時雨沢恵一「キノの旅」3巻口絵「愛と平和の国」のネタバレ解説

キノの旅〈3〉the Beautiful World (電撃文庫)


ある国を訪れたシズと陸は、その国には城壁がないことに驚きました。

(これの次の話のタイトルが「城壁のない国」でなかったら、
きっとこれのタイトルが「城壁のない国」になっていたのではないかと思います。)

シズ達は指導者に会い、城壁どころか軍隊すらないという、
信じられないような話を聞きます。
指導者の説明によると、彼らには「愛と平和の歌」があり、
それを歌って戦わずにして勝つのだそうです。

やがて、敵国の軍勢が攻めてきたという連絡が来ます。
さて、いよいよ敵が来ると、コーラス隊や美しい女性たちが、
愛と平和が一番だとか、争いは愚かしいとか、
そういう内容の歌を歌いました。

すると、敵兵たちは武器を足元に置き、楽しそうにはしゃぎだしました。

その翌日、シズたちは例の軍勢に追いつき、司令官に会いました。
そしてシズは、
『あの国に攻め入るつもりなんか、最初からなかったんでしょう』
と尋ねました。
司令官も『あれは兵士たちの慰安です』と認め、
兵士たちには『我々の属国が、我が軍の庇護を感謝する宴を催している』
と教えているのだと告白しました。

そして本当の敵国が『愛と平和の国』を攻撃した際には、
『我々の属国を不当に蹂躙した』として全面的に戦争が始められるわけです。

その後、シズと陸は、いつものように定住できる国を探すために、
放浪生活を続けるのでした。


……というあらすじなのですが、
この『愛と平和の国』の住人たちのことを、馬鹿だなあ、
と思った人はいないでしょうか?

でも、実はこれと同じような状況の国が現実世界にあるんですよね。

そうです。日本は、戦後にアメリカによって作られた憲法九条によって、
軍隊を持つことができません。
まあ、城壁に関しては島国だから無いのが当たり前なのですが。

『九条教』の信者たちが、
『戦後、日本が軍隊を持たなくても他国に攻められないのは、
軍隊を放棄しているおかげだ』
なんて言ってるのを聞いたことはないでしょうか?

もしもその理論が正しいのなら、
まともな軍隊を持っていなかったアフリカ大陸の人たちが、
強力な軍隊を持っていた白人たちの奴隷になることはなかったでしょうね。

日本が他国に攻められていないのは、
もちろん憲法九条のおかげではありません。
自衛隊と日米安全保障条約のおかげです。

ちなみに、戦後、まだ自衛隊も安保条約もなかった頃に
日本も他国に攻められたことがあります。

自衛隊ができたのは1954年7月のことであり、
日米安保条約が結ばれたのは1960年のことなのですが、
1952年1月に日本の領土である竹島(島根県)を韓国が占領し、
さらに日本人44人が死傷し(うち5人が死亡)、
3929人が抑留されてしまいました。
そして今でも韓国は竹島を不法占拠しています。

もちろん、当時既に憲法九条は施行されていました。
当時の韓国軍にしてみれば、
武力を持たない日本は恰好のカモだったことでしょう。
このことからも「他国に責められないのは九条のおかげ」が嘘であり、
むしろ武力を持つことが他国への抑止力になることが分かります。

その後、日本は安保条約を結んでいますが、
これは要するにアメリカの属国になったのと同じです。
だって、在日米軍により日本国民を人質にとられ、
アメリカに逆らうことができなくなったわけですから。

他国が本格的に日本を攻めたときには、
この「愛と平和の国」に登場した軍勢の国のように、
我々の属国を不当に蹂躙した
としてアメリカは戦争を始めるでしょう。

それ自体は、「アメリカとは戦争したくない」と思う他国への
抑止力になるからいいのですが、
「アメリカが日本に攻めてきたときにはどうするのか?」
という視点が、「アメリカに守ってもらっている」
気分の人たちには決定的に欠けているように思えます。

(キノの旅3巻 口絵 1話 2話 3話 4話 5話 6話 プロローグ あとがき                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。