時雨沢恵一「キノの旅」2巻5話「絵の話」「続・絵の話」のネタバレ解説

ある国を訪れたキノは、
国民たちが戦車の絵を褒め称えていることを知ります。
この国は5年前まで内戦状態にあり、
それを思い出させるということで絶賛され、
とんでもない値段がつけられているのでした。

そして3日目の朝、キノは郊外で1人の青年と出会います。
その青年こそが例の絵を描いた画家なのでした。
キノが「なぜ戦車の絵をお描きに?」
と尋ねると、青年は
『僕は戦車が大好きなんだ!
だから戦車の絵ばっかり描いてるのさ!』
と答えました。
はい。この青年は5年前まで続いていた内戦のことなんか
これっぽっちも考えておらず、ただ戦車が好きなだけなのでした。


というあらすじなのですが、これは絵の世界だけではなく
小説でも同じことが言えるような気がします。
作者が意図したのとは違う形で評価されるということはよくあります。
例えばこのブログなんかも作者が見たら失笑ものなのではないでしょうか。
そして自分勝手な講釈を垂れて作品を褒め称える民衆こそが、
しまうましたなのでしょう。

ところで、この話には続きがあります。
エピローグも終わった後、
226ページから「続・絵の話」というのが収録されています。
これは目次にも載っていないので、読者は意表を突かれることでしょう。

「絵の話」では「この絵描きは二年前に彗星のように登場しました」
とありますが、「続・絵の話」では、
「まあ、二年半くらい前だ、グロテスクな戦場の、
戦車が絡んだ絵が売り出された」
とあるので、「絵の話」から約半年後の話であることが分かります。

その国を訪れたシズと陸は、
広場で「戦車の絵が燃やされているのを目撃します。
国民たちは自分たちは絵描きと画商に騙された被害者であると言い、
戦車の絵を高い値段で買ってしまったことを後悔していたのでした。

まあ、陸も言っているように、自業自得なのですが。

そしてシズと陸は出国の日の朝に、絵描きの青年と出会います。
青年は自分の描いた絵が燃やされていることに打ちひしがれており、
戦車の絵の代わりにたくさんの人間が嘲笑している絵を描いていました。

シズはその絵を絶賛するのですが、
戦車の絵のことがあった青年はシズの言葉を信じませんでした。


というあらすじなのですが、この、持ち上げるだけ持ち上げておいて、
ブームが終わりかけたら一気に手の平を返して叩くというやり方は、
日本の芸能界やマスコミを彷彿とさせます。
正直、しまうましたはこの青年のような目には遭いたくないです。
やっぱり、目立たず騒がずひっそりと生きていくのが一番かな、
と思っています……。                  スポンサードリンク

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

新世界より(上) (講談社文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
Author:しまうました
見やすい記事一覧はこちらです。
スポンサードリンク

結物語 (講談社BOX)

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

このブログについて
見やすい記事一覧はこちらです。
このブログの記事は管理人「しまうました」の独自の解釈によるものなので、制作者の意図したものや一般に考えられているものとは異なる場合があります。
個人の趣味でやっているブログなので、解説してほしい本のリクエストは受け付けていません。
重要なネタバレ箇所は白字にしてあるので、反転してお読みください。
現在、荒らしをした人物のコメントを拒否しており、巻き添え規制される場合があります。詳細はこちらに書いてあります。
承認したコメントに対しても、管理人は基本的には返信しません。また、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
今月の人気ページ
人気ページの集計期間は30日間です。2017年4月10日リセット。
スポンサードリンク
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
スポンサードリンク

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

業物語 (講談社BOX)

キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

                amazon人気本ランキング
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
記事一覧
見やすい記事一覧はこちらです。