

世界史の授業中、奉太郎は隣のクラスから、
数学教諭の尾道が癇癪を起こしている声が響いてくるのを聞きました。
さらに、千反田さんの声まで聞こえてきたため、奉太郎は驚きました。

その日の放課後、古典部に行った折木は、
里志と伊原摩耶花さんが痴話喧嘩している、
というか伊原さんが一方的にまくしたたているところに、
「疲れないか?」
と水を差しました。

その後、「怒る」という話題について彼らは語り合い、
しばらくして千反田さんは、
数学の授業で尾道に怒った理由について気になる、と言いました。

そもそも尾道が怒った理由は、
授業の進度を勘違いしていたせいで、
教えたはずのことを生徒が全く憶えていないと思い込んだからなのですが、
なぜ進度を勘違いしていたのか、という疑問点が生まれました。

それについて奉太郎はいくつか仮説を立てた後、
どのクラスはどこまで授業を進めたかを教科書に書く際、
小文字で書いてしまったため、aとdを見間違えてしまったのだろう、
という推理をしました。

物凄く拍子抜けしますが、コロンブスの卵のようなもので、
確かに気付きにくい真相ではありました。
ただ、えーと、何と言いますか、謎も真相もスケールが物凄く小さいです。
まあ、日常の謎ものの短編小説としては有りなのですが、
よくこんなネタを24分のアニメにしたよなあ、と感心してしまいました。

うーん、まあ、ミステリー部分はおまけで、
この話は千反田さんについて描写するのが目的だったと考えれば、
許せる範囲でしょうか。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。