石持浅海「彼女が追ってくる」のネタバレ解説

彼女が追ってくる (碓氷優佳シリーズ)


この「彼女が追ってくる」は、
「扉は閉ざされたまま」「君の望む死に方」に続く、
倒叙ミステリー、碓氷優佳シリーズの第3弾です。
毎回毎回、タイトルの付け方が上手いと思います。

今回の語り部であり犯人でもある貿易商の中条夏子は、
2年前まで勤めていた横浜レアメタルという会社の社長の山縣一二三に誘われ、
10月14日に箱根会というイベントに参加することになりました。

箱根会というのは、経営者たちが一晩箱根に泊まり、
親交を深め合うイベントのことです。
参加者は夏子と、山縣、その妻であり副社長の邦恵、
従業員の堀江比呂美と、その友人の碓氷優佳、
花村貿易の社長の哲子とその息子であり専務の良太、
寺田商会の二代目の寺田善行、
そして夏子のかつての同僚であり現在は貿易商の黒羽姫乃です。

この夏子と姫乃は、シンガポール人実業家のファリード・チャンを巡り、
3年前まで三角関係にありました。
ところがその関係はチャンの交通事故死により打ち切られ、
彼の恋人であった夏子と姫乃は、
彼の遺産を元手にそれぞれ独立し、社長となりました。

そして夏子は、自分よりも姫乃の方がチャンに愛されており、
事故の当日もチャンが自分に内緒で姫乃に会いに来ていたことから
恨みを募らせ、姫乃を殺害することにしました。
ひどい動機だな、と思いますが、
まあ、既に彼が死んでいるという点を除けば、
恋のライバルを殺そうというのは
ミステリーにはよくある動機なので気にしないでおきます。

夏子は少し遅れてやってきた姫乃から、
パーティーの後、2人で飲み直さないかと提案され承諾します。

夏子はコテージに用意されていたアイスピックを凶器に選び、
パーティーが始まる前に用意しておきます。
そしてパーティーが終わると、
姫乃と手を繋いで姫乃のコテージへ向かいました。
「男が同性で腕を組んだらゲイだけれど、女性はわりとよくやる。」
という文がありますが、そうかな……? という感じです。
別にゲイじゃなくても男同士で手を繋ぐことは結構あります。
また、「夏子と姫乃の関係を考えると、
手を繋ぐほど仲がいい(ふりをする)のは不自然です。


が、夏子はそれには気付かずに姫乃のコテージへ行き、
ある程度お酒とつまみを飲み食いしたところで、
チャンの話を持ち出しました。
そして夏子は、まず姫乃の右頬を掌で張り、
アイスピックで右の脇腹を5回突き刺しました。

ところでこの殺害方法なのですが「姫乃の頬を素手で叩いたのは
まずかったんじゃないかな、と思います。
実は指紋というのは、皮膚に付着したものからも
検出されるらしいんですよね。
しかも、被害者は女性ですから化粧をしていますし、
特に指紋が残りやすいでしょう。
だから、警察が姫乃の頬を調べたら夏子の指紋が検出されてしまい、
殺害とまではいかなくても、
夏子と姫乃の間でトラブルがあったことが分かってしまうのです。


夏子は証拠を隠滅し、エアコンの設定温度を上げた後、
自分のコテージに戻ります。
ところが、自分のコテージの前に着いたところで
誰かの足音がしたことに驚き、転んでしまいます。
夏子の転んだ音を聞きつけてやってきたのは寺田でした。

成り行きから、夏子は寺田と一緒に外で飲むことにし、
会話をした後、夏子は自分から寺田の胸に飛び込みました。
そしてそのまま寺田のコテージのベッドで寝てしまい、
目が覚めた時には早朝でした。

朝食の時間になっても姫乃が現れないことから不審に思った
参加者たちが姫乃のコテージへ行き、遺体を発見します。
さらに寺田は、姫乃が良太のカフスボタンを握っているのを発見します。

このカフスボタンのせいで良太が疑われ、
息子を庇った哲子が警察に通報しないでくれと言います。
が、さすがにそれは無理なので、優佳の提案により2時間だけ通報を遅らせ、
その間に事件について皆で考えることになりました。

まず外部犯の可能性が検討され、
姫乃が携帯電話でコテージの番号を教えたのではないか、
という話になり、姫乃通話履歴を確認しましたが、それらしいものはなく、
一同はますます良太に疑いの目を向けます。
個人的には、メールで教えた可能性も高いでしょうから、
PCやフリーメールは無理でもスマフォのメールくらいはこの時点で
確認した方がいいんじゃないか、と思いましたが。

その後も自殺の可能性や、アリバイの有無や、良太のシャツの状態や、
昨夜のコテージの明かりの有無などについて検証と推理が進みます。
夏子は昨夜のアリバイについて、
姫乃のコテージへ行きお土産を受け取った後、
すぐに自分のコテージへ戻り、眠ろうとしたが眠れず、
気分転換に散歩をしようとしたところで寺田と会い
バーベキュー広場で飲んでいた、と説明します。
ちなみに「寺田の証言と組み合わせて考えると、
夏子が寺田と会ったのはパーティーが終わってから約30分後のことです。


その後、のどが渇いたのでお茶でも飲もうということになり、
お茶を取りに行った際に、
夏子は「自分の服のポケットにカフスボタンが入っていることに気付きました。
昨夜、姫乃と手を繋いでいたときに姫乃が入れたのでしょう。


さらに議論が進み、良太は昨夜姫乃に、
後で訪ねるからコテージで待っていて、と言われていたことが判明します。
結局良太は自分の疑いを晴らすことができず、
警察に通報するまでの残りの時間を母親の哲子と話し合うことにしました。

そして自分のコテージに戻った夏子が「自分のポケットに入っていた
カフスボタンをトイレに流そうとしたところで、優佳がやってきました。
昨夜パーティーが終わった後、
夏子がたったの30分でコテージに戻ってから化粧を落とし、
歯を磨き、寝間着に着替え、ベッドに入り、ベッドの中で眠れないと判断し、
起きてまた着替え、そして玄関を出た――という行動には時間的に
かなり無理があるため、夏子が犯人であると優佳はとっくに見抜いていました。

そして、夏子が犯人であると知っていながら、
優佳は知らないふりをしていたのです。
ええーっ、という感じですが、優佳はこういう女なのです。
犯人だと分かっている相手の部屋を1人で訪れるのはどうかと思いますが、
『扉は閉ざされたまま』のときのことを考えると、
きっと自衛の手段は持っていただろうと思います。

そして優佳は、夏子が眠れなかったから外に出たというのは嘘であると言い、
外に出た本当の理由があるのなら教えて欲しいと言いました。
夏子は答えられなかったのですが、
これにはこっちが、おいおい、しっかりしろよ、と言いたくなりました。

『本当の理由』に相応しいものがあるじゃないですか。
夏子は以前から寺田のことが気になっており、
最初から頃合いを見て寺田のコテージを訪れるつもりだった、
姫乃のお酒を飲もうという誘いを断ったのも寺田に会いたかったからだ、
と言えばいいのです。

眠ろうとしたんだけど眠れなくて……というのは、
男の部屋を訪れるときに女性が使う口実としては充分なものでしょう。
当然、男に会うのに化粧を落とすわけにもいきませんし、
まだ皆には寺田と寝たことは言ってませんでしたしね。

もちろん、優佳もその可能性には気付いており、
だからこそ、寺田と比呂美をくっつけようとしている、
なんて話をしたのでしょう。
夏子はそれに対し、成功をお祈りしています、
と言ってしまっていましたが、これもどうにでもなります。
実際にベッドに入ってみたら想像以上に相性が悪かったから、
比呂美に寺田を譲ることにした、とでも言えばいいのです。

それはさておき、姫乃がカフスボタンを握った状態で死んでいたり、
夏子のポケットにカフスボタンを入れたのは、
姫乃の方も夏子を殺そうとしていたからだと優佳は推理しました。
この辺の推理は鮮やかで、探偵役らしいのですが、
わざわざ夏子にカフスボタンを処分する時間を与えるあたりは、
やっぱり石持作品の登場人物だなあ、という感じです。

その後、夏子は帰り道に車に乗った際に、
姫乃が遅刻してきたことが気になり、ブレーキを踏みますが、
ブレーキは効かなかった――というところで話は終わります。

さて、議論の途中で面倒になってさっさと警察に通報しようとしたり、
夏子が犯人であるという推理を他の人には説明しようとしなかったり、
今回の優佳は何と言いますか、やる気がありませんでした。
こんなやる気のない探偵役がいていいのか、という感じですが、
優佳的には、死んだ人間は生き返らないから犯人を指摘しても無意味だし、
もう事件は収束してるし、謎もだいたい分かってるし、
被害者の方だって加害者を殺すつもりだったんだし、別にいいか、
という感じなのでしょう。

ただ、おそらく優佳は、
姫乃が夏子の車に細工をしていた可能性にも気付いており、
あえてそのことを夏子には言わなかったのでしょうから、
何とも言えない後味の悪さが残ります……。

という感じで、色々と難癖をつけてしまいましたが、
面白く、読みごたえがある作品でした。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

十二大戦

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年6月9日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。