時雨沢恵一「キノの旅」2巻7話「本の話」のネタバレ解説

今回は地の文がなく会話だけで構成されている話です。

キノが今回訪れたその国には、
とにかくたくさんの本がありました。
まあ、本と言っても、会話の内容を見る限り、
どうやら小説が大半のようですが。

キノは2日目に、エルメスを近くで見ている人物と出会います。
何となくしまうましたは少年をイメージしましたが、
もしかすると少女かもしれないので「その人物」としておきます。

その人物はいつか自分の本を出したいと考えているのですが、
この国ではそれが実現できないため、
旅に出ようと考えているのでした。

実はこの国には図書館や本屋などが溢れ返っていますが、
出版社や印刷所などはなかったのです。

……まあ、学校で使う教科書とか、
図書カードを作るための書類とかはどうやって印刷してるんだ、
という疑問もありますが、
それはきっと国営の場所で作っているから、
民間の出版社や印刷所はない、という意味なのだろう、
と脳内補完しておきます。

乗り物を運転することができないその人物に、
キノはその人物の夢を諦めさせるようなことを言いますが、
逆にその人物は旅に出る決心をしました。

そして3日目に出国したキノは、その人物と再会しました。
その人物は何と、歩いて旅に出ることにしたのでした。
素晴らしい行動力です。

ただ、個人的には、数年に一度この国を訪れる『本屋』と呼ばれる
専門の商人たちの車に乗せてもらえばよかったんじゃないかな、
という気もするのですが……。
重い本をこの国に卸した後は荷台にスペースが空くでしょうし、
また本を仕入れるために出版社や印刷所のある国に行くでしょうから、
車に乗せてもらえさえすれば夢を実現するチャンスを掴める
と思うのですが……。

まあ、もしも商人たちの車に乗せてもらえなかったときは、
数年を無駄にしてしまいますから、
これでよかったのかもしれませんが。
何事もやってみなければ分かりませんしね。
                 スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。